民族衣装コンテスト

最も盛り上がる時期がやってきた〜タイのお正月ソンクラーン(水かけ祭り)〜

,
日本では4月の中旬といえば、新年度を迎えた気持ちもそろそろ落ち着く頃。 タイではソンクラーン(水かけまつり)を迎えて最も盛り上がる時期。 ソンクラーンは旧正月で、旧暦の新年にあたります。 仏像や仏塔に水を掛けて清め、年長者に水を掛けて敬う伝統的な風習です。 近年では、非常に暑くなる時期であり、無礼講で水を掛け合う祭りになっているようです。 日本的に言うと「盆と正月が一緒に来た!」というところでしょうか!? そんなソンクラーンが開催されました。     場所は、御伊勢塚公園の直ぐ近くにある伊勢原公民館。   ‖…
ハンドメイドの雑貨市

4月29日開催!川越ハンドメイドの雑貨市〜スタンプラリールート〜

, ,
新緑も美しく過ごしやすい季節となりました。 今週の水曜日、4月29日は昭和の日で祝日です。 この日、全90ブースが出店する「川越ハンドメイドの雑貨市」が開催されます。 http://shirotsumezakka.blog.fc2.com/blog-entry-22.html   会場は小江戸蔵里を本部として15ヶ所の会場で全90ブースの出店です。 15ヶ所の会場を全て巡るか、9ヶ所+スタンプラリー協力店で買い物となります。 その会場を一足早く巡ってきましたのでお伝えします。 なお、スタンプラリーの用紙は本部となる小江戸蔵里と各会場で配布します。 ただし、配布枚数の関係上、蔵里で入手するのをオススメします。     JR/東武東上線川越駅 推奨ルートの出発はJR/東武東上線川越駅ですので、まずは、東口に出ます。   左手に曲がってアトレマルヒロを通ればクレアモール商店街の入り口に着きます。   「カラオケマック」が左手に見えたら   そこを右折して下さい。     Twelve 白い壁がおしゃれなHonor…
ささら獅子舞

八重桜の咲き誇る境内で奉納された上戸の祭礼〜ささら獅子舞〜

, ,
ソメイヨシノの花が散り、八重桜に主役が移った上戸日枝神社。   ここで4月19日(日)に上戸芸能保存会による「ささら獅子舞」が奉納されました。 (ちなみに同じ日に石原の観音寺でも「ささら獅子舞」が行われていました。)   鎮守御祭禮と祭礼を意味する奉納のぼりも掲げられています。   神主による祝詞の奏上。   上戸日枝神社の獅子は、女獅子、中獅子、大獅子の3頭。 享保3(1718)年の作で川越市内では最古の獅子頭だそうです。   奏上が終わったら獅子頭を身につけます。   参道をしずしずと進む一行。   そして、境内に描かれた円陣を回ったら定位置にスタンバイ。   上戸のささら獅子舞は、悪霊を追い払い境内を清める踊りから始まります。   次に黄泉の国との境を表す竿の下をくぐり抜けて行く。   篠笛の演奏に合わせて唄人が祭りを盛り上げます。   それに応えるように獅子頭の舞いにも熱が入ります。   天下泰平、国家安穏、五穀豊穣などを願う口上の読み上げ。   それを神妙に聞く仲立ち(蠅追い)と三頭の獅子   それに対するお褒めと御礼の口上のやりとりがされます。   写真右の被り物が「ささら子」と呼ばれ、手に持った楽器を演奏します。   獅子は腹に括り付けた太鼓を打ち鳴らす。   仲立ちが軍配と語弊を降ると、獅子頭はそれに合わせて飛んだり撥ねたり。   こうして、30分程で今年のささら獅子舞の奉納が終わりました。   その後は、獅子と一緒に撮影タイムが始まりました。 ささら獅子舞は関東地方を中心とした東日本に広く分布しています。 http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/3231/1/KH_026_2_001.pdf   二頭の獅子が一頭の雌獅子を巡るストーリー展開があるなど、地域毎に特色があります。 かつては一行が各家々を回り、村長にご馳走になって獅子舞で終わるものでした。 今は、上戸芸能保存会の方が伝承していますが、後継者不足に悩んでいるそう。 奉納の際に踊りの意味を解説していましたが、HPにあればより興味を引くかもしれません。   5月3日の川越春まつりでは、11時にまつり会館、12時に蓮馨寺でも披露されます。 石原のささら獅子舞も見られるそうですので、ぜひ、おいで下さい。 INFORMATION 奉納ささら獅子舞 【住所】川越市上戸316-1(上戸日枝神社) 【踊り】上戸芸能保存会

