投稿

ウェスタ川越大ホールに立つための熱き戦い〜お笑いグランプリVol.3(予選会)〜

,
取材などで何度か訪れたことのあるウェスタ川越のリハーサル室。 ステージに立ち整然と並べられた椅子を見て、ぞくっとする恐ろしさを感じてしまう。 間も無くここで始まるのは、「KOEDOお笑いグランプリ」予選会。 32組が10月21日(土)の決勝大会に用意された10組枠を勝ち取るために争うのだ。 笑いの世界は怖い。リズム、テンポ、ネタが調和してなければ、笑いは起きない。 ひとつでも外せば、白けた冷たい視線の中で演じ続けることになるのだから。 大勢のお客さんが見守る中、大ホールのステージに立つための戦い。 まもなく、その火蓋が切られようとしている。 刮目せよ!川越決戦「KOEDOお笑いグランプリ(予選会)」始まりです! 軽快な音楽とともに司会の「千葉チューセッツ」がステージに登場してルール説明。 漫才、コント、落語、モノマネ、歌ネタ。面白ければなんでも誰でもOK!。持ち時間は3分。 審査委員長は、ウェスタ川越館長の柏瀬明彦さん、構成作家の内田崇文さん。 構成作家の鏑木将宣さん、イベントプロデューサーの大川剛志さん。 以上、4名の審査員で1人の持ち点が最高10点での審査。 上位10組が10月21日(土)ウェスタ川越大ホールで行われる決勝戦に出られます。 予選Aブロック(10組) #1…

天に昇る祈願札に願いを込めて〜雀ノ森富士浅間神社のお焚き上げ〜

,
世界遺産に登録されるまで、富士山の閉山日は9月1日(現在は9月10日)。 それに合わせて行われてきた新宿町にある雀ノ森浅間神社のお焚き上げ。 明治18(1885)年に神社が創建されてから130年以上続く伝統行事です。 仕事を早めに切り上げて到着したのは19時半過ぎ。 雨がパラついていましたが、盆踊りの曲が流れて賑やかに開催されていました。 参道を通って境内右手には祭壇が設けられていましたので、まずは、こちらに参拝。 続いて、雀ノ森氷川神社にも参拝を済ませました。 祈願書に住所と名前を書き、祈願したいことを丸で囲む。 祈願は家内安全、交通安全、病気平癒、商売繁盛、身上安全、試験合格とあります。 祈願料は1件につき300円を納めます。 雨が激しくなってきたので踊りは早めに切り上げ。 境内にはおまつり屋台が幾つも立ち並んでいます。イカ焼きのいい匂いが鼻をくすぐる。 神楽殿では新宿囃子連のお囃子とともに獅子舞が舞い踊る。 モドキ、天狐と演者が続きます。 お囃子に見入っていると参道に白装束を着た氏子の行列が富士塚に向かっていました。 鳥居の前で二拝二拍手一拝をした後、富士登山。 頂上にある祠の前で祈祷を上げます。 富士登山を終えた氏子さん達は、境内に設けられた富士浅間神社の仮宮へ。 腰につけた鈴が小川の流れのような軽やかな音色を響かせます。 本殿前での祈祷。時折、歌のような節も聞こえます。 祈祷を終えた氏子さん達。手に手に長い竹箸を持って移動。 境内中央に堆(うづたか)く積まれた薪の周りに円陣を組みます。 いよいよ、点火! バチバチバチと音がして炎が立ち上がります。 やがて薪も燃え出し高く上がる炎。 オレンジの炎が辺りを優しい色で照らします。 この頃になると不思議なことに雨も止みました。 最初の祈願札を読み上げて炎の中に投げ入れる。 たちまち炎に包まれる祈願札。高く上がれば上がるほど願いが叶うのだそうです。 氏子さん達は祈願札を読み上げながら次から次へと炎へ投入。 パッと燃えて祈願札は夜空へ。 そのたびに子供たちから「うぉう」という歓声が飛び出します。 願いが叶うように思いを込めて、 参拝者も自分の祈願札の行く末を祈りを込めて見つめます。 夜空を焦がしては天に舞う祈願札。 1時間あまりで祈願札を全て天に届けました。 再び円陣を組む氏子さん達。 燃え盛る薪の周りを一周して、富士塚の鳥居の前へ。 二拝二拍手一拝をして今年のお焚き上げの終わりを告げました。 それを、待っていたかのように再び降り出す雨。 まつりの夜は静かに更けていきます。 帰る前に富士塚に登ってみました。 眼下にはまだ炎をあげている薪。 130年前の人も同じ景色を眺めていたのでしょうか? 取材・記事 白井紀行 INFORMATION 雀ノ森浅間神社のお焚き上げ 【日時】毎年9月1日…

