江戸の世で川越人が交流した面影を今に残す〜桜を楽しむ会-菜の花と文学碑と〜

,
取材・記事 白井紀行   春らしいうららかな陽気に包まれた4月1日の日曜日。 川越シルバー人材センターが主催で「桜を楽しむ会」が開催されました。 このツアーには年ごとにテーマがあり、今年は「菜の花と文学碑と」となっています。 江戸とは舟運で繋がっており、江戸の文化が直接入ってくる立地にあった川越。 川越藩も歌会を奨励し、毎月のように歌会が開催されていたのだそうです。 市内各所には歌会の開催を記念した「文学碑」があるのですが知られていません。 今回は「文学碑」を桜と共に巡り、当時の川越の文化レベルに触れていきます。   案内をするのは赤いブレザーでお馴染みの観光ガイドの皆さん。 本日は400名を超える申し込みがあったそう。   お客様を迎える前に事前ミーティング。実行幹事の青木さんからの諸連絡。 グループごとの振り分け人数や前日に調べた現地の様子などが伝えられます。 歌については、解釈が様々なので断言はせず個々のガイドに任せるのだそうです。   受付が始まりました 受付時間の9時半になりツアーの参加者が続々とやってきました。 400人もの人を捌くので交通の妨げや点字ブロックを踏まぬよう案内していきます。   渡された資料には、本日訪れる句碑、歌碑分の一覧が記載されています。   それでは出発! 記者は青い旗を持つ観光ガイドの石山さんが率いる20人ほどのグループに参加。   参加者がデッキに滞留しないよう準備が整ったところですぐに出発です。   長徳寺 川越駅から20分ほど歩いて到着したのは長徳寺。   平安時代の豪族「仙波氏」の館跡。創建は喜多院とほぼ同じと言われています。   境内には檀家さんが建てた句碑があちこちに。   長徳寺には何度か訪れているはずなのに句碑があるのは初めて気づきました。   長徳寺のすぐ先にあるのは「川越観音」。   階段下の祠には戦争中に弾除けの利益があるとされた「サムハラ」様が祀られてます。   ほどなくして16号線と新河岸川が見えてきます。   精進場橋からは一直線に伸びる新河岸川。両岸には桜と菜の花の競演が見られます。 「川越の蔵の黒漆喰は菜の花から取れる菜種油のススなんです」とガイドの石山さん。 ガイドさんからそんな知識を知るのもこのツアーの楽しみ。   別のガイドさんは、「菜の花畑に…

なんとか今週末まで散らないでぇ!〜川越さくら開花速報〜

,
取材・記事 白井紀行   3月は三寒四温どころか気温の変動が激しかったですね。 3月21日(水)には積もりはしませんでしたが雪まで降ってびっくり! 最近では寒暖差で体調が優れないことを「春バテ」というんだそうです。 さて。「春が来た!」と最も実感があるのが桜の開花情報。 例年なら3月末から4月初旬に満開ですが、この気候で桜も戸惑っているようです。 市内各地の開花の様子を24日と25日に自転車で回れるだけ回ってみました。   吉田公園(東洋大学近く) 上戸から県道114号線を鶴ヶ島方面へ。小畔川の側にある吉田公園。 24日の時点では、まだ、3分咲きくらいでしょうか?   河越氏所縁(ゆかり)の地を訪ねて 上戸日枝神社 上戸には平安時代末期の武将「河越太郎重頼」に所縁のある場所が数カ所あります。 上戸日枝神社は、河越氏が京都の「新日吉社」を勧請し代々鎮守として崇めた神社。   普段は訪れる人も少なく静かな境内が、桜の季節はピンク色に染まります。   5分咲きというところですね。   国指定史跡河越館跡 河越氏の居館跡。今は一部が公園として整備されています。   切り絵作家「百鬼丸」先生の「河越重頼」の作品がはためいていました。   常楽寺 河越氏館跡の一角にある常楽寺は、河越氏の持仏堂が基となったとされます。   境内には河越重頼、その娘で源義経の正室となった京娘(郷御前)の供養塔。   供養塔のそばに見事なしだれ桜があります。   山門の入り口、六地蔵が並ぶお堂の上にも桜が植えられています。   小ケ谷の桜づつみ 東武東上線の霞ヶ関駅と川越市駅を結ぶ入間川橋梁。 川越市駅側の堤防は「小ケ谷の桜づつみ」として整備されています。   こちらは日当たりが良いせいでしょうか?7分咲き位でした。   川越大師喜多院 川越でお花見を楽しむなら、筆頭に上がるのが川越喜多院。     四季を通して美しい景観が楽しめますが、春は格別です。   来週が満開だろうと予定を立てていた人がほとんどなのでしょう。 いつもは花見客が一杯の境内もシートを敷く人はチラホラという感じです。   しだれ桜はこの日が満開でした。   成田山川越別院 喜多院のすぐ近くにある「成田山川越別院」   境内には桜が一本植わっています。   本堂横の池では、縁に沿ってぽかぽか日差しを受けて亀がのんびりと甲羅干し。   池のほとりにある水掛不動尊。お賽銭のおりんが思いがけず良い音がしました。   水を掛けると陰影が強調されて怒りがさらにましたように見えます。   川越市中央公民館 三久保町にある中央公民館の桜は4分咲きというところでしょうか。   ここからは25日の桜の様子です。 六塚稲荷神社 普段はあまり目立たない菓子屋横丁近くの六塚稲荷神社も桜化粧。   川越氷川神社・誉桜(ほまれざくら) 川越氷川神社の裏手、新河岸川の誉桜も川越の桜の代名詞。   暖かな日差しを受けて7〜8分咲き。 みなさん、橋の上で入れ替わり立ち替わり写真を撮っていました。   4月1日に舟遊が行われますが、一足早く、舟が行き来していました。   青空をバックにすると、桜のピンクがさらに映えますね。   田谷堰 桜並木を眺めながら新河岸川をブラブラと歩いた終点が田谷堰。 レトロな木製のゲートが桜とマッチして美しい景色を作り上げます。   新河岸川に沿って初雁公園にやってきました。川岸に桜が連なります。   川越本丸上御殿 東日本では唯一と言われる本丸御殿   そこにいたる道路の左右に桜並木が出迎えてくれます。   初雁公園 川越城本丸御殿から三芳野神社を抜けたところにある初雁公園。   大きな枝を広げて桜が咲いていました。   伊佐沼の湖畔 市内からちょっと足を延ばす。自転車なら10分くらいで伊佐沼に到着。 こちらの湖畔も桜の名所。   初夏には古代蓮が咲くエリアは、水が抜かれていて底が見えていました。   仙波東照宮 伊佐沼から再び中心街へと戻ってきました。 昨日、開花の様子を見に来た喜多院と隣接する仙波東照宮。   日曜日、祝日は正門が解放され中に入ることができます。   川越城主「松平伊豆守信綱」が植えたとされるエドヒガンザクラ。   無量寿寺…

