すずのや

おやさいとくだものとお酒と・・鈴木 豪さん(すずのや店主)

, ,
川越の旬の野菜たちをたっぷりつかったお料理と、店主セレクトの日本酒が楽しめるお店、「すずのや」さんのオープンがいよいよ6/20(火)とせまってまいりました。 14時からゆるゆる~と昼飲みも楽しめるお店です。   このすずのやさんがテナントとして入る長屋のリノベーションは、川越市が開催したエリアリノベーション「まちづくりプロジェクト」がきっかけとなりました。ここで出会い、同じ志をもつ仲間が自らの手で解体、設備や内装工事に携わってきました。   店主となる鈴木豪さん(以下豪さん)も、この長屋の家守会社株式会社80%の一員として、解体・改修工事にも参加していました。 http://koedo.info/17050180percent/ そして、さかのぼること1年半前、豪さんは昨年2016年2月に行われたまち歩き物件検索ワークショップにも参加。 今回の長屋を見たときに「日本酒とおでんのお店をやりたい」と静かに、そして具体的に夢を語っていたのが印象的でした。 http://koedo.info/160226machiaruki/ その夢がいよいよ現実になります。 お忙しい作業の中、豪さんの簡単な経歴、すずのやさんのお店のメニューやコンセプトをお伺いしてきました。   鈴木さんは調理師専門学校製菓コースで学んだ後、銀座にあった超一流店に就職。それから約10年間「パティシエ」として活躍してきました。   秋田出身で、もともと飲みに行くことが好きだったと語る鈴木さんは、この10年を節目に一転「居酒屋」に転職。 以来「料理人」として様々な飲み屋さんを渡り歩くことになりました。 都内で人気店の居酒屋では、毎日大量に入荷する魚をさばき、魚のあつかい方と仕込みを一通り身につけ、おでん屋と立ち飲み屋では、店長として、店舗の会計・料理の提供・接客を一人ですべてをこなすことを覚えたと話します。 立ち飲み屋のお客さんは、さっと飲んでいかれる方が多く「料理を作っているときも、カウンターにいるお客さん全員の視線を感じながら」お店に立っていたとのこと。 この時の経験が、いつかは一人でお店をやりたいと思っていた豪さんの大きな自信につながりました。 そして、おでん屋で実感したのは「出汁」の美味しさと万能さ。   「野菜や練り物などの具材からうまみが出たおでんの出汁。それが常にそこにあるのは料理をする上では大きいです。出汁さえあれば、色んな料理に使えます。たとえばアサリの酒蒸しにいれる。アクアパッツアを作るなら、そこに出汁を加える。素材がもつ美味しさがより一層引き立ちます。」 素材自体にはあれこれ余計な手を加えないかわりに、醤油やみりんといったベースとなる調味料は妥協せず丁寧に選びたい、また「柚子胡椒」「ポン酢」「生七味」などもなるべく素材から手をかけて作っていきたいとのこと。   豪さんからお聞きした、すずのやさんのメニューやインテリア、食器などをご紹介します。(一部記者の妄想解説あり)   【お料理】 「本日のちょい刺し盛り」/「本日のちょいあて盛り」 ひとり飲みでも、お刺身や「あて(肴)」がちょっとずつたくさん楽しめる一品。   「川越産の朝どれ枝豆」 毎朝、指定農園から仕入れてくるとれたての枝豆は絶品。   「夏野菜の揚げびたし」 たとえば、旬のトウモロコシをかき揚げにして出汁をちょっとひと回し。 出汁のかすかな塩気がトウモロコシの甘さをさらに引き立てそうです。   「出汁でいただく葉物野菜のおひたし」 川越は、コマツナやホウレンソウといった葉物野菜もおいしい。おひたしにさっと出汁をかければ、野菜好きにはもちろん、箸休めにもなる嬉しい一品に。   おでんは一年中をとおして提供される予定で、まず10種類程、一皿200円から。 その他お料理は20品ほど用意、価格帯は280円から1000円以内程度になるそうです。   