MUSIC TO THE FUTURE 予選会「結果発表!」

記事・白井紀行/写真・動画 加藤貴博

 

MUSIC TO THE FUTURE 2019とは?

カワゴエ・マス・メディアでは、川越の街を音楽の力で活性化をすることを目指した「MUSIC TO THE FUTURE」に取り組んでいます。

これは、アーティストが演奏できる大舞台の獲得を目指しバトル形式で行う音楽イベント。

2018年の第1回では、予選会、決勝戦を勝ち抜いた4組のアーティストが11月11日にかわごえ産業フェスタ中央ステージに立ち、来場者からも高い評価を得ました。

 

2019年は、11月2日(土)にアトレマルヒロ屋上特設ステージで開催する屋外フェス『MUSIC TO THE FUTURE 2019 in  アトレマルヒロ』を始め、所沢市民フェスティバルや川越市の秋のビックイベントの出場権の獲得を目指してのバトルとなりました。

その予選会が5月11日、12日の2日間に行われ、総勢40組のアーティストが参戦。決勝に進出する5組と審査員特別賞1組が決定したので発表します。

 

予選会参加者

5月11日(土)11:00〜16:00

有谷友作/ 美郷/たっちー/ポテぴーす/小川桃果 /たむらかすみ/深井堂弘/清水風香 /mimi’s(みみず)/Mina/JーMIX/もちつもたれつ/宝田ヨシエ/アズリア/田中仁菜 /丸山永司/mei to yasuha/カリッシュ/シュガー/有梨(出演順、計20組)

5月12日(日)11:00〜16:00

Black Diamond Factory/大畑咲穂/Toshi-HI-Low/ナナエ/meranko(メランコ)/仲真弘withコンドウユウジ/稲葉一良/高田 虎太郎/武蔵/orange rings/かわずたいが/Aki♡/ じょじょ来夢/hal/ハイボー/福芽々/あや先生/ひらっち/小林颯太/たけぞう(出演順、計20組)

予選会は1人10分の持ち時間で、自己PRと演奏を行いました。

※当日の模様は、後ほど動画でもご覧いただけるよう鋭意編集中です!

 

審査員

年齢、性別、構成、ジャンルなど個性豊かなアーティストを審査したのはこの2人。

MEYOUさんとTAONさんです。

※この2人に加え、両日とも審査員補助が1名つきました。

MEYOU

2002年3月にアメリカでアルバム「Infinity~無限~」でデビューし絶賛されたR&B歌手。

2004年3月にVenus-B(キングレコード)よりメジャーデビュー!!

2017年6月に10年ぶりのソロアルバム〜Sea muse〜をリリース

現在、約200人にボイストレーニングをしているカリスマ・ボイストレーナー。

詳しくは公式サイトにて ▶︎ http://meyou.osaka-j.net/ 

 

TAON

韓国出身のコスモポリタン・シンガーソングライター。

2017年12月に初フルアルバム 『TAON』で全国デビュー。

2020年1月に上映予定の映画『サクラ咲く』の主演決定。

女子フットサルチーム・ポルコ応援歌『GO!GO!ポルコ〜令和を駆け抜ける〜』を製作。

本庄および狭山ケーブルテレビにてMCを務めるなど多方面で活躍中

詳しくは公式サイトにて ▶︎ http://taon.work/

 

お待たせしました予選通過者の発表です!

注)出演順です。また、各組にMEYOUさんから一言コメントがあります。

ポテぴーす

小学生の女の子二人組のポテぴーすです!

今年から活動始めたばかりのホヤホヤです!

地元川越を歌とダンスで盛り上げたいです!

【Instogram】https://instogram.pro/user/pote_piece

可愛くて華やかだけではなく衣装、MC、振り付けまで真剣な気持ちが入ってそこに心うたれました。

 

丸山永司

主に横浜方面で歌っているシンガーソングライター。

【HP】http://maruyamaeiji.hatenablog.com/

【TW】https://twitter.com/774ae

MC も歌も歌詞も世界観が確立され10分では足りない位審査員3人とも魅了されました。

 

カリッシュ(Currish)

2014年9月に誕生した日本の女性3人組のアバターアイドルグループ。

サワグチカズヒコと札幌スープカリィの店ピカンティによる共同プロデュース。

【HP】https://currish.jimdo.com/

技術面がしっかりした中での人を笑顔にするパフォーマンスはとても心地よく安心して観れました。

 