300年伝承されて来た悪魔払いの神事〜芳地戸(ほうじど)のふせぎ〜

, , ,
取材・記事 白井紀行   川越市笠幡にある「さざんか通り」という愛称を持った市道。 県道川越日高線と平行し、沿道には1,000本以上のサザンカが咲きます。   …

日本と世界からの高校生100人の着付け体験〜柚屋スタッフの奮闘〜

,
日本と世界から高校生ら100人が小江戸川越へやってきた 平成30年1月22日(月)。首都圏でも午後から大雪が降ると予想され準備に追われた日。 ここ氷川会館で世界からやってきた高校生ら100人が「着物の着付け体験」を行いました。 2018年高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会(PDWC)のプログラムの一環です。   高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会とは? 選抜された日本の高校生達と、世界十数か国のトップ校から招聘した高校生達によるパーラメンタリーディベート※を通して国際文化交流を行う大会(参加者:各…

川越の街を作った職人たちからのメッセージを一つ一つの絵に込めて〜黒木利Q(Rikyu)〜

, ,
人が感じる空間意識を表現したい この絵をスケッチしたのは2014年。最終に近いがまだ納得がいかず試作を重ねている。 そんな時間かけてどうするのと思われるくらい阿呆ら…

年初めは七ヶ寺をぐるり巡って福を授かりましょう〜小江戸川越七福神巡り〜

明けましておめでとうございます。 本年もカワゴエ・マス・メディアでは川越の様々な表情をお届けできればと思います。 引き続きご愛読のほどよろしくお願いします。 さて、今年も恒例ですが縁起のよい「小江戸七福神巡り」から始めます!   スタートは川越駅東口 今日は1月2日(火)。多少寒さも和らぎ抜けるような青空が広がっています。 小江戸川越七福神巡りは、中心街にある七ヶ寺をぐるりと回る6kmほどのコース。 川越観光を楽しみながら開運、諸願成就、健康増進も叶えることができます。 それでは、出発しましょう! ※地図はこちらに、→…

2017年を振り返る(後半)〜7月から12月の話題〜

, , , , , ,
毎週月水金に絶賛更新中!のキャッチフレーズで川越の様々な話題をお届けしたこの1年。 どんな話題があったかを振り返ります。月曜日に続き、後半(7月〜12月)の話題です。 注)日付は記事を配信した日(号)です。イベントの開催日とは異なりますのでご注意下さい。   7月…

2017年を振り返る(前半)〜1月から6月の話題〜

, , , , , ,
毎週月水金に絶賛更新中!のキャッチフレーズで川越の様々な話題をお届けしたこの1年。 どんな話題があったかを振り返ります。まずは、前半(1月〜6月)の話題です。 注)日付は記事を配信した日(号)です。イベントの開催日とは異なりますのでご注意下さい。   1月 人材発掘オーディション 晴天とともに2017年が始まりました。 川越七福神巡り、出初式、南大塚の餅つき踊り、筒粥の神事と新年イベントを中心に取材。 カワゴエ・マス・メディアでは、NHK朝ドラ「つばさ」のセット※の引越しを行いました。 ※セットの一部は、現在「ラジオぽてと大東支局」に設置されています。 また、1月23日、27日号の記事で取り上げた川越市人材発掘公開オーディション。 来年は1月14日(日)10時から川越市南文化会館(ジョイフル)で行われます。 →…

町がミュージアム・建物が作品に!?これまでに無い感動体験〜川越蔵造りの町並み 音声ガイドツアー〜

一番街の蔵造りの町並みが続くなか、ひときわ目立つ「埼玉りそな銀行川越支店」 その敷地内にあるポケットパーク奥にトレーラが設置されているのをご存知でしょうか? 実はこれ、10月19日から始まった実証実験「音声ガイドツアー」のサービス拠点なんです。 音声ガイドツアーとは? 小江戸蔵里の空間デザイン、店舗の誘致、商品計画までをトータルプロデュースした丹青社。 詳細は…