新年に向けて気を引き締めたい秋の風物詩「小江戸川越菊まつり」と「川越成田山別院の火渡り祭」

取材・記事 白井紀行   紅葉も色鮮やかさを増し秋深まる11月23日(勤労感謝の日)。 13時より成田山川越別院で「火渡り祭」があるので出かけて来ました。 まだ、ちょっと早いので川越喜多院へ。   小江戸川越菊まつり 11月1日〜23日は、小江戸川越菊まつりが開催されています。   入り口正面では、各賞を取った菊がお出迎え。 いつもはお城などを象った造形が飾ってありますが、今年は無しかな?   入り口右手は古木を思わせる小菊盆栽。   1本の「福助づくり」、3本の「ダルマづくり」が奥に向かって並びます。   通路の真ん中は例年は大きなドーム型の千輪作りが並びますが見当たらず。 今日が最終日だからでしょうか(^^;)   ミッキーマウスを象った造形菊。   こちらは富士山を象ったもの。   五重塔や杉造りは会場を華やかにします。   手前は枝ぶりの良い木に小菊を這わせた着付け。奥に懸垂が並びます。   菊の衣装をまとった写真が撮れる顔出し懸垂。 真ん中は耳もあるので、うさぎでしょうか?   大菊のもっとも基本である「3本仕立て」 秋の陽光を浴びて最終日も人々の目を楽しませていました。   川越成田山別院へ 喜多院から火渡り祭が行われる川越成田山別院へとやって来ました。   大導師および山伏ら一行はご本尊である不動明王へ祈願。   祈願を終えると一行は境内を出て町内を廻ります。   境内には結界が張られ中央には護摩壇が設(しつら)えられています。   結界の入り口で行われる山伏問答。 小江戸川越の山伏であること所願成就の祈願に来たことを告げます。   道場に入場することが許され、山伏らは法螺貝を吹き鳴らし結界の中へ。   山伏らが所定の位置につき、儀式が行われます。   「床堅の儀」は、山に見立てた道場の大地を結界する作法。   大導師が導師席に着座し、護摩の主法が始まります。   「斧の儀」、護摩修行に用いる壇木及び木々を求める作法。 エイ!エイ!という掛け声とともに斧を振り下ろします。   「法剱の儀」、お不動様の持つ剣を借り「臨兵闘者皆陣列在前」と九字を切る。 道場を清め行者や参列者の煩悩を取り払います。   「祭文の儀」、不動明王に行事の趣旨を伝え参列者への所願成就を願う儀式。   「法弓の儀」は、五大明王をお呼びして道場の守護を願う作法。   東の降三世、西の大威徳、南の軍荼利、北の金剛夜叉、天地中央の不動明王。 それぞれの明王を矢を射ることで呼び出します。   閼伽(あか)の儀は、ご本尊を清める閼伽水を壇に垂らす作法。 ご本尊を洗い清め、行者の三業を洗い流し、薪を清めます。   「点火の儀」、ご本尊の智慧の光明を頂き煩悩の見立てた薪に火を放つ作法。   赤々と燃える松明を掲げ、   護摩壇へと点火。   蝉時雨のような音を立ててヒノキの青葉が燃え始めます。   ものすごい煙が立ち込め風下の参列者は堪らず移動。   火はやがて薪へと燃え移り大きな炎が上がり、顔に熱が伝わります。   山伏らが般若心境を唱えるなか、大導師による祈祷が続けられます。。   それに呼応するかのように、まずます燃え盛る炎。   山伏らは所願成就を唱えながら、護摩木を次々と投げ入れていきます。   護摩木はたちまち火に包まれて灰へと姿を変えていく。   あれだけの勢いのあった炎も落ち着いて来ました。 灰を寄せて真ん中に通り道が作られています。   大先達が塩を撒いて通り道を清め、   そのまま火の中を渡っていきます。   続いて、大導師。   その後を山伏らが続きます。   信者らも渡って所願成就を祈ります。 渡りきった信者には大導師が背中に手を当ててお加持を授けます。   晩秋の川越の風物詩「小江戸菊まつり」と「火渡り祭」。 これを見ると、2018年もあと1ヶ月余りか、、と近づく年の瀬を感じます。 新年に向けて気を引き締める意味でも、毎年、訪れたいと思います。 INFORMATION 成田山別院…

