青空の下、蔵の街を1万人のランナーが駆け抜ける〜小江戸川越ハーフマラソン〜

.Share on Facebook2.6kTweet about this on TwitterShare on Google+0

秋深まり修景池ほとりの紅葉も見頃となった川越水上公園。

 

抜けるような青空の下、朝から公園に向かう大勢の人の姿。

 

そう、今日は恒例となった第8回目の小江戸川越ハーフマラソン。

回を重ねることに人気が増しており、募集開始と同時に枠がいっぱいになる勢い。

記者は4Kmのファンランにエントリーできず、今年は取材のみです(T^T)。

 

大勢のランナーでごった返す川越水上公園。

 

ランナーたちは受付を次々と受付を済ませウォーミングアップ。

 

ゴール付近では川越高校応援団がランナーたちにエールを送っていました。

 

マラソンの記事ではレギュラー出演のスマイリーのぶさん。頑張って〜。

 

開会式が始まりました

時刻は8時15分、開会式が始まりました。

司会はJ:COM「ちょっ蔵おでかけ!まちかど情報局」でお馴染み八っちゃん・みかねぇ。

今年から手話通訳が付くようになりました。

 

実行委員長の開会宣言の後、川合市長の挨拶。

 

今年のゲストランナーは元ワコールの湯田友美さん。

現役時代は女子駅伝で活躍し、29人のごぼう抜きという伝説の持ち主です。

 

10kmの部

この大会では、市役所までのFunRun(4km)、10km、ハーフ(21km)の3コース。

午前8時30分に10kmからのスタート。

 

出発を待つランナー。

 

号砲とともに一斉にランナーが目の前を駆け抜けていきます。

 

10kmの部の募集人数は3,000人。

 

 

この辺りになると走るのを楽しむ層が集まります。

 

最後尾の集団。

 

最後尾を追いかける自転車。

 

ハーフの部

ハーフに参加しているカワゴエ・マス・メディアのメンバーから出発前の様子が送られてきました。

(今回は一部、二元中継でお届けします)

 

スタート地点に並ぶのは近隣の大学からの招待選手。

 

8時55分、号砲とともにランナーが一斉にスタート。

 

あっという間に目の前を通り過ぎて行きます。

 

川の流れのように途切れなく続くランナーの列

 

ハーフの部は6,000人の参加。後列はスタートできるまで少し待たされます。

 

ようやくコースに出れました。

今年は太陽も張り切っていて「日差しがキツかった!」とメンバーからの感想。

沿道で応援していても結構汗ばみました。

 

とスタッフに声が掛かりロープを中央に移動し始めました。

 

10kmの部ゴールイン

8時30分に出発した10kmの選手が30分位で、もう戻ってきたんです(早い!)

 

ほとんど息の乱れもなく過ぎ去って行きました。

 

その後も次々と走り終えたランナーがやってきます。

 

 

3位までの入賞者の表彰式のファンファーレに応援団のエール、沿道の応援。

それらをBGMにゴールへと吸い込まれて行きます。

 

爽やかに走り込んできたのは、ピアニストの山田隆広さん。

マラソンのために減量に挑んだそう。12月2日のラジオぽてとでも裏話が聴けますよ!

一方その頃ハーフの部では

水上公園を出発した我がメンバーは川越線、東武線を跨ぐ陸橋を走り抜け。

 

蔵造りの街並みが広がる一番街へ。このハーフマラソンの見所の一つ。

 

沿道からは大勢の観客の応援の声がランナーを元気付けます。

 

市役所の駐車場では山車が出てお囃子が鳴り響く。

 

川越氷川神社では巫女さんがズラリと並んで応援。これはかなり話題になりました。

 

とここで、ハーフを走ったメンバーからのレポートが飛び込んできました!

各給水所の人の温かい掛け声に復活 ・子供の声援とハイタッチはランナーのエネルギー源。

14キロ地点での鯨井中の吹奏楽とハイタッチゾーンは楽しすぎ、ペースが上がります!

小江戸川越ハーフマラソンがすっかり市民と一体になっている様子が伝わりますね。

 

ハーフの部も続々ゴール

10kmの最終ランナーも沿道の声援に支えられゴールへと向かう。

 

と、その後を追いかけるようにハーフマラソンのランナーが駆け込んできました。

その差わずか5分!1時間ほどで21Kmを走ってきたんですね。

記者も一度、自転車でコースを走りましたが想像以上の距離でした。

 

その後も、続々とランナーが走り抜ける。

 

 

 

川越高校応援団の声援で最後の力を振り絞ります。

 

トークショー&東京マラソン抽選会

ゲストランナーとのトークショーの前、川越CLEAR’Sによるミニライブ。

 

沿道の観客とハイタッチなど走り、川越の街並みを満喫したという湯田友美さん。

ニコニコと笑顔を絶やさず天真爛漫な可愛い方でした。

伝説の29人ごぼう抜きでは「抜いても抜いても人がいる」そんな気持ちだったそうです。

 

ハーフマラソンを完走した人の中から2019年の東京マラソンの切符を手にする抽選会。

 

二人目の当選者。

 

次は3人目ですが、ここで思わぬ事態に陥りました。

引いても引いても当選した人が会場にいないのです。

湯田さんも最初はカウントダウンするも、後半はいなければすぐさま次を抽選。

こんなに目立つようにデコレーションしてアピールしているのに!?

5〜6分経って、ようやく当選者が会場にいました。

 

これだけいたんですよと、投票用紙の束を手にする八っちゃん。

 

今年の小江戸川越ハーフマラソンも無事に幕を下ろしました。

 

来年も青空の下で開催されますように!

 

取材・記事 白井紀行&kawa


INFORMATION

小江戸川越ハーフマラソン

【開催】平成29年11月26日(日)8:00〜12:00

【場所】川越水上公園(川越市大字池辺880)/スタート・ゴール

【HP】https://www.koedo-marathon.com/

【FB】https://www.facebook.com/koedokawagoemarathon/

【TW】https://twitter.com/koedo_marathon

川越市大字池辺880

コメントは受け付けていません。