川越ラーメン

川越の名所「時の鐘」を見たら川越の名物を食べよう!〜餃子菜館 大八〜

川越のシンボル「時の鐘」は、必ずその姿を見上げて写真に納めます。 「時の鐘」の前の「鐘撞き通り」はいつも大勢の人で賑わいます。 通りの左右には飲食を中心としたお店が並んでいて、その一つが「餃子菜館…
きつねうどん

思わず「ただいま」といってしまいそう。心も体も温まるうどん〜平澤屋〜

七福神巡りの道中でランチをと思っていたら、なんとなく、そのまま回ってしまう。 時刻は午後3時過ぎ。 しっかりと食べる時間でもないけど、コーヒーだけで済ますのも物足りない。 そんなことを考えながら中央通商店街をブラブラ。 すると、目に飛び込んできたのが「うどん」の文字。 そうか、「うどん」という手があった。 これだと、そんなに重くはないし、冷えた体を温めることもできる。 うん、いいぞ、よし、ここにしよう。 暖かい店内に入りお茶を飲んでほっと一息。 「たぬき」か「きつね」か…。よし、きつねにしよう。 本日の小鉢は、ごぼうの煮物。程よい味つけでほっとする。 きつねうどんは、シンプルながらも菜の花が季節を感じさせる。 ゆずの風味が良いアクセント。 おかみさんと七福神巡りに行って来たことなどとりとめのない話しをしながらうどんをすする。 いいなあこの感じ、まるで実家に帰って来たようだ。 「はい、これサービス」とリンゴを剥いてくれました。 今度来た時は、つい、「ただいま」と言ってしまいそうだ。 寒空の中、身も心も暖かくなった「きつねうどん」でした。 WRITER…
ナン

何なんだ〜! このナンの大きさは!?〜ニュープージャ〜

蓮馨寺の立門前通りを真っすぐ進むと明治43年に開設された旧川越織物市場があります。 入り口にあった建物が撤去されて随分すっきりしましたね。   その直ぐ近くにあるのが、インド・ネパールレストラン&バー ニュープージャ。 ちょっと気づき難いので、道路に立っている看板が目印。   お店の外観。店内も緑を基調としたデザインです。   今日は細君と二人で来たので、7種類から1種類が選べる800円のAセットを注文。 「チキンカレー(辛口)」と「ベジタルブル(普通)」をそれぞれセレクトとしました。 Aセットはサラダ、カレー、ナンまたはライス、ドリンクが付いています。   こちらがチキンカレー。   そして、こちらがベジタブルカレー。 一口もらいましたが、普通は、マイルドな辛さでした。   ここの特徴はナンがとにかく大きいこと。 バスケットからはみ出ていますが、実際に食べ始めるとペロリと行けちゃいます。   スマホと比較してみましたが、大きさが伝わるでしょうか? 立ち上がらないと写真が撮れなかったです(笑)   ナンをちぎったら、カレーをたっぷり付けて頂きます。 辛口ですが、少し甘めのナンが直ぐにその辛さを消してくれます。 だから、ナンが大きくてもどんどん食べ進めて行けます。   チキンの味も楽しみましょう♪   もし、辛みがたりなければ、こちらをちょっと入れてみて下さい(唐辛子系の辛みです)。   食後はインドの紅茶であるチャイを頼みました。 川越にはたくさんのインド・ネパール系のレストランがあります。 カレーはいつ食べても美味しいので、お勧めのお店がありましたら教えて下さい♪   WRITER…
クリームパスタ

リーズナブルに本格パスタが味わえる〜イタリア創作レストランfelicita〜

新年最初のグルメは、ランチポケットシリーズからイタリア創作レストラン「felicitia」です。 場所は川越駅西口から歩いて5分位。 NTT東日本の電波塔を目印に歩くと国旗と大きな看板が見えてきます。 お店は右手の階段を上がって2Fになります。 ランチポケットの対象は、Aコースのパスタ・ドリンクのセット。 ランチポケットを利用しなくても¥600とはリーズナブルです。 パスタはトマトとクリームが選べるとのことなので、クリームパスタをチョイス。 パスタは細麺でクリームソースに良く絡ます。塩気も程よい感じです。 クリームソースが美味しかったので追加でバケット(\100)を注文。 セットのドリンクは紅茶にしました。 店内はとても広く、女性好みの落ち着ける雰囲気のあるお店です。 窓際のテーブルでは女子会が開かれていました。 おいしいパスタが食べたくなったらまた来ようっと♪ WRITER…
カレーうどんセット

