コーヒーを片手に同じ空間と時間を共有できる場所〜RAG CAFE〜

.Share on Facebook2.7kTweet about this on TwitterShare on Google+0

賑やかなクレアモールと並行する八幡通り。

どこか落ち着いた雰囲気が漂い、個性的なお店が点在する通りです。

川越八幡通り

.

その雰囲気を牽引するシンボル的な建物。

1Fには洋服と雑貨のsokonowa、庭には小さなイタリアンcopoli。

RAGCAFE,ソコノワ,Copoli

なぜか心が惹きつけられる外観

建物をもっとも印象づけている外階段を上っていくと、左手はアメリカ古着plastered。

ソコノワ,RAG CAFE,copoli

.

そして、右手にあるのがコーヒーハウスRAG CAFEです。

RAG CAFE

.

 RAG CAFEといえば台湾の屋台料理『魯肉飯(ルーロハン)』。

そんなイメージが勝手に頭の中にあったので迷うことなく注文。

ポカポカと暖かい日だったので、飲み物はアイスコーヒーにしました。

魯肉飯

.

野菜の味が生かす、オリーブオイルと塩のドレッシング。

野菜サラダ

.

いよいよ、『魯肉飯』を食します。

魯肉飯

緑の葉っぱはパクチー(添えるかどうか選べます)

ゆで卵を突き崩してどうぞとのこと。

魯肉飯

スプーンを当てると思わぬ弾力

やがて、2つに割れて半熟の黄身がトローリと流れ出します。

.

じっくり煮込んだ豚肉の甘辛を味わう舌。

軟骨を歯でコリコリと小気味好く噛む音。

五香粉の香りがほのかに鼻を抜けていく。

顔のパーツを総動員して『魯肉飯』を堪能させて頂きました。

魯肉飯

.

丼をたちまち空にしてお腹一杯、ほっと一息。

よく冷えたアイスコーヒーを飲みながら、しばし余韻に浸りました。

アイスコーヒー

.

中に入って腰を落ち着けると隣のテーブルはもちろん知らない人同士。

だけど、今にも仲間同士のように会話が始まりそうな雰囲気が漂う

コーヒー片手に皆んなで同じ空間と時間を共有しているような錯覚に陥る。

それがこのRAG CAFEの魅力なのかも知れません。

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

RAG CAFE

【住所】川越市南通町16-5ヨシダビル2F

【電話】

【営業】日〜金 11:30〜19:00 土 11:30〜22:00

【定休】木曜日

川越市南通町16-5

コメントは受け付けていません。