カップがズラリ、季節の◯◯ランチが楽しみな隠れ家的カフェ〜Café K〜

取材・記事 白井紀行

 

川越駅東口から徒歩5分。三番町の交差点を過ぎて直ぐの一方通行を左折。

閑静な住宅街を歩いて30メートルほどのところにあるのが「Café K」。

今年の3月13日にオープンしたばかりの新しいお店。

 

ランチのメニューは4種類で、「春のほっこりランチ」は第5弾です。

6月からは「夏のさわやかランチ」と衣替え。秋、冬はどんな表題だろう。

この季節の◯◯ランチは、だいたい半月ペースでメニューが変わるようです。

黒板の3種に加え「ふわとろ卵のあんかけオムライス」がメニューにありました。

 

明るい店内は、白い壁にダークブラウンの組み合わせがモダンな雰囲気。

奥には8〜10人程度の女子会やサークルに使える個室もあります。

 

そして、特筆すべきがカウンターの後ろに並んだカップ&ソーサー。

ウェッジウッドが好きで、いつの間にかこんなに集まってしまったそう。

 

外から見える窓際にもずらり。

もちろん飾りでなくて、ハンドドリップで珈琲を淹れてくれます。

 

さて、オーダーしたのは「春のほっこりランチ」

第5弾のメインは彩り野菜のドライカレー。サラダ、スープ、ドリンク付き。

 

まずはサラダ。フライドオニオンは甘くてカリカリと香ばしい。

 

調理の時からいい匂いを漂わせていたメインのドライカレー。

写真では緑のピーマンしか見えませんが、赤や黄のパプリカも隠れて色鮮やか。

 

たっぷりのひき肉を炒めたドライカレー。ご飯の量も十分満足、お腹いっぱい。

 

見た目にも美しい自家製ピクルスは、爽やかな酸味。

 

だし巻き卵は、真ん中で切ってハート型にする一手間。

醤油のジュレと大根おろしでいただきます。

 

この日は、30度越えのあまりの暑さについうっかりとアイスコーヒを注文。

よく考えれば、ハンドドリップの珈琲をこだわりのカップで頂くべきでした。

次回は、珈琲と手作りケーキを頼んで、カップのお話でも聞こうかな。

 

お店への行き方

道順は複雑ではありませんが、初めてだと迷うかもという所にCafé Kはあります。

なので、写真で道案内。川越駅東口を出て三番町通りを東へ歩いてください。

 

三番町交差点を渡ってさらに東へ。左手に駐車場が見えてきます。

 

駐車場の横の一方通行の路地を左折。

 

住宅街をテクテク歩けば到着です。

「Café K」の看板が無いと通り過ぎるほど隠れ家的なのでご注意を!


INFORMATION

Café K

【住所】川越市南通町4-15 blooms 1F

【電話】090-9294-5815

【営業】11:00〜19:00

【定休】水曜日

【FB】https://www.facebook.com/koedokawagoe.cafe/

川越市南通町4-15