寒い日は釧路のカレーうどんを食べてあったまろ〜港町食堂〜

川越市駅で降りて六軒町交差点から中心街に行く道すがら。 お昼をどうしようかなと歩いていると目に飛び込んで来た「港町食堂」の看板。   川越で港町? 名物カレーうどん!? カレーうどん、丼ぶり、串カツのカレーうどんセット!! 疑問符から感嘆符へと微妙に感情を変えながら店内へ。   店内はカウンターだけのこじんまりとしたお店。 大竹まことのゴールデンラジオが流れ、昼下がりの雰囲気を漂わせています。 今年の2月13日の大雪の日にオープンしたとご主人。   カレーうどんセットの丼は、ネギトロ丼か釜揚げ白子・明太子丼が選べます。 こちらは、釜揚げ白子・明太子丼です。   トロリとしたカレーの中に白いうどん、そこに糸唐辛子が添えられていて食欲をそそります。 ん!!(と、なんか感嘆符が多いですね(笑)) とても、辛さの中に優しくて深みのある甘みが感じられます!!! スープに柔らかめのうどんが良く絡みます。   串揚げはお肉と玉ねぎ。サクッと揚がっています。   そして、釜揚げ白子・明太子丼と、この組合せはお得ですね♪   夜の定食は、居酒屋で一品料理、お刺身、揚げ物、焼き物/炒め物といったおつまみで一杯。 鮪カマの煮魚定食、ホッケの焼き魚定食、野菜炒め定食といった食事もできます。 今度は夜にふらっと立ち寄ってみたいですね。 誰か一緒に行きませんか? WRITER…
チキンカツ定食

「良い、美しい、可愛い、豊か」に「美味しい」も加えたい〜美利河〜

霞ヶ関駅南口から歩いて7〜8分。 東京国際大学を過ぎるとまもなく見えてくるのが角栄商店街。   万国旗がはためき昭和の香りを残すお店や看板が連なります。 そんな通りの景色を眺めながら角栄商店街を抜けて…。   霞ヶ関幼稚園も通り過ぎて…。   その先にあるのが今年の10月にオープンしたばかりの「美利河(ピリカ)」 アイヌ語で「良い、美しい、可愛い、豊かだ」という意味。 オーナーさんが北海道の北見市の出身でこの名を付けたそうです。 一度聞くと響きも良くて忘れない言葉ですね。   町の定食屋&夜は居酒屋というたたずまい。 だけど、メニューを見ると、とろこどころに手のこんだ料理が見受けられます。   店内のカウンターは黒でまとめられ、食事やアルコールが落ち着いて楽しめる雰囲気。   いつも日替わり定食やお勧めをだけど、今日は目に飛び込んで来た「チキンカツ定食」にしよう。 目の前でパン粉を軽く叩(はた)き大きな鶏肉を揚げてくれます。 ソースを全体に掛けて、軽くレモンを絞って。 いただきます! わぁ、箸で切れそうなくらいに柔らかくてしかもジューシーで美味しい! そして、豚肉と白菜の煮物の小鉢がしっかりとチキンカツをアシスト。 食事が終わった後も人柄の良い女将さんと落ち着ける店のおかげでついつい長居してしまう。   美利河(ピリカ)には、カウンターの他にテーブル席もあります。 メニューといい、部屋のインテリアといいこれはただの居酒屋ではなさそうです。   それもそのはず、オーナーさんは洋食・フレンチ・イタリアン40年のシェフ。 前日までに電話でお願いしておけば、パスタなどのメニューにも応じてくれるそうです。 ピリカは、「良い、美しい、可愛い、豊か」を意味するアイヌ語。 更に「あったかい」「美味しい」という意味が加わって霞ヶ関で定着する予感♪ WRITER…
お好み焼きと高菜ご飯セット

