置き忘れた人形ってみすゞのことではないでしょうか〜みすゞ塾第14回「おさらい会」〜

取材・記事 白井紀行   大正時代から昭和初期に活躍し、26歳の若さで自ら命を絶った童謡詩人金子みすゞ。 亡くなる前の年に3冊の手帳に書き残した512編の詩。 これを第2、第4月曜日に蓮馨寺講堂で読み進めているのが「みすゞ塾」。 時代背景や生涯を勉強しながら詩の奥にあるみすゞの心を一緒に探す。 塾長は金子みすゞをライフワークとして取り組む女優・谷英美(えみ)さんです。   毎年、年末に「おさらい会」と題して行う発表会、2019年は12月21日(土)に開催。 クラッセ川越で開催された第14回の模様をレポートします。   しばしの間、金子みすゞの世界にお付き合い下さい。   第一部 塾生による朗読発表 ステージにずらりと並ぶ8名の塾生ら。初めたばかりから14年までさまざま。 谷さんが挨拶し、それぞれが選んだ詩を読み上げます。   ①生島秀子さん 「漁師の小父さん」「電報くばり」「打出の小槌」「空の鯉」 子どもの気持ちで情景を紡ぎ出した童謡詩人らしい詩が並びます。   ②幕内史子さん 「夕ぐれ」「燕の手帳」「ひよどりごえ」「老楓(ろうふう)」 終わりの寂しさも感じさせつつ、どこか、ほっとした温かさを感じる詩。 夕焼け小焼け♪で始まる「夕ぐれ」は、子どもの頃の原風景を思い起こさせます。   ③磯部幸江さん 「山茶花(さざんか)」「お坊さま」「お日さん、雨さん」「忘れもの」 「忘れもの」は、この後の谷さんのコーナーで新しい発見として取り上げられました。   ③中西勇助さん 「木」「木」「土と草」の3編(「木」はそれぞれ異なる詩) 誰も気に留めない光景にそっと目を向けるそんなみすゞの優しさを感じます。   ④萬年山えつ子さん 「空のあちら」「ぬかるみ」「にはとり」「北風の唄」 風景を表現しながらも、みすゞのもがくような苦しみを感じさせる凄みのある詩。   ⑤網代三千子さん 「四つ辻」「かるた」「店の出来事」「去年」 はらりはらり、キラ、キラ、キラリよなどオノマトペが多くリズムの良い詩。 みすゞの平穏な日々を感じさせます。   ⑥佐藤満也さん 「文字燒き」「あらしの夜」「やまとそら」「汽車の窓から」 モノローグのように光景を淡々と映し出す静かな詩。   ⑦豊岡清子さん 「キネマの街」「目のないお馬(んま)」「積った雪」「麦の芽」 目の前の光景を擬人化したような詩。どこかにそれを見守る別の存在も感じさせます。 「麦の芽」は、出身である会津若松のズーズ弁の訛りで読み上げました。   ⑧阿仁屋洋子さん 「大漁」「青い空」「このみち」「鈴と私と小鳥と」 「このみち」は、このみちのさきには・・この道を行こうよが4回繰り返される詩。 自分の解釈で、いろんな読み方ができる詩と感じました。   第二部 子ども達による朗読 一昨年、3月10日金子みすゞの命日に下関市で行われたトリビュート公演。 そこで、子どもたちがみすゞの詩の朗読に参加しました。 子どもの声は良いなと感動し、今回、川越でも新しい試みとして取り入れました。   4人の子ども達が選んだ作品は次の5つ。 「露」「きりぎりすの山登り」「鈴と私と小鳥と」「闇夜の星」「しあわせ」。 朗読の後、谷さんは子ども達に詩を選んだ理由や感想をインタビュー。 「しあわせ」の詩では、幸せの色って何色だと思う?と問いかけました。 子供達からは返って来たのは「赤」「色んな色」「明るめの赤」「赤」という答え。 谷さんは詩の冒頭『桃いろお衣のしあわせ』からピンクと考えていたそう。 同じ詩を読んでも頭に浮かぶイメージはそれぞれ違うんだなと感じさせられます。 子どもの朗読は変に感情を込めたりしないけど何か伝わってくる。 そんな感想を述べ、このコーナーが締めくくられました。   第3部 谷英美さんによる詩の解説と朗読 ここからは塾長である谷さんのコーナー。 仲間の朗読を聞くと、一人、詩集に向かうだけは気づかない新たな発見がある。 今回、取り上げたのは「忘れもの」という詩。まずは、全員で読み上げます。   田舎の駅の待合室(まちあい)に しずかに夜は更けました。   いつのお汽車を待つのやら。…
コエドビール学校

