投稿

川越を舞台にした映画『リ、ライト』 満員御礼のスカラ座で公開!

,
川越を舞台にした川越市市制100周年記念の映画『リ、ライト』がついに、満を持して9月17日(土)川越スカラ座で先行公開になりました。 『リ、ライト』は、元町1丁目で撮影された『おわりはじまり』で「第3回キテミル川越ショートフィルム大賞」を受賞した一ノ瀬晶監督の初の長編劇場用映画。 年老いた孤独な照明職人と自称クラブシンガーの女性が織りなす心の交流を、クラシックジャズの音色とともに描いたヒューマンドラマです。 洋子を演じているのは本作初主演となる、梅宮万紗子。 藤吾役には演劇界の名優、大森博史を迎え、出会い、集う素晴らしさを、クラシックジャズの音色とともにうたいあげています。   なんと!初回上映&舞台挨拶のチケットは完売! 初回上映、9月17日(土)のチケットは完売。 筆者は、チケットぴあでメインキャスト&監督の舞台挨拶付き上映券の先行抽選発売に申し込み、当選したので行ってきました。 初回上映&舞台挨拶のチケットは完売となり、劇場内はもちろん、この映画を待ちに待った人たちで満員でした。 初日はキャスト&監督の舞台挨拶付き上映日! さて、初日はメインキャスト&監督の舞台挨拶付き上映日です! 上映の後にここでしか聞けないバックストーリーが聞けました♬ 上映/15:00~16:56 舞台挨拶/17:00~17:30 会場/川越スカラ座  埼玉県川越市元町1-1-1 登壇者/梅宮万紗子、大森博史、一ノ瀬晶(監督)   ここでしか聴けない『バックストーリー』~舞台挨拶 水崎洋子役 梅宮…

川越を舞台にした映画『リ、ライト』いよいよ公開~Vol.1

,
  川越を舞台にした映画『リ、ライト』がいよいよ9月17日(土)川越スカラ座で公開となります。   『リ、ライト』は、埼玉県川越市を舞台に、年老いた孤独な照明職人と自称クラブシンガーの女性が織りなす心の交流を、クラシックジャズの音色とともに描いたヒューマンドラマ。そして川越が舞台のJAZZ満載の劇場用長編映画でもあります。   映画のストーリー アンティーク照明の修理店を営みひとりで暮らしている野口藤吾の前に、ある日クラブシンガーを名乗る水崎洋子が現れる。彼女は、藤吾の息子・耕輔の子供を身ごもっていると言う。20年前に姿を消した息子から、連絡ひとつ受けたことのない藤吾は素性の分からない洋子を怪しんで、藤吾は洋子を追い返そうとする。しかし、結局、行く当てのない彼女を店に一晩泊める羽目になる。 その出会いはさらなる出会いをうみ、そして、洋子との奇妙な共同生活を通して、他人との交流を避けるように暮らしてきた藤吾の心に少しずつ光が射し込んでくるという物語です。 洋子を「日本独立」の梅宮万紗子さん、藤吾を「魍魎の匣」の大森博史さんが演じています。本作が長編デビュー作となる一ノ瀬晶さんが監督・脚本・編集を手がけました。 舞台は埼玉県川越市連雀町。大正14年にダンスホールとして建てられた建物との出会いが全ての出発点。映画『リ、ライト』では、シャンデリア修理士、藤吾の工房として”影の主役"となっています。旧くて新しい魅力あふれる「小江戸」川越を、一ノ瀬…