【酒・のみもの】 川越の「鏡山」を始めとして、日本酒は30種類ほどを常備予定。定番はほとんどおかずに、季節ごとや飲みきった後に入れ替えます。   秋田に里帰りしたさいには必ず何軒か酒蔵巡りをするという豪さん。そのたびに驚くような変化を感じているとのこと。 「酒造会社さんは以前分業制が多かったのが、跡継ぎが杜氏さんと経営を兼ねるといった会社が増えてきました。今までより意見・提案がとおりやすくなり、新しいこともどんどんできるようになったと聞きます。技術の向上はもちろんですが、この動きでお酒の味がぐんっと良くなってきたように思います。」   味わいも外見も個性豊かな日本酒がずらっとならぶ様子が目に浮かびます。   日本酒以外では、生絞りのレモンサワーも。こちらは甘めと苦めの2種類を用意。旬のくだもの使ったサワー類もそろえていくそうです。 他にも、ウーロンハイにつかうウーロン茶は茶葉自体も徹底的に調べて選んでいきたいとのこと。狭山茶を使ったものも考案中。 ソフトドリンク類は自家製シロップを使ったレモンスカッシュ等のソフトドリンクや自家製ジンジャーエールなど。 日本酒が苦手、お酒はちょっとという方にも、お料理と楽しめる嬉しいドリンクメニューです。   日本酒はグラス500円から。徳利は900円から。 サワー類は500円から。その他ビールもあり。 ソフトドリンクは450円から。   【甘いもの・デザート】 「和」を感じるものや、プリン、キャラメル系のものなどを考案中とのこと。 ここでは、パティシエとしての経験と腕が生きます。 日本酒とスイーツで〆るなんていいですね。   【うつわたち】 先日益子に出向き、買付したうつわも含め、お店でつかうものはあえて色形は統一せずバラバラ。成田山の蚤の市で見つけた掘り出し物の徳利もあるそうです。 おちょこは、お客さんに好きなものを選んでもらい、選ぶ楽しみ出会う楽しみも感じてもらえればとのこと。   【レイアウトとインテリア】 「1階」カウンター6席/立ち飲み4席/テーブル席2つ(4人掛け) カウンターはポートランド(米オレゴン州)から取り寄せた古材を使用。 豪さん曰く「見たらめちゃくちゃかっこよくて、テンションあがりました。いろんな大変なことあったけど全部忘れてしまった」 そのカウンターに置かれるハイチェアーは、大阪の家具やさんに発注して約3か月かかったもの。 テーブル席の机はベークライトでちょっとノスタルジーを感じるたたずまい。 昔懐かしいダイヤル式の黒電話も設置。ただのインテリアではなく、実際に店舗で使用します。 あの懐かしい呼び鈴が鳴り響き、この長屋が生きてきた時代が蘇る一つのアイコンになりそうです。 「2階」テーブル席2つ(4人掛け) 最初は、実験的に主に知り合い向けに開放したいとのこと。冷蔵庫と酒燗器があるので、飲み物はそこから取ってもらう。料理はコースのみで、1階に取りに来てもらうスタイルを考えているそう。   1階も2階も壁はざらっとした白壁で、古材のしっかりとした木目をほどよく引き立てています。ガラス戸はすべて透明なので、外の風景が手に取るように分ります。 入口部分は吹き抜けになっており、思わず見上げてしまいたくなります。心地よい開放感にひたれそうです。   音楽好きな豪さんは、その場の雰囲気にあわせてお店の音楽もチョイス。DJブースも設置。 ただのお店というより、音楽イベントを始め、日本酒の酒蔵さんを呼んだり、農家さんも加えたイベントも開催して、人が出会い交流する場にもしていきたいとのことです。   人が通り過ぎるだけだった古い長屋。ここが人が集う場所になるのはもうすぐです。 ぜひすずのやさんを訪れてみてください。   ※まだ内装工事中のお忙しい時間に対応していただきました。ありがとうございました。 一部をのぞきほぼ完成前の様子です。実際は照明やグリーンが入りもっと素敵になっています。 メニューについては、変更もありますのでご容赦ください。 また、この長屋にはglin…

