商店街をずっと浸かっていたい心地良いオンドに!〜38℃の初披露はヘルシーごはん対決〜

, ,
取材・記事 白井紀行   東武東上線霞ヶ関駅南口から徒歩10分ほどにある角栄商店街。 今から半世紀前の高度経済成長期に開発された商店街。 足を踏み入れると昔懐かしい昭和レトロな景色が広がります。   いまや日本全体の課題となっている少子高齢化の波。 角栄商店街も例外でなくシャッターを閉じた店舗が目立ちます。 けれど、未だ街としての機能を失ったわけではありません。   霞ヶ関北の商店街を心地よい温度に 「空き店舗」を活用し、街を魅力のある場所へと変えていくエリアリノベーション。 川越では平成28年から「まちづくりキャンプ」として取り組んできました。 その成果として第1回から「80%」、第2回から「ちゃぶだい」が事業化。 そして、平成30年に第3回が開催されその舞台として選ばれたのが霞ヶ関北地区。 10月28日に霞ヶ関北公民館で3日間で作り上げた成果を発表。   そのうち1チームが「38℃」というコンセプトで事業の具体化を進めてきました。 「38℃」とはお風呂の温度。立ち上げた合同会社にもオンドとつけました。 熱すぎず冷めすぎず長く浸かっていられる温度(オンド)。 商店街を「ぬるま湯」のような心地良い環境にしたいという思いを込めています。   2019年1月にウェスタ川越で開催された「川越ビジネスプラン」で事業形態を発表。 次の3つの居場所を運営しながら、地域と連携していくことを目指します。 …

ホロフワリととろけるビーフ100%ハンバーク〜川越火鍋 金龍〜

取材・記事 白井紀行   川越駅西口、ウェスタ川越のすぐ近く。 パタパタとはためく「ランチやってます」の幟が目に止まる。   ランチメニューは種類が多くて黒いA看板に書き切れずさらにぶら下がり。 サラダ、ドリンク、デザートつきますという文字もそそられます♪   川越火鍋「金龍」は階段上がって2Fにあります。   踊り場にも看板が立てかけてあって火鍋や今月のお勧めを紹介。   黄金に彩られた「金龍」の文字。 店内も木がふんだんに使われ、間接照明と相まって落ち着いた雰囲気です。   金龍ランチの主力メニューはハンバーグ。 金龍ハンバーグに加えてチーズ、厚切りベーコン、目玉焼きのトッピング。 さらに、全部のせと5種類があります。 他にサラダランチ、オープンサンド、本日のランチと豊富なのが嬉しい。 人気ナンバーワンという「チーズ金龍ハンバーグ」を頼んでみました。   ジュージューと音を立てて運ばれて来たハンバーグ。 まん丸ボールをとろーりと溶けたチーズが包み込みます。   「中はレアなので鉄板に押し付けてお召し上がり下さい」 とのことなので、箸で二つに割って自分で好みに仕上げます。   ビーフ100パーセントのハンバーグはホロふわりととろけるような食感。 口の中に肉の旨味が広がり、そこにチーズの酸味が追いかけます。   金龍のランチはドリンク(写真は烏龍茶)とデザート付き。 この日はキャラメルとアイスのケーキでした。   ほろ苦いキャラメルソースと甘くて冷たいアイスに大満足。   ランチの看板メニューはハンバーグでしたが、本領は「火鍋」 厳選された9種類の肉に最高品質の漢方が入った2種類のスープ。 ホームページを読んでいるだけでもこだわりが伝わって来ます。 今度は夜に来て火鍋を堪能したいですね。 INFORMATION 川越火鍋…

