3年ぶりのかわごえ産業フェスタ~ご来場ありがとうございました

,
2022年11月26日(土曜)、27日(日曜)の2日間にわたり、3年ぶりとなるかわごえ産業フェスタがウエスタ川越で開催されました。 地元の産業団体が一堂にウエスタ川越に集い、各出展者による展示、飲食・物販、ステージイベント、家族で楽しめる各種ものづくり体験イベントや、令和4年度川越ものづくりブランドKOEDO…

3年ぶりの川越まつりをライブ配信!~街角レポートに密着!

3年ぶりとなる川越まつりが10月15~16日の2日間にわたり、川越市の中心市街地で開催されました。 2016年にユネスコ無形文化遺産で国指定重要無形民俗文化財に登録された祭礼は、新型コロナウイルス感染拡大のため、昨年と一昨年は中止となりました。 今年は市制施行100周年を記念して全29台の山車が引き回され、小江戸の街を盛り上げ、街は久々に熱気に包まれました。 全29台がそろうのは市制施行90周年の2012年以来10年ぶりのことです。   そしてこの記念すべき年に、カワゴエ・マス・メディアが川越市公式チャンネルのライブ配信(①仙波町山車カメラ②街角レポート③連雀町交差点)を担当させていただきました。 今回の記事では②街角レポートに密着したいと思います。   川越まつりとは 1648(慶安元)年、当時の川越藩主の松平信綱が川越氷川神社にみこしなどの祭礼用具を寄進したのが起源です。 約370年の歴史を誇るまつりは、川越氷川神社の例大祭に合わせて行われています。 川越総鎮守氷川神社の「例大祭」と「神幸祭」また絢爛豪華な「山車行事」によって構成される川越最大のお祭りです。 今年度は保存と継承を目的とした川越まつりとして行われました。   氷川神社での「神幸祭」出発から市役所到着までを取材! 初日は午後1時から、氷川神社のみこしが町内を巡行する「神幸祭」が実施されました。 さわやかな秋晴れというより、取材には暑いくらいの気温となり、クルーも汗だくになりながら行列を追いかけておりました。 「神幸祭」では3年ぶりに厳かな行列が蔵造りの街並みなどを練り歩き、各町の山車も付き従いました。 市民の方たちの喜びもひとしおです。お囃子の音に安どする人、大きな山車に感動する人など本当にたくさんの人たちが祭りに感動しておりました。 「神幸祭」は、氷川の神様が神輿(みこし)に乗られて川越城下の町々を巡行することで、人々はその御神徳をいただき、…

街歩きが楽しくなる!~『川越の建物 蔵造り編』が好評発売中!

, ,
9月30日に発行された「川越の建物 蔵造り編」は川越の建物巡りが楽しくなる本の第2弾です。仙波書房代表の神谷利一(かみや・としかず)さんが、制作から発行までをひとりで手がけました。 「蔵造り」の概要や歴史や、建物にまつわる話を通し、今まであまり知られていなかった「蔵造り」の魅力や、川越についての知識が深まるよう配慮して制作したそうです。   なんと、「蔵造り」18箇所をていねいに紹介! 「蔵造り」を紹介する記事はこれまで多くありましたが、建物1箇所ごとを丁寧に紹介する本は少ない状況でした。 そこで、本書では川越市内に存在する「蔵造り」18箇所を個別にやさしく紹介します。   「大沢家住宅」「まちかん本店」「百足屋」など、川越ではおなじみの建物について詳しく知ることが出来る1冊となっています。 読むだけで、今まで知らなかった「蔵造り」のことを知ることが出来るかもしれません。   せっかく川越に来たなら、着物を着て食べ歩きするだけでなく、建物の良さを味わうなど、小江戸川越の街並みを楽しんでもらいたいという著者の思いが詰まった1冊になっています。       「川越の建物 蔵造り編」誕生の背景 著者の神谷利一さんは、1972年9月生まれで川越市出身。出版社勤務を経て、ふるさと「川越」の魅力を発信する手段を模索。 その手段として川越市内の近代建築に注目しました。   建物に関する本の読者は、どうしても中高年男性が中心となるため、若い人たちや女性にも手に取ってもらいたいとの思いから、扉絵にラインアートの文字を施したり、本文中にもアニメーション制作会社による建物イラストを掲載しました。   さて、「蔵造り」は大きな屋根が特徴的ですが、その下は光の関係で大きな影ができたり、立地によって建物が暗く見えることもあります。   建物を見るためには影や、空気、水蒸気などの障害もあるため、写真に加え、イラストも掲載し、より明るく見えやすくなるよう工夫しています。 近代建築編でも建物イラストが好評だったため、蔵造り編にも採用したということです。   また、今回は建物の歴史や概要、関連話を前作以上に盛り込み、読んでいてワクワクする1冊になりました。   仙波書房について 仙波書房の「仙波」は、著者の神谷利一さんが約30年間を過ごした「埼玉県川越市仙波町」の地名に由来しています。 一般的に出版社は従業員10~50人程度のところが多いですが、仙波書房はひとり出版社です。 企画から取材、編集・組版・校正・営業・管理といった出版に関する業務をひとりで行っています。 「出版社」の既成概念にとらわれない営業方法(ラジオ出演、イベントなどへの参加)も模索。 川越に残る伝説によると、昔、仙芳仙人が袈裟を拡げたところ、辺りの海一面に拡がり、そこに土仏を投げ込んだことにより、海が退き、現在の仙波の地になったとのこと… 書籍を通じて、仙芳仙人の袈裟の如く、知識や情報が拡がり、その知識や情報を介して、結果的に人々の役に立つようになればとの思いを込めて、命名したということです。     本はどこで購入できる? 川越市内の以下4書店においては、著者が商品を直接搬入しています。 また店頭で売り切れなどの事態になっていても、早い入荷が可能なので、お店に行くことが可能な方はこちらで購入されることをお勧めします。 ・紀伊國屋書店 川越店 ・T’s…