高田虎太郎

高校生の頃より川越を中心に音楽活動を開始したシンガーソングライター。

川越DEPARTURE、川越Rotom、小江戸蔵里にてワンマンライブを開催。

ポップスはもちろん、バンジョーを用いたカントリー調の音楽を演奏。

【HP】https://kotaromusic.wixsite.com/takada-kotaro

【TW】https://twitter.com/day_tora

自分本位ではなく居合わせてるみなさんを楽しませようとするエンターテイメント精神が良かったです。

 

武蔵

カバー曲を主とする他、自身の楽曲では独特の世界観を展開。

現在はソロギター、弾き語りを中心に関東にて活動中。

逸脱したギターの技術の中に和を感じその中に情熱も感じられ引き込まれました。

 

福芽々(特別賞)

ふくだあつやのあだ名フクとふくだめぐみのあだ名めめが福が芽生えるようにと福芽々というアーティスト名で夫婦ユニットとして2012年12月活動スタート。福が芽生えるようにというこの川越の街に未来を、いつものスタイルで子どもたちも一緒にステージに立って4人で1つになって他のアーティストにはないスタイルで予選突破を目指します。

家族で奏でる愛に溢れた音楽はとても温かい音色で誰もが幸せになりました。

※福芽々は次点(決勝戦20組で欠員が出た時に進出します)

 

TAONさん総評

審査の中でも重要視させていただいのは「音楽性、個性、インパクト」でした。 皆さま一人一人が皆、素晴らしかったので、本当に選ばせていただくのが大変難しかったです。 皆さまのステージを見て、私自身も大変勉強になりました。 アーティストの皆様ありがとうございました。

 

決勝戦は6月8日(土)ウニクス南古谷で

MUSIC TO THE FUTURE 2019 in アトレマルヒロに出場できるのは6組。

その出場権を獲得するための決勝戦が6月8日(土)にウニクス南古谷で開催されます。

昨年の様子です

 

決勝大会に進出するのは次のいずれかから選ばれた計20組です。

  1. 川越およびその近辺のライブハウスなどからの推薦11組
    • コバヤシメロウ/ユサマチ/システム、オール、グリーン/板橋晃紀[Acoustic House おとなり(三芳町)]
    • maya[川越DEPATURE(川越)]
    • ひらめきポジティ部踊りcrew[川越Rotom(川越)]
    • 曽我礼子&Michell/Rintaro feat Hiroki[Jammin’(川越)]
    • inemuri[レトロポップ(東松山)]
    • 池永芽/安藤百萌 [Pao Pao(富士見市)]
    • かおり&明日菜(MMA)
  2. MTTF2018の上位入賞者3組(Himuro/espoir/小林だいふく)
  3. 予選会選抜5組(ポテぴーす、丸山永司、カリッシュ、高田虎太郎、武蔵)
    ※1〜3で欠場が出た場合は、福芽々が出場します。

【開催場所】ウニクス南古谷特設ステージ(川越市泉町3番1

【開催時間】2019年6月8日(土)11:00〜16:00

【審査方法】1組あたり最大10分で自己PRと演奏
      100満点で1〜6位の組を決定。
      同点の場合は審査員による話し合いにより決定

【優勝賞金】最高得点を獲得した1組に優勝賞金 20,000円を授与

【入賞特典】上位入賞者には次の特典があります。

  • 特典その1
    川越市で秋に開催されるビックイベントの中央ステージ出演/開催日程は後日発表
    (2日間で延べ2万人が来場するイベントです)
  • 特典その2
    所沢市民フェスティバル@所沢航空記念公園のステージ出演権
    10月26日(土)27日(日)開催(2日間で延べ23万人が来場)
  • 特典その3
    インターネット放送「ラジオぽてと MTTF」への出演

観覧は無料です。是非、遊びに来てください!

 

お問い合わせ先

【主 催】MUSIC TO THE FUTURE 2019実行委員会

【委員長】加藤貴博 http://katoyan.com/

【事務局】株式会社 ON THE STORY http://onthestory.jp/

【広 報】NPO法人 カワゴエ・マス・メディア

【電 話】070-5464-8971(加藤貴博)

【メール】katou@onthestory.jp

協賛・協力・協力店

【協 力】アトレマルヒロ  https://www.atre-kawagoe.com/

【協力店】チラシ配布、アーティスト選出、審査員ほかでご協力