ビールを“学ぶ”「コエドビール学校」へ入学してみた

,
取材・記事 みつきゆきこ   ビール好きなら一度は行きたい「ビール工場見学」。コエドビールでは見学に加えて、ビールを学ぶ「学校」を2017年冬から開いています。発…

モスグリーンの謎キャラ初登場!?〜かわごえ産業フェスタ2019〜

, ,
取材・記事 白井紀行   11月23日(土)は雨降る中での進行でした 当初、かわごえ産業フェスタが開催される11月23〜24日は晴天の予報。 安心していたら、日が近づくに連れて雨マークが目立つようになりました。 なんとか持って欲しいという祈りも虚しく夜半から強い雨(T^T)。     自分でもあとでぶったまげた合羽姿のひろみん登場! この日は11時から開始予定でしたが、11時30分の川越鳶組合はすでに中止が決定。 午後から雨が上がる予報を信じて11時30分にオープニングとしました。   司会のひろみんこと大野ひろみさんはモスグリーンの雨合羽で謎キャラ風。 アシスタントのミケさんは合羽と傘を差しての登場です。   12:00〜…

12/1オープン!coworking & shareoffice ロッケンマチ~ただいま会員募集中~

, ,
川越のリノベーションまちづくりの会社、株式会社80%(以下80%)が手掛ける2軒目のコワーキングオフィス&シェアオフィス「icoworking &sshareoffice ロッケンマチ 」が12/1にオープンしました。 80%といえば、今や地元のみなさんに人気のおでんと日本酒の「すずのや」や「iglinccoffee…

ハロウィン大行進!お客さんもキャストなかすみがせき100円商店街

, , , , , ,
取材・記事 白井紀行   10月最後の日曜日「第3回かすみがせき100円商店街」が開催されました。 会場となったのは、かすみ北通り沿いにある「かすみ商店街」と「角栄商店街」。 今回は、実店舗と外部出店を合わせて34店舗の参加です。   100円商店街とは? 店頭で100円商品を販売し、お客さんはお金を支払うためにお店の中に入ります。 そこで、店主との会話が生まれ、どんなお店なのかを知ることができる。 地域の人と商店街を繋げるコミュニケーション事業、それが、100円商店街です。   100円商店街の準備が始まりました 本部で受付を済ませた出店者。 実店舗では、お店の前にワゴンを並べたりテーブルを出しての準備。   外部出店者は、予め指定された場所にお店を構えます。   こちらでは塩ビパイプを何かを組み立てているようです。   お客さんもキャストな「かすみがせき100円商店街」 前回は、かすみがせき川柳でお客さんが唄を投稿、盛り上げに一役買いました。 今回は「ハロウィン大行進」と銘打って、来場者に仮装を呼びかけ。 お客さんもキャストなのが「かすみがせき100円商店街」の特徴のひとつです。   それでは、チラシを見ながら全34店舗を紹介しましょう。   かすみ商店街(店番号…

小江戸川越から羽ばたけ未来のお笑い芸人〜ウェスタ川越KOEDOお笑いグランプリVol.5(後半)

,
取材・記事 白井紀行 前半24組がこの日のために用意したネタを披露しお客さんを沸かせました。 後半17組も何(いず)れ劣らぬ強豪揃い。 全41組の中から決勝に駒を進めるのは10組、いよいよ、結果発表です。   Cブロック   #25…

小江戸川越から羽ばたけ未来のお笑い芸人〜ウェスタ川越KOEDOお笑いグランプリVol.5(前半)〜

,
取材・記事 白井紀行   今回で、5回目を迎えた「ウェスタ川越KOEDOお笑いグランプリ」 人を笑わせるのが好き、プロのお笑い芸人を目指す人を対象にしたコンテスト。 漫才、コント、落語、漫談、モノマネ、歌ネタ。面白ければなんでも何でもOK。 今年は、9月15日(日)に予選会、10月6日(日)に決勝戦が行われます。 昨年優勝したパルテノンモードがキングオブコントで準々決勝に進出。 年々、レベルが高くなりお笑いの登竜門としても注目されています。   開場前、挑戦者らはステージで最後の追い込み中。 どんなネタが披露され、どんな戦いが見られるのか!   13時に開場するとお客さんが入り始め、やがて、会場ほほぼ満席状態に。 老若男女、趣味趣向も様々なだけに、どんな笑いが好まれるかは未知数。 いよいよ、「KOEDOお笑いグランプリ予選会」開幕です。   司会はお馴染み「千葉チューセッツ」 右の伊藤さんは川越出身。地元ネタや、来月の川越まつりネタで会場を温めます。 「仙波二丁目に住んでいるですよ、ウェルシアご存知?」   今回は41組が出場し3分の持ち時間の中でネタを披露。4人の審査員が10点満点で採点。 得点が高い上位10人が決勝戦へと進めます。 審査委員長は、ウェスタ川越館長の柏瀬明彦さん。文化事業編成プロデューサーの大川剛志さん。 構成作家の内田崇文さん。構成作家の鏑木将宣さんです。   Aブロック(12組)   #1…