テーブルコーディネイトも学べる紅茶館へ~川越紅茶館coeur a coeur

, ,
2022年8月、テーブルコーディネイト教室『coeur a coeur(ク-ラクー)』が、講師を務める吉田幸果(ゆきか)さんの自宅サロンから川越紅茶館coeur a coeur店舗にお引越し。『テーブルコーディネイトも学べる紅茶館』になりました。 埼玉川越、紅茶とテーブルコーディネート教室『coeur…

川越を舞台にした映画『リ、ライト』 満員御礼のスカラ座で公開!

,
川越を舞台にした川越市市制100周年記念の映画『リ、ライト』がついに、満を持して9月17日(土)川越スカラ座で先行公開になりました。 『リ、ライト』は、元町1丁目で撮影された『おわりはじまり』で「第3回キテミル川越ショートフィルム大賞」を受賞した一ノ瀬晶監督の初の長編劇場用映画。 年老いた孤独な照明職人と自称クラブシンガーの女性が織りなす心の交流を、クラシックジャズの音色とともに描いたヒューマンドラマです。 洋子を演じているのは本作初主演となる、梅宮万紗子。 藤吾役には演劇界の名優、大森博史を迎え、出会い、集う素晴らしさを、クラシックジャズの音色とともにうたいあげています。   なんと!初回上映&舞台挨拶のチケットは完売! 初回上映、9月17日(土)のチケットは完売。 筆者は、チケットぴあでメインキャスト&監督の舞台挨拶付き上映券の先行抽選発売に申し込み、当選したので行ってきました。 初回上映&舞台挨拶のチケットは完売となり、劇場内はもちろん、この映画を待ちに待った人たちで満員でした。 初日はキャスト&監督の舞台挨拶付き上映日! さて、初日はメインキャスト&監督の舞台挨拶付き上映日です! 上映の後にここでしか聞けないバックストーリーが聞けました♬ 上映/15:00~16:56 舞台挨拶/17:00~17:30 会場/川越スカラ座  埼玉県川越市元町1-1-1 登壇者/梅宮万紗子、大森博史、一ノ瀬晶(監督)   ここでしか聴けない『バックストーリー』~舞台挨拶 水崎洋子役 梅宮…