パンを介して人と人がつながる市民のイベント〜川越パンマルシェ〜

, ,
5月21日(日)スタッフの熱気溢れる小江戸蔵里のギャラリー。 1週間後に迫った「川越パンマルシェ」に向けての最後の集まりだ。 案内板、インフォメーション、最後尾の札の制作、誘導員の配置を決める。 過去の経験と打ち合わせ、Facebookのディスカッションで交わされたアイデアが形に。 自分で好きな具を挟んで食べる「ご当地コッペ」のディスプレイ。 「両面テープを付けて自立させてますよ」と楽しそうに制作するスタッフ。 ワイワイガヤガヤと取り組んでいる様は、まるで文化祭の前日のよう。 ‖…

大人も子どもも泥まみれになって田んぼで遊ぼう〜どろんこDAY〜

, ,
川越市吉田の高台にある「特別養護老人ホーム みなみかぜ」 ‖ 地域に開かれたみなみかぜ 社会福祉法人「健友会」が運営する施設。 老人ホームやグループホーム、ショートスティ、ケアハウス、ディサービなどを提供。 そして、特徴的なのは「地域交流センター」としての機能も持つこと。 施設で暮らす利用者、地域住民の方々、職員との交流の場としての活動も行われています。 2016/12/07では、地域交流活動のひとつ「昼市」の様子を記事にしました。 http://koedo.info/161207minamikze/ 活動の一つ「みなみかぜいきいき田んぼの会」 この会では、生物多様性農法で無農薬稲作に地域住民と共に取り組んでいます。 田んぼに設けられたビオトープ。見た目でも多くの生きものが棲んでいるのがわかります。 このあたり一面は田んぼが広がり、今の季節はカエルさんが大合唱。 マガモたちがのんびりと餌をついばんでいました。 無農薬栽培の田んぼなので、泥の中に多くの生きものが育まれているのでしょう。 ‖…

空き家に新たな価値を~荒木 牧人さん(家守会社 株式会社80%代表取締役)

,
連雀町の一角、昭和のたたずまいのままシャッターが閉められていた長屋。どこか懐かしい趣のある建物は、今、人が集う店舗として、生まれ変わろうとしています。今回はそのリノベーションプロジェクトの仕掛け人である、株式会社80%代表取締役の荒木…

大人も子どもも夢中になってみんなで作る地域のお店〜すずのや(塗装ワークショップ)〜

連雀町交差点から西、月吉陸橋へと向かう県道15号(川越日高)線。 蓮馨寺の裏通りと交わるところ。 現在、2軒のお店が6月中旬のオープンに向けて工事中です。 5月1日号で工事の様子や株式会社80%についての記事をお届けしました。 http://koedo.info/17050180percent/ 記事でも告知した「塗装ワークショップ」が5月13日に行われたので伺ってきました。 ‖…
ふれあいフェス

地域の未来を子供たちで創る~ふれあいフェス開催〜

,
ゴールデンウィークの最終日である5月7日(日)、川越市霞ヶ関北にある霞ヶ関幼稚園で、子どもたちが主体となり企画をした『ふれあいフェス』が開催されました。 『ふれあいフェス』を開催するため、子どもたちは3月から『川越霞ヶ関子ども会議』で準備を進めてきました。 その様子はこちらの記事に掲載されています。   http://koedo.info/170428kasumikodomokaigi/ 今回は、子供たちがずっと準備を進めてきた『ふれあいフェス』本番の模様をお届けします。   ‖…

今年は日タイ修交130周年イベント参加で交流を深めよう〜ソンクラーン〜

,
4月も中旬を過ぎると日本人はゴールデンウィークをどう過ごそうかとワクワクする時期。 タイ人はソンクラーン(タイ王国旧正月水かけ祭り)を迎えてワクワクする時期です。 ちなみには、今年はタイ歴2,560年(釈迦入滅の翌年から)にあたります。 ‖…

