カワゴエ・マス・メディアのなぞ

, ,
思わずクリックしてしまいましたね。ご興味もっていただきありがとうございます! このカワゴエ・マス・メディアのサイトでは、川越のたくさんのお店やイベント、人を紹介してきました。そして、もしかしたらカワゴエ・マス・メディアの名前も市内のイベントのポスターやフライヤーでも片隅にちょこっと名前を見かけたという方もいらっしゃるのではないでしょうか? でも、我々の事や活動は意外とみなさんに知られいないのかもしれない・・・・ というわけでサイトリニューアルを記念して、私たちカワゴエ・マス・メディアのことを少し詳しくご紹介していきます。(ちょぴっと長いのでお暇なときに見てくださいね!)   なぞ・その1「いつ設立されたの?」 2015年10月にNPO法人カワゴエ・マス・メディアは設立されました。 しかしその歴史はちょっと長いのです。 カワゴエ・マス・メディアは、つばさファンクラブ、ラジオぽてと、宵の市、そして現在のカワゴエ・マス・メディアと4つターニングポイントを経ています。 「つばさファンクラブ」期 ~ファンクラブの交流で人が集まる~ つばさファンクラブとは、2009年3月30日から9月26日に川越を舞台にしたNHK朝ドラ「つばさ」の再放送と続編をNHKに要望しようと有志で結成された団体です。2010年3月28日に旧鏡山酒造跡地で川越市観光課やNHK制作統括担当者を招いたイベント「つばさ展ファイナル」をはじめ、ドラマの舞台となった市内や長瀞のロケ地めぐりツアー、出演者の舞台観劇など、ファン同士の交流を図る活動をしていました。 「ラジオぽてと」開始期 ~集まった人たちで動き出す~ 「つばさ」の中では架空のFM放送局だった「ラジオぽてと」。これをつばさファンクラブが中心となり、有志も巻き込んで、2010年の川越百万灯夏まつりでミニFM局「ラジオぽてと」として1日限定で開局しました。川越市もこれに協力し、陶舗やまわをつばさの実家となった甘玉堂として復活、好評を得ました。 その様子がNHKドラマのスタッフブログにも記されています。 「つばさ」アンダーグラウンド その16 ラジオぽてとが聴こえる(通算134号) そして、この取り組み以降、川越春まつりオープニング、川越百万灯夏まつり、かわごえ産業フェスタ(旧川越産業博会)では、イベント型のラジオ放送(のちにインターネット放送になる)を現在まで実施しています。 また、つばさに出演していた俳優さんたちや川越市民を迎えるとともに運営のためにボランティアも募集しました。これを機に、つばさファンクラブは市民を巻き込む方向に活動の幅を広げることになりました。 一方で、ラジオぽてとを「本当の川越のコミュニティFM」として実現する働きかけも始めました。ドラマのワンシーンを再現した電波調査を誰でも参加できるイベントを開催。何やらやっている団体があるぞと認知され始めた時期でもありました。 「宵の市」期 ~街の人から声がかかる~ このような動きをしている我々に、とある相談をもちかけてくださったのが、川越一番街商店街の当時の理事長。 その相談とは、川越一番街商店街が2013年3月に企画した「宵の市」。東武東上線が横浜まで直通したことも記念して、川越の夜の賑わいも楽しんでもらおうと、グルメ屋台、骨董市、ライブなどのイベントを毎月第一土曜日に開催。 これをもっと盛り上げるためにイベントを周知するホームページ(http://koedo-yoinoichi.com)の立ち上げ、ラジオぽてとの定期放送化を行いました。 並行して、川越で毎週のように開催されているイベント情報を一箇所に集約すれば、より川越に来てもらうきっかけになるのでは、と試験的立ち上げたのがイベントカレンダーでした。宣伝もせずにひたすらイベントの情報を掲載していましたが、ある時、アクセス数を見てびっくり!何と7.5万PV*/月となっていたのです。(当時イベントカレンダーを掲載していたサイトは、川越ポータルサイトを略した「かわっぽ」というかわいらしい名前でした。) このことが「ICTを利用したまちづくり」という目的を掲げるきっかけとなり、活動の方針は大きな舵を切ることになります。 *PV(ページビュー):ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。 「カワゴエ・マス・メディア」誕生、そして。 ~法人格になり、活動の幅をひろげていく~ かわごえ産業フェスタでの中央ステージイベントの運営受託など、川越市から正式に事業を受けるなど公的にも認知されるにつれ、このまま任意団体で続けるのは対外的にも難しくなったため2015年にNPO法人化を行いました。 そしてイベントカレンダーの認知度をもっとアップさせようと力を入れはじめたのが「ブログ」です。 ブログを書くために街のあちこちを「伝える人」の目線で動くようになると、入ってくる情報や出会う人たちも多くなりました。加えて今まで活動してきた実績などからか、多くの相談事も寄せられるようにもなってきました。   なぞ・その2「どうしてその名称に?」 団体名はメンバーの色々な思いをのせて、様々な名称が検討されました。 川越はそもそも商人の街。蔵造りの街並みで有名な一番街商店街では「春夏冬(あきない)二升五合市」(ますます、はんじょう)も行われています。 そこからヒントを得て、升とマス(大衆)をかけて、カワゴエ・マス・メディアと命名されました。 頭を突き合せた一同が、みなストンと納得した瞬間でした。その名称がそのままサイト名になっています。   なぞ・その3「ロゴ、文字化けしてない?」 ここまでお話すると、このロゴの〼の意味がお分かりになると思います。 「新鮮なお魚あり〼」「新そばあり〼」など店頭で見かけたことはないでしょうか? 「枡」を記号化した文字で、江戸時代では多様されていました。ますと升をかけて、この文字を使用しているというわけです。 ときどき、名刺や印刷物の〼について聞かれることがあります。説明すると「深いですねぇ」「おしゃれですね」と言われますが、ほとんどの人はただの記号か文字化けしていると思うようです。   なぞ・その4「どんな活動をしているの?」 現在は6つの事業があります。 「情報サイトの運営」 カワゴエ・マス・メディアでのブログ記事発信。 リニューアル後は、月曜日は、主にイベントピックアップとしてFacebookページでイベントページやサイトをシェア投稿。火曜日と金曜日がブログ更新日になります。グルメ記事は2週間に1度の割合で更新予定です。   「インターネット放送」 月1(毎月第一土曜日)のラジオぽてとの放送運営と大東局(南大塚)の管理。 大東局には小さなライブができるスペースもあります。そして「つばさ」のドラマ中で実際に使用した舞台セットの一部も設置されています。 https://www.youtube.com/channel/UC0E78_nHoSSoHlYYq6BkfFw   「イベント企画&運営」 かわごえ産業フェスタ、川越春まつり等のステージイベントの企画、運営。 プレイヤーは、若手のミュージシャンから大道芸の世界では有名な方もいらっしゃいました。   「ソリューション開発」 川越まつりLiveチャンネルの運営。 山車にWebカメラを取り付けてネットがつながれば世界中どこからでも川越まつりが山車目線でご覧いただけるというサービスを開始。仕事の都合などで、川越まつりを見に来ることができない方などに好評でした。 当初は、山車がどの位置にいるのかを分かるようにできないだろうか?という相談でした。しかしそもそものすべての山車にGPS等の発信装置をとりつけるという予算がありませんでした(悲)。それをカバーするいわば苦肉の策だったのですが、思いのほか喜んでくださる方が多くとても楽しい事業です。   「若手の事業応援」 イベント時にカフェなどを出店の他、飲食店を起業したいという若者向けに「カワゴエ・マス・メディアセミナー」を開催。現在まで3回実施。そのうち2組の方が実際に事業を始められたという報告を受けています。 「まちづくり支援」 くらびとファンディングの運営。 「蔵のまち」川越の地域活性化につながるプロジェクトの資金調達をクラウドファンディングを利用する立案者に対して、手数料の補助や特設サイト(くらびとファンディング)での情報集約と情報発信の2方面で支援しています。 こちらに関しては説明会も行う予定です。  …

ホームページリニューアル完了のお知らせ

ホームページ(http://koedo.info)のリニューアルが完了しましたのでお知らせします。 リニューアルにともない以下のように変更になるものもあります。 毎週月水金と更新してきたブログの更新を火金の週2回としてコンテンツの中身を充実させるとともに、新たな企画も予定していますのでお楽しみに! …