川越弁天横丁BooHooWooProject(ブーフーウープロジェクト)

, ,

 

       取材・記事 みつきゆきこ

川越の観光エリアから北の路地裏に「弁天横丁(べんてんよこちょう)」と呼ばれる通りがあります。

 

この通りは、昔芸者の置屋があったといわれていて、その後スナックが並ぶ夜の繁華街でした。この看板をくぐっていくと、右手に崩れかけた建物があります。この三軒連なる家を改修しようというお話です。

 

現在は廃墟となった建物が並ぶ路地裏として、一部の愛好家か地元民が抜け道として利用する生活の道。この通りにある空き家をリノベーションして、アーティストの集まる場所に変えようと、プロジェクトがスタートしました。その名も・・・。

 

川越弁天横丁 Boo Hoo Woo Project (BHWP)

発起人は、昨年弁天横丁にオープンした「ギャラリーカフェ二軒堂(にけんどう)」の工藤芳聖さんと、息子の工藤幾未さん。マスターの工藤芳聖さんは、パズルアートや絵本作家で大工。弁天横丁の古い空き家を自分でリノベーションして、昨年の2017年にお店をオープンしました。

 

▽工藤さんのインタビュー記事はこちら

弁天横丁に新しき息吹~工藤 芳聖さん(大工・アーティスト)~

料理を担当する幾未さんもアーティストで、シルバー中心(今後は皮なども使っていく予定)の作品をデザインしています。この場所が安全な場所に生まれ変わってほしいと、熱い思いを語ります。

 

今後はこちらをインフォメーションボードにして通りすがりの方にも作業予定がわかるようにして行く予定です

 

弁天横丁の空き家となって廃屋と化している三軒(Boo、Hoo、Woo)をきれいに改修して、アーティストが作品を作ったり、発表する場にしたい。

はじめは工藤さん親子だけではじめたプロジェクトでしたが、そんな二人の想いに賛同する人たちが増えていきました。そして6月15日(月)に、第一回目のスタートアップミーティングが開催される流れになりました。

 

川越蔵の会をはじめとする建築関係の方や、町内の方、旭湯プロジェクトでオーライタロー展を二軒堂で開催した黒沢さんやゆききさんなど16名。川越のメディア「小江戸川越STYLE」「川越.TV」「カワゴエ・マス・メディア」も、取材と作業のお手伝いで参加しました。

 

はじめに、工藤芳聖さんのプロジェクトへの想いと、スケジュールについての説明がありました。。早くて2020年秋の完成を目指しますが、手伝っていただける方が多いほど、実現に近づくためプロジェクトに興味がある方を広く集めたいということです。

 

ブーフーウーとは

三匹の子豚のお話から名付けた三軒の家。向かって右手から・・・。

ブー

Boo(ブー)は一番崩れている部分です。

 

Hoo(フー)は真ん中の建物。

 

Woo(ウー)は一番左手。この中では一番傷みがない建物です。

 

 

修復作業の進め方

【Hoo】柱・梁、桁補強工事
【Boo・Hoo】[屋根トタン降ろし] 及び 屋根下地解体
【Hoo】屋根小屋組み 及び 雨仕舞い(ルーフィングまで)
【Woo】作業スペースをHooに移設後、[Woo床解体]
【Woo】床解体&基礎、レベル出しなど
【Boo】[ガラ、Wooの床下に搬入]
【Boo】遺方出し(クイ打ち、カネ&レベル出し)
【Boo】[上棟](原図&トラス製作)
【Boo】雨仕舞い(ルーフィングまで)
【Hoo】2階部分、足場掛け&屋根解体
【Hoo】2階部分屋根、雨仕舞い
【Boo・Hoo】[屋根板金]

 

この工程を見て、ワクワクしてきた人もいるのでは? ほかにも、Hooの土間打ち、建具回収などその後も作業などたくさんあります。太字の部分はとくに人手が必要ですが、それ以外についてもできる限り多くの方に参加いただきたいプロジェクトなので興味ある方はぜひ!

作業しながらのワークショップも開催予定

古民家再生に興味がある方で、ここで覚えたスキルや経験を、川越のほかの古民家再生で役立ててもらえることも考えているとのこと。

また、今後の課題として資金調達があります。クラウドファンディングやほかの方法についても意見をいただきながら、考えていきたいとのことです。

 

もう一つは、修復や片づけといった作業のお手伝い募集についてです。古民家再生に興味がありお手伝いしたい方は、二軒堂さんにいらして、ぜひ現地をご覧になってください。

 

スタートアップの日は猛暑でした。経験者の方は配線を片づけるといった作業をして、他は草むしりをしましたが、人数が多いので、あっという間にきれいになりました。

 

草むしり前は気づかなかったのですが、終わった後に建物を見上げた時「Woo(ウー)」の左手にピンクの花が咲いていることに気が付きました。木槿(むくげ)という花は、「信念」「新しい美」。これからはじまるアーティストのための場所にふさわしいと感じます。

 


Information

ギャラリーカフェ二軒堂

【住所】川越市元町1-16-6

【電話】049-214-6276

【IN】https://www.instagram.com/gallery_and_cafe_nikendo/

 

川越弁天横丁 Boo Hoo Woo Project (BHWP)

【FB】https://www.facebook.com/groups/2616817408562412

 

【リノベーション】弁天横丁BooHooWooプロジェクト①【ワークショップ】

当法人と連携している川越.TVが当日の様子を動画にまとめたものです。