時の鐘もびっくり!?和装で踊るフラメンコ〜日本に恋した、フラメンコ(PV撮影の現場に密着)〜

,
取材・記事 白井紀行   11月4日の日曜日の早朝、川越のシンボル「時の鐘」。 そこに集まった艶やかな着物姿の女性の皆さんとフラメンコダンサーの永田健さん。 「日本に恋した、フラメンコ」のPV撮影を行うと連絡を頂き取材に伺いました。 「日本に恋した、フラメンコ」とは? 実は、日本はスペインに次いで世界第2位のフラメンコ人口を誇理ます。 しかし、このことはあまり業界外には知られていません。 加えて、今、業界を支えるのは4〜50代が中心。高齢化の波が押し寄せています。 このままでは、日本のフラメンコ文化が衰退してしまう。 もっと身近に見てもらうには? そう考えた永田さんは、3年前に「HEART…

100円玉で引き出せ商店街のポテンシャル!〜かすみがせき100円商店街〜

, , , , , ,
取材・記事 白井紀行   東武東上線霞ヶ関南口から徒歩5分ほどにある「かすみ北通り」。 この生活道路沿いには「かすみ商店街」と「角栄商店街」が軒を連ねる目抜き通り。 昔懐かしい昭和レトロな光景が今も残ります。   ノスタルージーな雰囲気に浸れる街。 といえば聞こえは良いですが、現実的にはシャッターを下ろした店も目につく。 観光地でなく街全体も高齢化が進むのは否めない。 だけど、この街にはまだまだポテンシャルを秘めているはず。 商店街の賑わいある姿を見せれば、人は集まりこの街も変わっていくのでは。 その思いから約1年がかりで企画・構想をまとめた「100円商店街」   目玉となる100円の商品を置くことで、足を止めてお店の中に入ってもらう。 通り過ぎるだけだったお店に興味を持ってもらい、店主と会話を交わす。 「街バル」「街ゼミ」とともに商店街活性化の3種の神器として注目されています。   3人の呼びかけに集まった地域住民、商店街の店主、霞ヶ関を愛する人たち。 街ゼミやFacebook(かすみがせきを元気にする会)…

準備に密着してみました!~川越まつりライブカメラプロジェクト~

川越市民が待ちに待っていた川越まつりが明日明後日(10月20日、21日)に行われます。 我々カワゴエ・マス・メディアは今年も「川越まつりライブカメラプロジェクト」を立ち上げました。 山車に搭載されたWeb(ライブ)カメラから見える風景は、まるで囃子台のって市街地を練り歩いているような気分になります。 またスピーカーから聞こえる軽快な祭囃子や街のざわめきは、川越まつりを現地で見られない人に「音」で、ちょっぴり雰囲気をお届けできているのではないかなと思います。   この取り組みは2012年から始まり、今年で7年目です。 ご存じの方もいらっしゃるかもしれせんが、今一度ここに経緯を記しておきます。 もともとは、川越市政90周年に際した記念事業として、かつてない規模で山車を繰り出す計画がありました。その時に山車の位置などを把握出来る方法について相談させて欲しいと、日頃からお付き合いのある市の職員さまから連絡をもらったのがそもそものきっかけでした。 当時は今のように安価なツールもなく、予算はほとんど出せないということでした。予算が無いなら、私たち手持ちの機材のみで出来ることを、という事で誕生したのが移動する山車からの映像配信。山車の位置や周辺の混雑状況を把握してもらえればということでした。ちなみに、行きかう山車の姿も見たいという声をうけて、固定カメラも設置しはじめたのは3年前からです。 くわしくはこちら▼ 川越まつり山車ナビプロジェクト2015…