世界に伝えたい!日本の素晴らしさ・日本の魅力~「第2回英語でニッポンを語ろう!コンテスト in 川越」

,
「世界に伝えたい!日本の素晴らしさ・日本の魅力」をテーマに6月10日(土)、「英語の通じる街」実行委員会主催「第2回英語でニッポンを語ろう!コンテスト in川越」がウエスタ川越で開催されました。 この「英語の通じる街」実行委員会は、川越を英語と心が通じる街にすること、そして川越をモデルケースにし、日本各地に英語の通じる街を増やすことを目的に、2013年に川越の地元企業の経営者を中心につくられました。  川越を愛する人たちが、英語というコミュニケーションツールを通し、川越を訪れる外国人観光客をもてなし、そして「英語の通じる街・川越」として世界に川越を発信する、そんなきっかけの1つとなることを目的として、今回のコンテストが開催されました。 どれだけ上手く英語が話せるかという英語の能力だけを競うものではなく、自分自身が感じる日本の素晴らしさを「伝えたい」というおもいや、メッセージ性も審査基準となります。 それでは、どのようなプレゼンテーションが繰り広げられたか、熱戦をお届けしたいと思います。   ‖…

フィレンツェの食文化と地元食材でココロとカラダが喜ぶメニューをどうぞ〜ひびきっちん川越新宿店〜

川越駅西口から国道16号線を越えて、川越市立川越高校の近く。 みそだれやきとりでお馴染みの「株式ひびき」の新店舗「ひびきっちん」がオープンしました。 イタリア・フィレンツェにある姉妹店Hibiki-an(ひびき庵フィレンツェ店)。 この街には素材を活かした素朴な食文化「クチーナ・ポーヴェラ」があります。 その想いをイタリアから取り入れた、地元の食材を使った手作りの洋風惣菜が並びます。 「ひびき」といえば「かしら」を始めとする焼き鳥の数々。 「ひびきっちん」には、食事やカフェができるイートインが設けられています。 全部で18席。秩父ワイン、鏡山、コエドビール、イタリアのビールやカクテル。 やきとりやお惣菜を肴にイタリアの雰囲気を味わって飲むなんていいですね♪ 壁には生産者さんの写真が想いを伝えるメッセージとともに飾られていました。 さて、ランチですが、レジでメニューを見ながら注文するスタイル。 「赤いソースの生姜焼き丼」を選び、ルイボスティーを付けました。 肉系と野菜系のお惣菜の組み合わせで合計3品を選ぶセットメニューもあります。 ランチセットには、日替わりのお惣菜が2品付きます。 キノコのマリネ。醤油とバルサミコ酢のドレッシングが掛かっています。 ほどよい酸っぱさとキノコの歯ごたえで食が進みます。 シャクシナ入りのポテトサラダ。ジャガイモを始めとする素材が生きています。 目に鮮やかな「赤いソースの生姜焼き丼」 豚肉は柔らかくて脂の甘みが口に広がり、トマトベースソースの酸味がマッチ。 お肉の下には玉ねぎも隠れています。 ご飯は五穀米。体に良い食事をしているなぁという気持ちが高まります。 ごろりと大きめのブロッコリも加わり、実に栄養バランスの取れたランチです。 美容と老化を防ぐ効能があるというルイボスティーで喉を潤す。 イタリアフィレンツェの食文化に地元食材を使った洋風惣菜が手頃な値段の「ひびきっちん」。 近くに来たら立ち寄って、ついつい2、3品買い求めることになりそうです。 取材・記事 白井紀行 INFORMATION ひびきっちん…