川越を舞台にした映画『リ、ライト』いよいよ公開~Vol.2

,
  川越を舞台にした映画『リ、ライト』いよいよあと2週間で、川越スカラ座先行公開となります。「リ、ライト」は、 歌い、奏で、そして踊りたくなる「ニューオリンズジャズ」をフューチャーした音楽映画です。 本日、9月3日(土)11時より、公開初日である9月17日(土)のメインキャスト&監督の舞台挨拶付き上映券がチケットぴあで先行抽選発売されます。その情報も載せていますので、ぜひ記事の最後までお見逃しなく! メインキャスト・監督、ストーリーの紹介の記事 川越を舞台にした映画『リ、ライト』いよいよ公開~Vol.1はこちら   『リ、ライト』が生まれたきっかけ この作品は「NHK・サンダンス国際映像作家賞2008」のファイナリストに選ばれた一ノ瀬晶監督による脚本『灯影にて』を映画化するものです。残念ながら当時はグランプリとならず、「いつかはこの映画を撮りたい」と思いながらも、長い雌伏期に入りました。変化があったのはここ4年ほど。監督が川越と出会ってからです。 一ノ瀬晶監督が、敬愛する撮影監督から引退を告げられたことから、「いつかやろう」と考えていた同作品の映画化を今すぐやらなくてはと決意したのがきっかけ。 2019年、川越元町一丁目を舞台にした短編映画『おわりはじまり』を製作し、「第3回キテミル川越ショートフィルム大賞」グランプリを獲得後、川越を訪問する機会が増え、たくさんの人たちで賑わう街の風景や、歴史ある建物の佇まい、人々のおおらかで温かい気質など、ロケーションとしての魅力に惹かれていった監督が、川越でこの映画を撮ろうと決めたのだということです。   「リ、ライト(Re-light)」とは「再び灯りをともす」の意。 灯りの下には人が集います。人と人が出会い、話し、笑い、時には喧嘩もして共に成長していく。そこには私たちの「生きている」喜びがあります。コロナ禍で気軽に集まりにくくなっている今だからこそ、この映画で「集う」すばらしさを伝えたいという制作チームの思いがあふれています。 『集う』大切さを伝えたい。多くの支援集まる コロナ禍の時代、気軽に人と会えない今こそ「集う」大切さを伝えたい。多くの方に映像や音のクオリティを高めるための支援をいただき、2021年5月2日から5月31日までの、クラウドファンディングでの最終支援総額は3,225,500円、支援者は197人でした。 クラウドファンディング(現在は終了しています)のページはこちら   なぜクラウドファンディングなのか 誰もみたことのない演奏シーンをベストな状態に仕上げるため、ポスプロにかかる費用を調達するためにクラウドファンディングに挑戦しました。 映画やドラマの音楽演奏シーンは、事前に別のスタジオで収録した音源に合わせて、演奏のアクションをする「当て振り」で撮影するのが大鉄則です。しかし、この作品ではタブーを破り、実際の演奏を撮影しつつ、同時に音楽収録班がその曲を収録するという、冒険に挑戦しました。劇中に登場するジャズの演奏シーンは、吹き替え、当て振り、一切なし。ですので、主演のふたりはボーカルとピアノを8か月間猛特訓したということです。   音楽シーンを支える出演者の錚々たる顔ぶれ   そんな音楽シーンを支えた、錚々たる出演者たちを簡単にご紹介します。 ストライド奏法の名手で、有名アーティストとのコラボレーションなど、幅広く活躍するピアニストの小林創さんが演奏者兼音楽監督として参画。演奏者としては日本のサッチモこと、クラシックジャズ界の重鎮、トランペッターの外山善雄さんが出演しています。奥様の恵子さんもバンジョーで出演。 さらに、小林さんとのユニット『はじめとおおじ』で知られ、NHKの朝ドラ『カムカムエブリバディ』にも出演していたロールの魔術師こと木村おおじ…

川越を舞台にした映画『リ、ライト』いよいよ公開~Vol.1

,
  川越を舞台にした映画『リ、ライト』がいよいよ9月17日(土)川越スカラ座で公開となります。   『リ、ライト』は、埼玉県川越市を舞台に、年老いた孤独な照明職人と自称クラブシンガーの女性が織りなす心の交流を、クラシックジャズの音色とともに描いたヒューマンドラマ。そして川越が舞台のJAZZ満載の劇場用長編映画でもあります。   映画のストーリー アンティーク照明の修理店を営みひとりで暮らしている野口藤吾の前に、ある日クラブシンガーを名乗る水崎洋子が現れる。彼女は、藤吾の息子・耕輔の子供を身ごもっていると言う。20年前に姿を消した息子から、連絡ひとつ受けたことのない藤吾は素性の分からない洋子を怪しんで、藤吾は洋子を追い返そうとする。しかし、結局、行く当てのない彼女を店に一晩泊める羽目になる。 その出会いはさらなる出会いをうみ、そして、洋子との奇妙な共同生活を通して、他人との交流を避けるように暮らしてきた藤吾の心に少しずつ光が射し込んでくるという物語です。 洋子を「日本独立」の梅宮万紗子さん、藤吾を「魍魎の匣」の大森博史さんが演じています。本作が長編デビュー作となる一ノ瀬晶さんが監督・脚本・編集を手がけました。 舞台は埼玉県川越市連雀町。大正14年にダンスホールとして建てられた建物との出会いが全ての出発点。映画『リ、ライト』では、シャンデリア修理士、藤吾の工房として”影の主役"となっています。旧くて新しい魅力あふれる「小江戸」川越を、一ノ瀬…