【保存版】川越の見所をてんこ盛り〜カワゴエ・マス・メディア的定番観光コース〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

毎週月水金に川越の様々な顔をお届けしているこのブログ。

そういえば、川越観光そのものは取り上げてなかったなとハタと気づきました。

来月には川越まつりも控えており、今は観光シーズンの真っ最中。

というわけで、川越の見所をてんこ盛りにした観光ルートを考えてみました。

題して「カワゴエ・マス・メディア的川越観光定番コース」をお届けします。

 

西武新宿線・本川越駅

中心街には、川越(JR・東武)、川越市(東武)、本川越(西武)と3つの駅があります。

このコースでは、蔵の街に一番近い西武新宿線「本川越駅」からスタートです。

.

本川越駅観光案内所

改札を出たら右手に「本川越駅観光案内所」があります。

.

こちらで地図やパンフレットをゲット。

.

駅前はロータリーになっていて、ここからバスに乗って蔵の街(一番街)へ行けます。

.

徒歩なら本川越駅前の交差点をまっすぐ進めば一番街ですが、

.

本川越駅東口から出たところにある横断歩道を渡ってみましょう。

.

工事中のフェンスの横の路地を通り抜ければ、

.

クレアモール

一直線に南北1.2Kmの商店街が連なる「クレアモール」川越有数の商店街。

こちらをまっすぐ進むと川越駅へと続きます。

【HP】http://www.creamall.net/

左手にチラッと見える「丸広百貨店」

路地を出て左折して、進路は北へ。

.

横断歩道を渡って、

ちなみにここを右折すると喜多院へと行けます

そのまま、まっすぐ進む。

.

川越市産業観光館 小江戸蔵里

小江戸蔵里(くらり)は、旧鏡山酒造にあった3つの蔵を当時の面影を残して改修した施設。

【HP】http://www.machikawa.co.jp/

新富町一丁目の山車蔵もあって、横から中が見えます

明治蔵では川越みやげ、大正蔵にはレストラン、昭和蔵では地元野菜や総菜が買えます。

.

広場では土日を中心に何かしらのイベントが開催されています。

どんなイベントが開催されているかは、蔵里のブログをごらんください。

http://blog.livedoor.jp/koedokurari/#

この日(9月18日)は豆本展が開催されていました

ちょっと寄り道

小江戸蔵里をでて更に北へ。

.

「ひろ接骨院」の建物が見えたらちょっと寄り道。右折してみましょう。

.

路地に入ったらすぐに目に入るのが背の高い2本の樹。

.

出世稲荷神社

京都伏見稲荷の分社で、その名の通り「出世」のご利益があるパワースポット。

もちろん、伏見稲荷同様に五穀豊穣や商売繁盛のご利益も。

境内には松江町一丁目の山車蔵があります

この神社は別名「いちょう稲荷神社」。樹齢650年の大イチョウの樹が立っています。

樹高は26.5メートル。黄色く色づく秋が特に見頃!

出世稲荷神社への道中には、「大学いものいわた」。川越名物のお芋です♪

.

元の道に戻って、ディリーホテルの先。

.

大正浪漫夢通りへと続く石畳が見えてきます。

.

川越熊野神社

やがて左手に見えてくるのが「川越熊野神社」

室町時代に紀州熊野本宮大社から分祀された開運・縁結びの神社です。

.

参道に埋め込まれた石の突起の上を歩いてツボを刺激する「足踏み健康ロード」

小さな石の方が痛くて思わず悲鳴!

境内には拝殿のほか境内社が数多くあり賑わいを感じます。

.

加祐稲荷神社の運試しの輪投げ、横にはお金を清めると金運アップの銭洗弁天の宝池などなど。

さながら神社のテーマパークといった様相。

毎月第3日曜日は厳島神社(銭洗い弁財天)の縁日で神楽殿でお囃子も披露されます。

.

境内を通って中央通りに出て振り返れば、連雀町の山車を見ることができます。

.

川越中央通り「昭和の街」

どこか、懐かしい光景が広がる中央通り。

昭和8年、中央通り開通当時に建てられた商店が立ち並び「昭和の街」と名付けられています。

.