桜吹雪が舞い散る寺に武士が集う〜林崎甚助重信追悼 第2回居合道演武会〜

4月12日、桜もすでに散り染めを迎え花びらが雪のようにハラハラと舞う蓮馨寺。   この日、居合道の道祖である林崎甚助重信追悼の第2回居合道演武会が開催されました。   「居合術」は戦国の刀法の抜刀術が源流で、現在、居合道は500万人が修練しています。 槍や長刀が折られたとき、とっさに腰の太刀を抜いて身を守るのが抜刀術。 これを研究し技を確立したのが林崎甚助重です。   居合についてパンフレットから抜粋。  武という思想は「生と死の狭間で培われた極意であり、極限の場で生かされる心身の在り方の秘訣を探求することにある」。行往座臥いかなる場合においても、瞬時に刀を抜き打ち、敵を制する技術が求められ居合術が発達した。 江戸中期に武術が武道として発達すると精神面が重視され、日常修養にも居合の理を発揮する。「人間完成への道徳概念」に基づく「居合道」として武士社会における武士道として定着。 居合道の修行は、仮想した敵に対する刀の抜き方、納め方、切り方、付き方等の方法を厳格な作法と周到な注意の基に鍛錬の奥義で自己の体質を究明する。静中に動を得るところの静的精神修養の大道であり、その用具は日本人の魂、すなわち日本刀一振りであるから極めて真剣に行われ精神の統一と集中が計りやすい。   林崎甚助重信は山形県村山市生まれ。現在は、居合神社に奉られており周知されています。 その終焉の地が川越で、2年前に「林崎甚助重信ノ鎮魂之地」として石碑が建立されました。   林崎道祖を源とする居合道7流派八道場の代表者が集い供養と功績を讃えて開催する奉納演武会 川越が終焉之地であった史実を周知するため。「小江戸川越春まつり」の一貫で行われます。   来賓挨拶(川越市市長、蓮馨寺住職、山形県村山市副市長、武道振興會)   ‖…
ラジオぽてと

蔵の街に観光シーズンが到来〜ラジオぽてと in 小江戸川越春まつり〜

ぽかぽかと春らしい陽気となったこの日は小江戸川越春まつりオープニングです。 KAWAGOE〼MEDIAでは、恒例となった「ラジオぽてと」公開放送を行いました。 場所は仲町にある鍛冶町広場。ここにブースを開設するのは2回目となります。   機材の設置をしていると星野高校ブラスバンドの演奏が聞こえて来たので手を止めてパチリ。 迫力あるブラバンの演舞を見ると春まつりが始まったなと感じますね!   放送、1時間前に機材の設置が終わったので、音出しなどのリハーサルを開始。 今日は、ラジオぽてとスタッフが悪代官、町娘、浪人、飛脚、岡っ引きに扮するという企画。 体が空いた人から順に着替えて行きます。   紅狐(こーこ)と浪人、そして飛脚。 衣装協力は、蓮馨寺の参道となる立門前通りにある「きものや沙羅」様。 小道具まで用意して頂きありがとうございました。 川越は着物の似合うまち、ぜひ、こちらでレンタルして街を散策してみて下さい♪     ‖…
ベリーダンス

奇跡のコラボに感動!コップンクラップ!〜アジアフェスパフォーマンス編〜

‖ アジアフェス2日目 この日は朝から春らしい陽気で、沢山のお客さんが期待できます。   「サワディ・カップ(カー)」と朝の挨拶を交わしながら準備を進め記念写真もパチリ。   2日目はサニーサイドテラスに代わり、立門前通りにある「WARMTH」が出店。 タイへ行って買い付けたという雑貨を始めとした各国の品々が並びます。   「ヌアッド・ケア…
ミニタイフェア

サワディ・クラップ!川越にタイがやってきた〜ミニ・タイ・フェア〜

, ,
平成27年3月21日(土)、22日(日)に小江戸蔵里で第2回アジアフェスが開催。 今年は、埼玉県在住タイ人クラブが主催し、タイにフューチャーした催しとなりました タイは日本にも比較的馴染みのある国ではないでしょうか? 正式には「タイ王国」といい、東南アジアにある熱帯性気候の国、首都はバンコク。 世界遺産のアユタヤを始めとする観光地があり、タイ料理、タイ式マッサージ、ムエタイが有名。   日本企業も多く進出しているので電化製品を見るとMaid…
もっこ館