カレーの誘惑を断ち切って今回はタイ料理♪〜DANA PANI(ダナパニ)〜

地域交流の場としてすっかり定着したウェスタ川越の向かい側。 そこに、新しいお店がオープンしていました。 屋根を始め建物の形も目をひくのがインド・エスニック料理&バーの「DANA…

田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト全国集会 in 川越〜第2部 基調報告〜

, ,
取材・記事 白井紀行   ラムサールネットワーク日本(以下、RNJと称す)の安藤氏の司会で集会が始まりました。 RNJとは、1971年イランのラムサールで採択された「水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」通称、ラムサール条約に基づいて、湿地の保全・再生、賢明な利用を実現するために活動している環境NGOです。  ホームページ:http://www.ramnet-j.org/   開会の挨拶 RNJ共同代表 柏木実氏 RNJ共同代表の柏木実氏による開会の挨拶 人工の湿地「田んぼ」で愛知目標を達成する「田んぼ10年プロジェクト」の趣旨を紹介。 生物多様性の象徴である雁(かり)。 その雁にゆかりの深い川越でできることを嬉しく思いますと柏木氏。 川合善明…

歌声はカレーの匂いに運ばれて〜「川越の『おいしい』そろいました」〜

, ,
12月4日(日)の朝、ウェスタ川越は出展者が準備に追われてました。 「川越の『おいしい』そろいました」、「カレーなる闘い」、「お菓子マルシェ」...。 この日は農産物と食に関するイベントが幾つも同時に開催されました。 ウニクス川越のにぎわい広場では「カレーなる闘い」。 記者は、その奥に位置するステージで音響を担当しました。 音響機器のチェックの間にもカレーの仕込みは着々と行われています。 やがて、カレーの匂いが漂ってきて、う〜、たまりません(^0^)。   ‖…

練習も楽しく市民が歌う歓喜の歌〜小江戸川越第九の会演奏会〜

,
師走、今年もあと1ヶ月を切って何となく気もそぞろとなる月。 そして、この時期になると目につくのが「ベートーヴェン交響曲第9番」、通称「第九」。 川越では、12月4日(日)に「小江戸川越第九の会」による演奏会が開催されます。 場所は、「ウェスタ川越大ホール」。 その練習風景を見る機会を得られましたので取材してきました。     ‖…

雨も上がってほっと開場〜かわごえ産業フェスタ2016(1日目)〜

,
11月19日、20日の2日間、かわごえ産業フェスタが開催されました。 今年から場所を移して、川越駅西口徒歩5分のウェスタ川越が会場です。 朝からの小雨もお昼には上がり、人出も徐々に増えてきて賑わいを見せます。 私どもカワゴエ・マス・メディアは、中央ステージを担当しました。 ステージは午後からなので、会場の出店ブースを取材。 インタビュアーは、今日、明日とMCを担当する大野ひろみさん。 小江戸つながりの千葉県香取市は、ご当地グルメを出品。 ソース焼きそばやトンテキ塩やきそば、焼きソーセージなどが並んでました。 青森県大鰐町、岩手銀河プラザ、越後村上などの地方名産ブース。 飲酒運転疑似体験コーナーなんてのもありました。 交流広場は総勢53のブースが並び、飲食ブースからは良い匂いが漂います。 12時半が過ぎ、ステージ上ではOnes…