蓮馨寺

「川越昭和の街」の中心的な存在が蓮馨寺(れんけいじ)。

このブログでも、川越Farmer’s Market、昭和の街の感謝祭、狐宵祭などで度々登場。

【HP】http://renkeiji.jp/

.

この日は、毎月18日の「ごえんの日」ということで講堂前では手作り市が開催。

また、8日、18日、28日は、川越きものの日でもあるので講堂では催しやサービスも。

この日に着物で川越で訪れると様々な特典があります

立門前通り

蓮馨寺の参道は立門前通り。「昭和の街」に後ろ髪を引かれますがこっちへ行ってみましょう。

.

旧鶴川座

明治後期に建てられた築100年を超える芝居小屋が「旧鶴川座」

首都圏では唯一残る木造の芝居小屋で中には、当時の遺構が残されています。

現在は閉鎖されており、今後どう利用していくかが課題です。

.

大正浪漫夢通りへ

さらに進むと御影石の石畳の道、「大正浪漫夢通り」に差し掛かります。

【HP】http://www.koedo.com/

.

大正から昭和初期にかけて建てられたレトロな建物が並びます。

電線が地中化されており車の通りも少ないので広々と歩けます。

.

小川菊

大正初期に建てられた市内でも珍しい木造3F建ての建物は、うなぎの「小川菊(おがぎく)」

店先にはいつも行列ができています。

【HP】http://www.ogakiku.com/

.

その先、大正浪漫夢通りの北の端には、パルテノン神殿を思わせる柱。

.

川越商工会議所

この威風堂々とした姿は昭和3年に武州銀行川越支店として建てられたもの。

当時の金融機関が好んで建てたルネッサンス・リバイバル様式の意匠です。

車の往来が多いので写真を撮るときは注意!

仲町観光案内所

川越商工会議所の目の前は、仲町観光案内所。

ここは、旧志義町通りといって蔵造りの町並みを形成しています。

【HP】http://www.city.kawagoe.saitama.jp/shisetsu/kanko/kankoannaijo/nakachokankoannaijo.html

.

仲町観光案内所は「旧笠間家住宅」を改修した土蔵造りの建物。

蔵造りの商家の様子を見れるので、観光情報の収集と合わせて、ぜひ、立ち寄りたい。

運が良ければこちらで展示会もやっています

建物の中を通り抜ければ趣きのある庭園へと続きます。

.

さらに進めば鍛冶町広場、目の前には鉄筋コンクリート3F建ての建物「旧山吉デパート」。

丸の内の赤煉瓦オフィス街を始め多くの住宅建築を手がけた「保岡勝也」の作品です。

冒頭でクレアモールを紹介したときチラッと見えた「丸広百貨店」は、ここが原点。

川越一番街商店街

さあ、ここからが川越観光の目玉。蔵造りの街並みが続く「一番街商店街」です。

【HP】https://kuradukuri.com/

.

電柱もなく青々とした空が広がる一番街商店街。

.

やがて右手に見えてくる青銅色の塔屋を持った洋風建築の建物。

.

埼玉りそな銀行川越支店

大正7年に旧国立八十五銀行(現埼玉りそな銀行)として建てられました。

こちらも先ほどの旧山吉デパートと同じ「保岡勝也」の設計です。

銀行の裏手の通りにもう一つ「保岡勝也」が設計した「旧山崎家別邸」があります

中市本店

埼玉りそな銀行の前のお店には、何やら長い行列。

.

テレビの旅番組などでは必ず紹介される「中市本店」のねこまんま焼きおにぎりの行列です。

【HP】http://www.nakaichi-h.com/

.

陶舗やまわ

さらに一番街商店街を進むと蔵造りの町並みのハイライト。

明治26年に建てられ現存する入母屋形式の土蔵造りでは日本最大級の「陶舗やまわ」の店蔵。

まるで、背後に連なる蔵造りの建物を牽引しているよう。

.

信号機を右折。ちょうど、レトロバスが顔を出した通り。

.

時の鐘

川越のシンボル「時の鐘」。今年、57年ぶりの「平成の大改修」を終えました。

朝6時、12時、15時、18時の1日4回、鐘の音が蔵の街に響きます。

【HP】http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/kurazukurizone/tokinokane.html

.