これから注目のスポットで開催!〜はんどめいど☆フェスタ川越もっこ館〜

, ,
川越観光では一番街と並んで人気の観光スポット「菓子屋横丁」。   さらに西に進むと新河岸川(赤間川)を渡る高沢橋に差し掛かります。 ちなみに橋の手前を左に曲がると七福神でもお馴染みの「見立寺」。   橋を越えて川沿いの道をほどなく歩くと   ここが川越の新たな集客スポットとして準備中のもっこ館   ここで、2月28日、3月1日の土日に「はんどめいど☆フェスタ川越もっこ館」が開催されました。 お伺いした時間が3月1日の2時半過ぎ、雨も降っていたので、ほぼ片付け前(^^;)。 昨日は天気も良くて盛況だったとのこと。   主催者の「すきっぷ実行委員会」さんのブース。 川越では雑貨市などのイベントといえば、小江戸蔵里か蓮馨寺で開催されることが多い。 この会場は『川越の新たな魅力を』という思惑が「もっこ館」の方と一致して選んだそうです。   川越駅東口で時々お見かけする「三つ葉を伝える路上詩人…
蔵造り資料館

ワンコイン(100円)で川越の貴重な歴史に触れよう〜蔵造り資料館〜

,
蔵造りの街並が連なる川越一番街商店街。 時の鐘入り口となる信号のその先にある「蔵造り資料館」。 元々は、明治26年3月の川越大火の直後に、煙草卸商を営んでいた小山文蔵氏が建てたもの。 店の屋号は「万文(まんぶん)」でした。   入館料(なんと100円!です)を払って邸内に入ると目につくのが屋根の模型。 店蔵の屋根にある鬼瓦、影盛、箱棟は川越の蔵造りを語る上で特徴的なものです。 普段は見上げるだけですが、こうして目の前にあるとその大きさに驚かされます。   箱棟の構造を知りたいという私みたいな人(笑)のために中が覗けるようになっています。   窓を開けると箱棟は木組みで作られていることが分かります。   それでは、蔵の中を見学することにしましょう。   最も奥の蔵(三番蔵)は、煙草卸商だった「万文」ゆかりの品々が展示されています。 「万文」の主な商品は3銭の徳用煙草でしたが、高級煙草の販売も行いました。「万文」の全盛時代は、煙草民営時代の最盛期であった明治27年から専売制(官営)となる明治37年までの10年。この頃には、販売権を所沢、飯能まで延ばしました。また、煙草の三大メーカと呼ばれた岩谷商会、村井兄弟商会、千葉商店などの販売店でした。 明治37年、煙草が専売制になると小山文蔵は煙草元売捌人(もとうりさばきにん)になり、昭和に入ると息子の小山三省(みつお)は将来を考え、東京地方販売所の設置に協力し、店舗を貸与するとともに廃業しました。(案内文より抜粋)   煙草の定価表、官営と元売捌人という文字があるので専売制になってからのものですね。 当時の煙草のパッケージはこちらも参考に♪ http://www.lsando.com/oldcigarette/oldcigarette15.htm   左から算盤、刻煙草製造帳、万文の店頭の様子、新旧略歴   煙草を配達するのに使われた「万文の荷箱車」   一番街が今の蔵造りの街並になったきっかけが明治26年の川越大火。 二番蔵には町火消しに関する資料が展示されています。   刺子半纏が展示してありました。 猛火から身を守る重要な防火着である刺子半纏。分厚く仕立てられた半纏は布地がクッションの役割をするため少々の落下物による衝撃をやわらげます。半纏の表地は藍染めによる藍色一色で、裏地は着る人それぞれが趣向を凝らした図柄となっています。(案内文から抜粋) 無事鎮火した後は半纏を裏返して颯爽と引き上げたそう。実に粋ではないですか!   左の2つはポンプ、手榴弾型の消火器、転倒式消火器   川越大火の範囲を表した地図。 連雀町〜札の辻の先、市役所〜松江町あたりまで広い範囲の火事だったことがわかります。   見学ルートには店蔵の2Fも含まれています。 階段の側面に引き出しがあるのは見かけますが、こちらは段そのものが引き出しです。   その階段を慎重に(急なので)登って行くと…   このような6帖2間の部屋に出ます。   舟運で栄えた川越を象徴する「川越夜舟」の模型。   ここからは、普段見ることのできない「時の鐘」の姿が見られます。 万文の主人だった小山文蔵氏も「時の鐘」を搗く様子を見ていたのでしょうか?   こちらは店の入り口付近にある地下の倉庫「穴蔵」。 普段は収納用として、火事の時には品物を投げ込む防火施設の役割があります。 江戸では普及していたそうですが、川越で見られるのはここくらいかもしれません。 このように川越の歴史や蔵の様子を知ることができる「蔵造り資料館」。 入館料は100円とリーズナブルで、見所も多いので、ぜひ、一度、訪れてみて下さい。 毎月第2日曜日午前11時、午後2時には、当日直接受付で、資料館ガイドも行っているそうです。 WRITER…