甘辛でピリッとこれは癖になる茨城のご当地ラーメン〜源丸〜

取材・記事 白井紀行   東洋大学川越キャンパスを左手に見て小堤へと向かう途中。 右手に見える広い駐車場と黒い平屋建て。   北風が強くすっかり体も冷…

霞ヶ関ビルで気軽な異文化体験〜アソカファーストフード(カバブショップ)〜

東京と川越には同じ地名が幾つかあって記者の最寄駅のある「霞ヶ関」もその一つ。 地下鉄「霞ケ関」から東武東上線「霞ヶ関」へと帰るときは不思議な気がします。 乗り換え案内でルート検索して意外と早く着くな。 そう思って見直せば霞ヶ関(東京)だったというのも住民あるあるです(笑)。 駅前には「霞ヶ関ビル」もちゃんとあってブログネタにもされています。   霞ヶ関ビル1Fにあるのが「アソカファーストフード(カバブショップ) いつも気になりつつもこの辺りを通るときはだいたい朝か夕方。 この日はウェスタ川越に13時という予定だったので立ち寄って見ました。   インド・ネパール料理といえばメニューはカレーとナンが定番。 しかし、こちらでは店名にあるケバブやスナック風の料理が並びます。 見かけない料理名もちらほらあって興味をそそります。   看板にもケバブを掲げているのでケバブライスを頼んで見ました。 長めのインディカ米にサラダ、ケバブの乗ったワンプレート。   席は左右に壁に向けたカウンターのみ。 ケバブは店の奥のオーブンで焼かれています。   ややパサパサした食感ですが柔らかくてスパイシー。 ご飯に絡めて食べるとマイルドな辛さでいい感じ。   もうひとつは興味にかられて頼んだ一品「チャトパテ」 「塩味の効いたライスパフとひよこ豆、野菜を合わせたスナック」。   ネパールでおやつ代わりに食べるポピュラーなスナック。 ライスパフのザクザクとした食感の合間合間にひよこ豆やトマトの味。 インスタントラーメンを砕いたものも混ぜ込まれています。 そして、お店の人に言われたように結構辛い。唐辛子の辛さです。   口の中が収集つかなくなったのでドリンクをオーダー。 インドスタイルコーヒーというのを好奇心に唆られてチョイス。 ちょっとインパクトのあるビジュアルです。   飲んで見るとこれはカフェオレですね。 さっぱり味のコーヒーにミルクが入って甘め。今の口の中にはぴったり♪   霞ヶ関は東京国際大学があって国際色豊かな街。 駅周辺にはインド・ネパール、ベトナム、韓国料理のお店が目立ちます。 なかなか、おいそれと出かけられない海外。 異国の味や文化を手軽に感じられるのがこういった飲食店のいいところ。 是非、訪れて見てください。   INFORMATION アソカファーストフード(カバブショップ) 【住所】川越市霞ヶ関東1-3-15-4…

リーズナブルなおつまみも気になる一味違うインド料理店〜居酒屋 ひなた〜

JR・東武東上線川越駅の西口を降りてすぐ。 7と番号が振られた空港行きバス乗り場の前のビル。   こちらの2Fにあるのが「居酒屋 ひなた」。今年、10月にオープンしました。   名前から和食のお店かと思いきや、インド系のアジアン料理がメイン。 カレーが中心ですが、鳥にんにく炒めや野菜炒めの定食もあります。 一品料理が100円からとリーズナブルなのも嬉しいですね。   で、今回選んだのが「インド風豆腐キーマライスセット」 ランチにはスープ、サラダ、ソフトドリンクが付いています。   サラダはインド料理では定番の甘めのニンジンソースがかかっています。   そして、スープ。見た目から味噌汁かなと思いつつ一口。 鳥の出汁がしっかり感じられまろやかな味で、これは気に入りました。   カレーに豆腐という意外な組み合わせの「豆腐キーマライス」   いざ実食!   うん、これはカレー味の麻婆ライスみたいなもんですね。 中辛を頼みましたが辛味が豆腐の甘みでずいぶんと和らげられます。 なので、辛口にしても大丈夫そうです。   食後は適度な酸味のマンゴラッシーでさっぱりと♪ 今回はブログ映え(?)も考えて「豆腐キーマライス」をチョイス。 これは個人的には意外とハマりまして、また、食べたくなります。 インド料理店が出す野菜炒めやおつまみにぴったりな小皿も気になるところ。 また、立ち寄ることになりそうです。 INFORMATION 居酒屋…