今は工事の覆いに隠れてしまってますが、地元民はこちらからの角度が好みです。

.

小江戸おさつ庵

時の鐘を背に歩けば目に付く長い行列は「小江戸おさつ庵」

.

見た目もインパクトのある「おさつチップス」は鐘つき通りのニューカマー。

.

さて、行列に沿って、そのまま小道に入ってみましょう。

.

そのまままっすぐ進むと右手に「ハツネヤガーデン」、左手に「牛若丸の山車蔵」

.

川越スカラ座

その手前を右に入れば、明治38年に寄席「一力亭」として開業した映画館「川越スカラ座」。

厳選された上映作品、名だたる監督の舞台挨拶、映画のテーマに合わせたイベントなど。

川越市民の拠り所として愛されている映画館です。

【HP】http://k-scalaza.com

.

モダン亭太陽軒

こちらの路地に入るもう一つの理由がこの「モダン亭太陽軒」の建物。

大正11年に建てられた桜色の漆喰とステンドグラスは必見です。

【HP】http://www.kawagoe.com/taiyoken/

.

路地を通り抜けると広い通り、旧川越街道に。前方にそびえる建物が「川越市役所」。

.

川越市役所

川越市役所が位置するのはかつての川越城の西大手門。

この道路を先に進めば、かつて城下町だったことを示す「川越城本丸御殿」へ。

【HP】https://www.city.kawagoe.saitama.jp/

.

川越城や江戸城などの築城で知られる室町時代後期の武将「太田道灌」の像。

.

そして、石板には川越城図が描かれ、城下町だった当時を偲ばせます。

.

市役所前の道路を西へ。道路沿いは店が立ち並び特徴ある風景を醸し出します。

.

旭湯

高い煙突が目印の「旭湯」。こういう昔ながらの銭湯は、川越でもここ一軒だけになりました。

.

さらに西へ。

.

札の辻交差点

左右を横切るのが一番街商店街から続く道。

ここには、幕府や川越藩からの「お知らせ」などを掲示する高札場が設けられていました。

川越まつりでは、何台もの山車が東西南北からこの札の辻に集結。

激しい「曳っかわせ」が見られるポイントの一つです。

.

(公社)小江戸川越観光協会

札の辻の一角に位置するレンガ壁の建物が「小江戸川越観光協会」

【HP】http://www.koedo.or.jp/

.

ここから南下して、再び、蔵造りの街並みへ。

.

大沢家住宅

蔵造りでイメージする外観とは異なりますが、築225年前という最古の蔵造りが「大沢家住宅」。

明治26年の川越大火後に蔵造りが広まったのは、この建物が消失を逃れたのがきっかけです。

.

川越まつり会館

今年の川越まつりは10月14日、15日の2日間。

その川越まつりの雰囲気をいつでも味わえるのが「川越まつり会館」

館内には常時2台の山車が展示され、土日にはお囃子も披露されます。

【HP】http://www.kawagoematsuri.jp/index.html

.

路地巡り

川越散策で楽しんでもらいたいのが路地巡り。

コーヒー、お茶、小物雑貨、アンティークなど魅力あるお店が並んでいます。

.

帰りは裏通りを歩くのもオススメ

人通りや車の往来の激しい一番街。路地を抜けた石畳の裏通りならゆっくり歩けます。

.

松本醤油商店 

裏通りを歩けば、また、これまでとは違った蔵造り。

天然醸造2年仕込みの「はつかり醤油」を製造する250年続く蔵元「松本醤油商店」

平日なら13時、土日祝は13時、14時、15時に店の前に来れば醤油蔵を見学できます。

【HP】https://www.hatsukari.co.jp/

.

 松本醤油商店を通り抜けたら左折。

.

仲町交差点から北を見れば、一番街商店街。

.

南を見れば中央通り。南下すれば、出発地の本川越駅へと戻れます。

さあ、昭和レトロな建物を眺めながら帰路へと着きましょう。

.

カワゴエ・マス・メディア的川越観光コースはいかがでしたでしょうか?

また、機会を見つけて川越の街を散策するルートをご提案できればと思います。

取材・記事 白井紀行

 

  

コメントは受け付けていません。