「ランチポケット」を試してみた@近喜屋(ちかきや)

ら〜麺

ラーメンは丼のなかに、スープ、野菜、メインディッシュ(肉)、主食(麺)が凝縮されているからコース料理である。そんな言葉がずっと頭の片隅に残っている。学生の頃になにかの本で読んだのだと思うのだが、どんなタイトルで誰が書いたかは忘れてしまった。

まあ、そんなことはおいといて、何かの折りに口にしたくなるのがラーメン。「ランチポケットを試してみた」シリーズの第2弾は、P19に掲載の近喜屋(ちかきや)の「ら〜麺」にしてみた。

ランチポケット

 


川越八幡宮

場所は県道39号線沿いの川越工業高校近く。初めてなら「川越八幡宮」から行くのが分かり易い。


参道

鳥居をくぐる。朱塗りの灯籠と柵、そして、緑の木々とのコントラストが石畳の参道に映える。


 

川越八幡宮

そのまま通り抜けるなんてことはせずお参りをする。「二礼二拍一礼」というが、未だに正式な作法ができているか自信はない。いつも通り「夫婦共々健康に過ごせますように」と心の中で呟く。


境内

境内を通り抜ける。神社を正面に見るのでこちらの方を表参道と呼ぶのだろうか…。


近喜屋

道なりにまっすぐ進むと丁字路に突き当たる。左の角に位置するのが近喜屋だ。


近喜屋

近喜屋の外観、赤い壁がよく目立つ。中はカウンターのみの12席。


ビール

注文は券売機で行う。ランチポケットを見せると同じ値段のビールの券を購入すればよいとのこと。


水

水はセルフ方式。コップが乗っているラックにはスポーツ新聞や漫画など。写真をみて気付いたが給水期の上にはルービックキューブや募金箱がある。Wi-Fiも繋がるようだ。


ら〜麺

やがて、ら〜麺が目の前に置かれた。小振りの丼にメンマ、ネギ、チャーシュ、海苔。麺は太め。


ら〜麺

魚介の風味がしつこくなく、また、食べに来たくなる味。つぎは、気になった焦がし醤油を頼んでみよう。

WRITER NORI


INFOMATION

近喜屋(ちかきや)

【電話】049-228-7101

【住所】川越市南通町7−17

【営業】11:30〜21:00

【定休】火曜

【座席】12席

【TW】https://twitter.com/chikakiyaoioioi

川越市南通町7−17

注)掲載されている情報は、掲載時点のものです。今後、変更されていることもありますので、お店やTwitterなどでご確認下さい。