山の神に五穀豊穣の御礼を捧げるお日待ち〜上戸日枝神社のささら獅子舞〜

取材・記事 白井紀行   台風25号が日本列島を外れたおかげで10月とは思えない夏日となった7日。 上戸日枝神社の秋の大祭(お日待ち)でささら獅子舞が奉納されました。   上戸日枝神社は860年に休慶という修行僧が日吉神社権現社として創建。 永歴元(1160)年に後白河天皇が皇居の守護神…

五穀豊穣と子供の成長を願う〜県指定文化財「古尾谷八幡神社のほろ祭」〜

, ,
取材・記事 白井紀行   9月16日(日)古尾谷八幡神社の神幸祭「ほろ祭」が行われました。 毎年、天候や用事で行けなかったのですが、今年、ようやく取材ができました。 同神社は古尾谷庄(古谷地区と南古谷地区)の総鎮守となっています。   「ほろ祭」は平安時代から続き、県から無形民俗文化財に指定されています。 古尾谷本郷で生まれた上組・下組の8〜9歳の長男が参加する元服式の一種。 ホロと呼ばれる薄桃色の紙花の付いた傘状のものを背負って左右と回転します。 ホロを背負う男の子は「ホロショイッコ」と呼ばれます。   古尾谷八幡神社とは? 記者は、古尾谷八幡神社自体、訪れるのが初めて。 ほろ祭が始まるまでの間、同社を紹介することにしましょう。   同社は貞観4(863)年、比叡山延暦寺第三代坐主僧「円仁」が創建したもの その後、源頼朝、藤原時景、北条氏政、徳川家康と歴史に名だたる人の手によって再建が行われ、現在の本拝殿末社は享保7(1722)年に氏子らによって再建されました。   創建 清和天皇の御代貞観4(863)年、比叡山延暦寺第三代坐主僧「円仁」来たり法を修するの時、神霊を感じ神社を建て、これを天皇陛下に申し上げ「石清水八幡大神」の分霊を奉じ来りてお祀りした、天皇陛下は詔(みことのり)を下され古尾谷庄の税を免じ祭祀の資にあてられたのが当社の始まりで社殿も壮麗に造られた。当時古尾谷庄は石清水八幡宮の荘園であった(パンフレットより)   こちらの案内板も併せてご覧ください。   平成26年に社殿修理工事を終えたとのことで、建物の装飾は色鮮やか。       しばし、その荘厳さ美しさに圧倒されていました。   ほろ祭でなくともこの神社を見に来るだけでも価値があります。   本殿拝殿末社(旧本殿)も県指定文化財となっています。   参道には屋台が立ち並んで賑わい、地区のお祭りという雰囲気を感じます。   祭典 13時になると艶やかな衣装に身を包んだ神職が姿を見せました。   拝殿横に設えられた祭壇で祭典が始まりました。     その後、参列者らは拝殿の中へ、一人一人お祓いを受けます。   氏子らは拝殿の外で直立不動で待たれていました。   2時ごろからは特に動きもなく、まったとした時間だけが流れます。 この間は、ホロを背負うホロショイッコは近所に挨拶回りをするそうです。   ホロショイッコの到着 15時になると神職が再び参道へ。ここから祭は急に慌ただしくなります。   提灯を持つ先導の二人に続いて、四人の子供巫女がやってきました。   その後ろに薄桃色のホロを背負ったホロショイッコが続きます。   さらに笛や太鼓も賑やかに屋台囃子が子供達に引かれてやってきました。   屋台囃子は境内の庭をぐるりと回ってしばし待機。   陣羽織に腹掛け・手甲・脚絆・黒足袋のいでたちのホロショイッコら。 顔には化粧が施され、頭にはハチマキを巻き凛々しい姿。   ホロショイッコと子供巫女は拝殿でお祓いを受けお守りを頂きます。   お祓いを受けたあと拝殿を背に整列。   御旅(みたび)へと出発 神幸祭において、祭神(お神輿)が巡幸の途中で休憩や宿泊する所。 或いは、目的地を「御旅所」といい、神社からは100mほどのところにあります。 天狗(猿田彦)を先頭にホロショイッコ一行が御旅へと出発します。   資料や過去のYouTubeを見ると二頭の獅子頭が先頭に立っていたようです。   それに続くのは榊(さかき)。   太鼓。背後にはお神輿が見えます。   櫃(ひつ)・鉾(ほこ)   そして、錦旗(きんき)   ホロを背負うホロショイッコ。   ホロは36本の竹ひごに薄桃色の紙花をつけたものを籠に指したもの。 籠の中には重り石と鈴が入っているので小学生には結構な重さだとか。   上組二人、下組二人のホロショイッコに続いて祭神を乗せたお神輿。   弓を持った右大臣、左大臣。   赤い傘の下に神官   子供巫女の後ろに楽人(屋台囃子)、氏子総代、崇敬者が追いかけます。     ホロのお練り 御旅の中で両親や親族らを始め見物客の前で披露されるのが「お練り」   「1、2の3、ヨイショ」という周りの掛け声に合わせて六方を踏む。 片足を軸に180度体の向きを反転します。   ホロは籠に仕込まれたチリンチリンと鈴の涼やかな音とともに左右に回転。 ほろ祭の最大の見どころです。   ホロが回るたびに歓声があがり、シャッターの音が途絶えません。   ホロショイッコの体力に合わせて、所々、休ませながら、進む一行。   賑やかな屋台囃子もそれに続きます。   御旅所 30分ほどをかけて一行は御旅所に到着。   神輿は祭壇に祀られ扉の前の幕が外されます。   米・酒・魚・野菜・果物・塩・水等の神饌を奉納。     祝詞を読み上げます。頭(こうべ)を垂れる参列者ら。   神職、地元の代表者に続いて、ホロショイッコによる玉串の奉納。   子供巫女も一人一人玉串を奉納。その後、親御さんの代表者が奉納します。   先ほど、捧げた神饌を下げていきます。   お神輿の扉の幕を下ろされ、今年のほろ祭も無事に執り行われました。 INFORMATION 古尾谷八幡神社のほろ祭 【開催】平成30年9月15日(日)13:00〜16:00/毎年敬老の日の前日 【場所】古尾谷八幡神社(川越市古谷本郷1408) 【HP】県指定文化財…