家守会社 株式会社80%-まちの人達による、まちの人達のためのリノベーションプロジェクト

,
長い間借り手がつかず空き家だった古い建物に、今まさにスポットライトがあたろうとしています。 場所は連雀町。ひかり飯店さんのならび、といえばピンとくる方も多いはずです。 この建物は、昨年2月に行われた川越市が主催したまち歩きワークショップ(参考:レポート:まち歩き物件探索ワークショップ~川越路地裏ツアー)で立ち入らせてもらった物件の中の一つでした。建物があるエリアは観光地である蔵の街や、駅からそこに向かう導線からも少し外れており、地元の人達が行き交う場所です。 6月中旬には2つの飲食店舗がオープン予定です。一つはテイクアウト専門のコーヒーショップ、一つは野菜を中心としたお料理と日本酒を楽しめるお店「すずのや」さんです。 仕掛け人は、建築士の荒木牧人さん。仲間と共に家守会社※の「株式会社80%」(エイティパーセント)を立ち上げ、現場で日々工事作業に携わっています。 ※家守会社: 江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃(たなちん)を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。差配人。(コトバンクより) 現在でいうなら、エリアマネジメントの担い手。その現代版が、リノベーションまちづくりに取り組む家守会社として各地に誕生している。(未来コトハジメ「まちづくりインフラ「家守」とは?より一部抜粋) 11月に開催された3日間の「まちづくりキャンプ」では、本気でエリアリノベーションをにたずさわりたい、事業を立ち上げたい、という志をもった方が集まりました。これがきっかけとなり、動き出したリノベーションプロジェクトなのです。 実は記者もそのキャンプに参加しており、荒木さんグループは隣でした。 参加者同士白熱する議論、ダメだし、叱咤激励する講師の鋭い声・・・・震えるほどの緊張感の中、その場が熱くヒリヒリとしていたのを今でもよく覚えています。(市役所の方には、夜中までお付き合いいただきありがとうございました。) その時の様子が川越エリアリノベーションのFacebookページに投稿されていましたので、担当の方の了承を得て掲載しています。 今回は荒木さんに工事の様子や80%の活動などを伺ってきました。 工事は今年2月にはじまり、現在は後半にさしかかっているとのこと。 前半はかわら屋根の葺き替えと建物の補強を主に行ってきました。 昭和20年代にできたこの建物は、改修に改修をかさねた後がそここに残っており、また老朽化により危険な個所もあったそう。 なんとか昔の状態を最大限残しつつ、安全はしっかり確保するという難しい工事を乗り越えてきました。 この看板の丁度上にある部屋はこじんまりしてしているけれど、日差しがたっぷり入り、通りを眺めながらのんびりできそうな特別空間に変貌しそうです。 後半は、県道側の大きなガラスをすべて引き戸に交換するという大きな工事も入ります。 そして外装と内装が丁寧に整えられていきます。店のオープンに向けてワクワク気分がさらに盛り上がります。 内装デザインは同じく「まちキャン仲間」の田中明裕さん。この日は現場でずっと打ち合わせをしていました。 この建物がたつエリアは、通勤の方、子供たちやお母さんたちが頻繁に行き来する、いわば地元の軸線です。 一階の角にできるコーヒーショップは、テイクアウト専門にするとのこと。ここで買い物帰りに、あるいは、ばったり出会った人達がちょっとしたおしゃべりするスペースになったらいいと考えているそうです。 ときどきお年寄りの方が、一休みするのに擁壁(ようへき)に腰かけているときがあるので、お店の周りにぐるっとベンチも置くとのこと。 前述したとおり道路側は引き戸するとのことなので、開放感があって人を招きいれやすい雰囲気になりそうです。 天気の良い日や暖かい日などは引き戸が開けられるのだろうな・・と想像するだけで頬がゆるみます。 グループでも、女性一人でもふらっと入れる雰囲気のよい飲み屋さんが近所にあったら、いえちょっと離れた場所にあっても通ってしまいそうです。 この取り組みでユニークな点は、できる限り「見せている」ことと、ワークショップで「参加できる」こと。 店舗ということもあり、仮囲いしてベールに包むのではなく、作っている様子を見てもらい、自分たちの活動をどんどん知ってもらいたいという思いがあります。 「ここを通る小学生は、アリの観察するがごとく中を見ていきますよ(笑)」とニヤリ。 今まで数回行ってきたワークショップでは、作る楽しさはもちろんのこと、普段なかなか見られない現場の職人さんの動きがわかって貴重な体験も得られたのでは?とのこと。 オープンしてお店に来ていただいたときに、自分がちょっとでもここに携わっていたという良い思い出になってくれればと荒木さんは語ります。 次回は塗装ワークショップ。もしかしたら今回が最後のワークショップになりそうです。   「今までいくつかの建物に携わってきましたが、特にここの地域の人たちはこの建物に強い思いれがあると感じます。交差点の角で、ずっと空き家だったからでしょうか?道行く人からは『何ができるの?』と話しかけられたり、昔の思い出を語って下さる方が多いんです」 このオープンな活動によって、現在荒木さんのところには「古い建物の活用ついて」の相談がいくつか舞い込んでいるとのことです。 今回再生するであろう建物一つに灯りがともることにより、人が集い、語らう場所になるのは想像に難くありません。 更にエリア周辺に新しい人の流れと交流ができ、次の新しい動きにもつながりそうな予感がします。 次回はワークショップの模様とあわせて株式会社80%の社長である荒木牧人さんのインタビューをお届けする予定です♪ 取材・記事・写真 本間寿子 INFORMATION 塗装ワークショップ 木柱・ベンチを塗るワークショップです。(予定) 使う工具類は現場で用意しています。一緒にDIYしましょう! 【日 時】平成29年5月13日(土)9:00-12:00 【対 象】小学生以上 【定 員】10名 【持ち物】軍手・汚れても良い服装・運動靴 【参加費】無料 【問合先】株式会社80% 【メール】80p.2016@gmail.com 【TEL】080-5543-2491(荒木さんの携帯) 【F B】株式会社80%(エイティパーセント) …
こども会議