ふんわり熱々のお好み焼きをハフハフして召し上がれ〜お好み焼きかぶや〜

仲町交差点。 このまま真っすぐ行くと蔵造りの街並が連なりますが、今日は右折します。 こちらの通りもまた趣きがあっていいですね。 卵焼きで有名な「おはな」、その隣りは仲町観光案内所、鰻の林屋と続きます。 向い側は、川越商工会議所の建物があります。 その先のT字路の角にあるのが「かぶや」です。 ちなみにこのまま真っすぐ進むと「川越の夜を鮮やかに彩るイルミネーションを巡ってみよう」 で紹介した「川越キリスト教会」で左折すると「中成堂歯科医院」です。   少し分かり難いですが、看板には店の屋号である蕪の絵が描かれています。   いつもならランチポケットですが、今日は土曜日なのでランチパスポートVol.2を使いました。 対象のメニューは「お好み焼きとちりめん高菜ごはん」のセットとどちらでも同じです。 飲み物にウーロン茶が付いています。   厨房でなくテーブルに備え付けの鉄板でおかみさんがお好み焼きを手際良く仕上げます。 そして、でてきた「お好み焼きとちりめん高菜ごはん」のセット。   かつお節が踊っている熱々ふわふわのお好み焼き。   食欲をそそる高菜ご飯♪   お吸い物に白菜のお漬け物。これは、きっと、自家製でしょうね。 そして、デザートにうれしいあんみつも付いています。   それでは、いただきます。 お好み焼きは家でも作りますが、こんな風にふんわりとはいきません。   店内には川越まつりのポスターがずらりと貼られていたので、できあがるまで眺めてました。 ごちそうさまでした。 WRITER…

できたて熱々をその場で召し上がれ〜おやきの細田屋〜

長野を旅すると「おやき」という看板を至る所で目にする。 小麦粉や蕎麦粉を薄く延ばした皮で小豆や野沢菜などの餡を包んで焼いたものである。 川越でも売っている所があったなぁと思い改めて調べて月吉町の「細田屋」に云ってきました。 閑静な住宅街を通り抜け十字路に差し掛かると道を鶏が闊歩。 少林寺拳法練成道場川越道院で飼われている鶏で庭に何匹も放し飼いされてました。 道場に通う子供が追い回していたけど、この鶏を使って修行してるんじゃないですよね(笑)   と思わぬ出会いに驚きながらそのさきに「おやき」の旗と看板を発見。   その先を曲がると「細田屋」に到着。   見ての通り民家の庭先に小さな店を構えての営業です。   メニューは定番のあん、のざわな、なすの他、チョコやリンゴジャムなど様々。 川越らしくいもあんもあって全23種類あります。 細田屋は、2014年4月5日のぶらり途中下車の旅でも登場。 http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_2682172.html このときは、22種類とあるからまたひとつ増えたのでしょうか?   いもあんをその場で食べることにし、みそ、チーズあんを持ち帰りで注文。 それぞれを鉄板の上で焼いていきます。   ほどなく焼き上がったら蓋をして蒸し焼きにし、両面に焦げ目が付いたらできあがり。   さっそく熱々をいただきます。   おやきといってもずいぶん平べったく、これは、長野ではなく秋川渓谷のスタイルだそうです。 これなら2〜3枚はペロリといけるので味のバリエーションが楽しめそう。 待っている間に「甘夏を持って来たよ」と店の人に声を掛けたりと近所の方も常連のようです。   持ち帰り分は電子レンジで温めていただきました。   チーズあんとみそ。できたての熱々さにはかないませんが素朴な味がお茶に良く合います。 また、小腹が空いたら買いにこよう。今度はチョコとリンゴジャムかな? WRITER…
トムヤムクンラーメン

レトロな建物でいただく異国の味〜タイ料理レストラン「ランマイ」〜

12月に入りランチポケットシリーズも第3弾(12月5日発売) よって、このシリーズもシーズン3に突入します。 さて、この写真でどこをお店か分かりますか? ヒントはこの文様が美しいアルミ製のコップ。 タイ料理レストラン「ランマイ」に来ました。 こちらからの写真だとピンと来なくても…。 川越市駅の方から撮った写真だと分かりますよね!? 昭和2年建築の六軒町郵便局としても使われていた建物。 国の登録有形文化財に指定されています。 1Fはイタリアンレストラン「リストランテ…