川越一番街商店街シリーズ~初山 香代子さん〜「Mie Coco(ミーココ)」店主~

, ,
  ウィーン国立音楽大学を卒業し、ピアニスト、ピアノ講師、学校の先生と活躍してきた初山 香代子さん。 蔵の街一番街のメイン通りからちょっと横道に入った場所に、ウィーンと猫がテーマのオーストリア料理のお店「Mie…

心地良い夜風に吹かれて街歩き〜食と音と灯りの融合 Kawagoe REMIX 2018〜

, , ,
取材・記事 白井紀行   「食」と「音」と「灯り」のキーワードに川越の夜の街を楽しむ「Kawagoe REMIX」。 例年は11月初旬にだったのを今年は、2ヶ月の前倒しで開催。 9月8日(土)に細君を連れ立って、街へと繰り出しました。 本川越の観光案内所で蔵まちバルチケットを購入♪   Kawagoe…

カワゴエ・マス・メディア的神社で夏の七福神めぐり(仮)

取材・記事 白井紀行   川越一番街にある和雑貨のお店「椿の蔵」。 その前を通りかかったときに2セットの写真に目が止まりました。 一つは、川越七福神で巡る中心街の七つのお寺。 もう一つが中心街にある七つの神社巡り。 川越氷川神社の「縁むすび風鈴」は今や夏の風物詩となっています。 これをアレンジして神社で「夏の七福神めぐり」ができるのではと閃きました! 題して「カワゴエ・マス・メディア的神社で夏の七福神めぐり(仮)」 それらを巡れば同時に川越の名所も回れる10社を候補に挙げて見ました。 …