街の風景にゆったりと浸りながら始めるエリアリノベーション〜カフェ&ギャラリー38℃〜

, ,
取材・記事 白井紀行   県内では珍しくなった片屋根式アーケードが続く霞ヶ関「角栄商店街」。 昭和40年代の高度成長期時代に角栄団地とともに開発された商店街。 半世紀が経ち、店主の高齢化や跡継ぎの問題でシャッターを下ろす店が目立ちます。   7月15日、この一角に光明が差すかのように新たな店がオープンしました。 店の名は「38℃(さんじゅうはちどしー)」。   このちょっと変わった名前のお店の店長が吉田尚平さん。 「商店街や地域をぬるま湯のようなゆったりとした雰囲気の場所にしたい」 そんな思いが38℃には込められています。 あるいは、温泉好きの吉田さんが長湯ができるベストな温度が38℃。   38℃がどんな風に始まって、今日を迎え、これからどんな風にやっていくのか? その物語がオープニングイベントで語られました。   38℃の始まりは昨年のまちづくりキャンプ 38℃を運営する6人は「合同会社オンド」のメンバー。 彼らの出会いは、川越市産業振興課が主催した「まちづくりキャンプ」。 霞ヶ関北地区の価値を高める事業を考え実践するプログラムで一緒のチームでした。 https://www.city.kawagoe.saitama.jp/event/main/koza/machicam181026.html https://www.facebook.com/kawagoearearenovation/   まちづくりキャンプの後、対象としていた物件がまとまらず、事業計画を練り直す。 これを2回繰り返して3回目で物件が決定し、3月に法人化し、4月に工事をスタート。 6月1日にプレオープン、そして、7月15日に正式オープンを迎えました。   カワゴエ・マス・メディアが追った38℃の軌跡 カワゴエ・マス・メディアでもオープンまでの軌跡を記録していました。 まずは、そこからオープンまでの半年をざっと振り返りましょう。   かわごえビジネスプラン発表会(2019年1月26日) 川越市商工会議所主催で金融機関、創業支援機関の前で事業プランを発表。 38℃のテーマは「街の『適度な温度』を維持する事業形態について」。 ▶︎…

今年一番人気の生きものは!?〜田んぼ生きもの観察会「かわごえ里山イニシアチブ」〜

,
取材・記事 白井紀行   7月7日(日)小雨模様で少し肌寒さを感じる川越市福田にある田んぼ。 この日、かわごえ里山イニシアチブ主催の「田んぼ生きもの観察会」が行われました。   「田んぼ生きもの観察会」とは? 「田んぼは米作りだけでなく、多くの生き物の命を育み、人と人とを結びつける場。 田んぼの価値を知ってもらうとともに、経済を生み出すことも大切」。 無化学・無農薬で米作りに取り組むかわごえ里山イニシアチブの活動理念です。   「田んぼ生きもの観察会」は、活動拠点の田んぼに生息する生きものを年1回調査。 見つかった生きものをA〜Dのグループに分け希少度に応じて点数付けをします。 点数が高ければ、生きものの種類が多く生物多様性に優れている指標となります。 また、毎年行うことで推移を捉えたり、他の地域との比較にも用いることができます。 詳しくはこちら ▶︎http://www.ruralnet.or.jp/gn/201708/inasaku.htm ※この先、ヘビ、クモ、カエルの写真が出てきますので、苦手な方はご注意下さい。   集合時間前から網やカゴを手に生きもの探しに夢中の子ども達。   カゴに入っているのはトウキョウダルマガエル。 小雨が降っていたせいか、草むらであちこちにたくさん飛び跳ねていました。 このカエルは準絶滅危惧種。これだけ見つかるのは実は貴重なんです。   朝礼が始まりました かわごえ里山イニシアチブ代表理事の増田さんによる挨拶。   講師はお馴染み「田んぼソムリエ」の林…