平成の時の鐘の下で食べる熱々「野菜うま煮」〜万久屋〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

国道16号線が直角に曲がる脇田新町交差点。その角にあるロジャース。

mankyuya01

県道160号線からロジャース横を通り抜けようとして目に入った見慣れた建物。

mankyuya02

入倉工務店の「平成の時の鐘」。

この道は何度となく通っていたはずなのに初めて気付きました(^^;)。

mankyuya03

写真を撮りつつ、自然に目に入ったのが「中華万久(まんきゅう)屋」。

mankyuya04

看板がなければ和食のお店のような佇まいです。

mankyuya05

店内も白と黒のモノトーンでセンスよくまとめられています。

mankyuya06

中華を中心になんでもありで、これ以外にもメニューは豊富です。

さらに春巻きや唐揚げを1個とかがオプションとして付けられます。

だから、もう一品もちょっと食べたいなという希望も叶えてくれます。

mankyuya07

しばしメニューを眺めて頼んだのは「野菜うま煮定食」。

mankyuya08

野菜、イカ、エビ、豚肉などの沢山の具に熱々トロリの餡。

いつも思うけど。ウズラの卵のこの存在感はただものではない(笑)

mankyuya09

さまざまな具が醸し出す味と食感の変化。

それらが餡によってひとつにまとめあげられて一体感を成し、ご飯が進みます♪

mankyuya10

うま煮だけで完食してしまいましたが、生卵がサービスとして置かれています。

mankyuya11

本物の「時の鐘」と比較してみました。

平成の時の鐘は細身だけど、通りの雰囲気は想像以上にそっくりですね。

mankyuya12

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

万久屋(まんきゅうや)

【住所】川越市脇田新町9-12

【電話】049-242-1278

【営業】月〜土 11:00〜15:00/17:00〜21:00
    日11:00〜21:00

【定休】12月31日、1月1日、2日(店内の張り紙より)

【HP】http://r.gnavi.co.jp/esmmhn320000/

川越市脇田新町9-12

コメントは受け付けていません。