子ども達の手で未来を創る~川越霞ヶ関子ども会議〜

, ,
4月23日(日)、霞ヶ関北公民館で行われた『霞ヶ関子ども会議』に取材に伺わせていただきました。 ‖ 川越霞ヶ関子ども会議とは? 霞ヶ関子ども会議は、5月7日(日)に開催される『ふれあいフェス“みんなで なかよく たのしもう”』のために、子どもたちが主体となって企画や運営を考え、準備などをする会です。  この『ふれあいフェス』が開催されることとなった背景として、霞ヶ関北地区の高齢化によるものがあります。  川越市の統計データによると、2017年1月現在で、霞ヶ関北地区に占める65歳以上の割合はなんと約46%にものぼり、自治会の役員の方たちも高齢者という現状です。 自治会が主催する子ども向けのイベントも、役員の方が企画し、それを子どもたちが受動的に楽しんできました。  霞ヶ関北地区の自治体が主体となり、子どもたちが参加出来る持久走の練習やハロウィン、お化け屋敷などはずっと開催されてきたそうです。 2015年には、子どもたちがただ参加するだけではなく、地域の皆さんと交流することが出来るふれあいフェスが企画されました。 その時の模様は、カワゴエ・マス・メディアでも取材をしております。 http://koedo.info/150508kodomofes/ そして、今年で3回目となるふれあいフェスでは、地域の皆さんとのふれあいというテーマを引き継ぎ、今まで参加をしていた子どもたちが、今度は主体となり、どのような遊びが地域の皆さんと交流出来るのかなどを自らで考え、その考えをどうすればかたち作ることが出来るかを話し合い、実際に作業を進めてきました。 3月に第1回目が開催され、取材に伺った今回が最後の準備の会となった川越霞ヶ関子ども会議の模様をお届けします。   ‖…