昭和の街で食べて飲んで楽しんで東日本大震災の復興支援〜うんめぇ祭〜

, , ,
取材・記事 白井紀行   冬らしい厳しい冷え込みとなった12月9日(日)の蓮馨寺前。 ちんどん屋さんが鐘や太鼓を打ち鳴らし昭和の街らしい賑やかな演出。   この日、昭和だヨ!全員集合『東北の元気が出る…

ホクホク焼きたてサツマイモを買って食べて楽しむ祭典〜小江戸川越お芋festival〜

, ,
取材・記事 白井紀行&kawa   なにかとイベントの多い川越、特に飲食系はいつも人気ですね。 川越名物の食べ物といえば、なんといってもサツマイモ。 料理、焼き芋、パン、お菓子と市内を見渡せば芋、イモ、いも、IMO。   川越の幼稚園で秋の遠足といえば「芋掘り」が定番。   でも、意外と今まで開かれていなかったのがお芋メインのイベント。 今年は、川越いもの代名詞である「紅赤」が発見されて120周年の記念の年。 川越市民が待ち焦がれていた(!?)「お芋フェスティバル」。 満を持して、ついに11月18日にウニクス川越で開催されました。   サツマイモカラーはキャッチーだ! ARUNADA 「川越」「芋」の文字の迫力に立ち止まらずにいられない。   イベントではいつも見事なカービングを披露するARUNADA。 このブログでも良くタイトルバックのごとく利用させていただいています。   この日はサツマイモをモチーフにしたサシェ(匂い袋)も販売。   芋版を使ったエコバック作りも人気でした。 【HP】https://www.arunada.com/   29moko(ふくもこ) ほわほわと湯気までおいしそうな焼きいものチョークアート。   チョークアートの29moko(ふくもこ)。 さまざまなチョークアート作品や缶バッチが並べられていました。   指を使って描くチョークアート体験。大人も子供も夢中で楽しんでいました。 【HP】https://29moko.jimdo.com/   鼠屋ちゅう吉 週末には小江戸蔵里でもよくお見かけする鼠屋ちゅう吉。 川越唐山を使った和小物や伝統工芸を販売しています。   この日の目玉は、サツマイモの絵柄が入ったimoヘアゴム。 台紙にもサツマイモが描かれています。 【HP】http://nezumiya.shop-pro.jp/   東佑樹氏 アーティストの東佑樹さん、にぎわいマルシェでも恒例の巨大アートの製作中。 今回はサツマイモをテーマにしています。 【HP】http://www.azumayuuki.com/   ときも 子ども達がワーっと歓声をあげて駆け寄って行きました。   川越のマスコットキャラクター「ときも」です。 身体は「紅赤」、頭には川越のシンボル「時の鐘」を載せています。 【HP】ときもについて http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kanko_ta/tokimo/kawagoe_tokimo.html   奥さん手作りのサツマイモニット帽で登場はウニクス川越支配人の中尾さん。 一日中元気な声を張り上げて会場を盛り上げていました。 外側は赤紫、中身は黄色、葉っぱは緑。 色んな作品を見るとサツマイモの配色が意外とキャッチーなんですね。 新たな発見です。   やっぱり焼き芋! すくすく農園 こちらは会場中央に陣取っていた「すくすく農園」   お芋掘り体験。土の中から引き出すと沢山のサツマイモにビックリ。   ドラム缶を使った焼き芋。色鮮やかで見るからに美味しそう。   タローマルシェ さいたま市を中心にキッチンカーで焼き芋を販売の「タローマルシェ」   出来上がるとお客さんがワーッと並んで長蛇の列。 にぎわいマルシェでも出店しているので見かけたら要チェック! 【FB】https://www.facebook.com/タローマルシェ   幸芋(さちいも) 幸芋という店名は知らずとも見たことはあるはず、菓子屋横丁の焼き芋さん。 そう聞けばピンとくる「焼き芋おじさん」こと井上さん。   焼き芋と一緒に、いも茶や生のサツマイモを販売していました。 【HP】http://satiimo.net/   Cafe…