世界に伝えたい!日本の素晴らしさ・日本の魅力~「第2回英語でニッポンを語ろう!コンテスト in 川越」

, ,
「世界に伝えたい!日本の素晴らしさ・日本の魅力」をテーマに6月10日(土)、「英語の通じる街」実行委員会主催「第2回英語でニッポンを語ろう!コンテスト in川越」がウエスタ川越で開催されました。 この「英語の通じる街」実行委員会は、川越を英語と心が通じる街にすること、そして川越をモデルケースにし、日本各地に英語の通じる街を増やすことを目的に、2013年に川越の地元企業の経営者を中心につくられました。  川越を愛する人たちが、英語というコミュニケーションツールを通し、川越を訪れる外国人観光客をもてなし、そして「英語の通じる街・川越」として世界に川越を発信する、そんなきっかけの1つとなることを目的として、今回のコンテストが開催されました。 どれだけ上手く英語が話せるかという英語の能力だけを競うものではなく、自分自身が感じる日本の素晴らしさを「伝えたい」というおもいや、メッセージ性も審査基準となります。 それでは、どのようなプレゼンテーションが繰り広げられたか、熱戦をお届けしたいと思います。   ‖…

あなたも見たことがあるはず〜デザイン自動販売機の世界〜

,
喉が渇いた時、特に今の季節は熱中症にならないためにも水分補給は欠かせません。 そんなときに目にする自販機は、ありがたいですね。 どんな飲みものを選ぼうと近づいた時、ちょっとマシン本体にも目を向けて見てください。 そこには、デザイン自販機の世界が広がっているのですから。   ‖…

大人も子どもも泥まみれになって田んぼで遊ぼう〜どろんこDAY〜

, ,
川越市吉田の高台にある「特別養護老人ホーム みなみかぜ」 ‖ 地域に開かれたみなみかぜ 社会福祉法人「健友会」が運営する施設。 老人ホームやグループホーム、ショートスティ、ケアハウス、ディサービなどを提供。 そして、特徴的なのは「地域交流センター」としての機能も持つこと。 施設で暮らす利用者、地域住民の方々、職員との交流の場としての活動も行われています。 2016/12/07では、地域交流活動のひとつ「昼市」の様子を記事にしました。 http://koedo.info/161207minamikze/ 活動の一つ「みなみかぜいきいき田んぼの会」 この会では、生物多様性農法で無農薬稲作に地域住民と共に取り組んでいます。 田んぼに設けられたビオトープ。見た目でも多くの生きものが棲んでいるのがわかります。 このあたり一面は田んぼが広がり、今の季節はカエルさんが大合唱。 マガモたちがのんびりと餌をついばんでいました。 無農薬栽培の田んぼなので、泥の中に多くの生きものが育まれているのでしょう。 ‖…

GW最終日キャラクター達に会いに行こう〜小江戸蔵里キャラクター祭り〜

,
朝から雲一つ無く晴れ渡った5月5日子どもの日。 この日は第6回を数える小江戸蔵里キャラクター祭りの初日。 5月6日、7日も行われますので、そう、このブログを読んでからでも間に合うのです! というわけで、5月5日の様子を緊急レポートしま〜す。 小江戸蔵里は朝から大勢の人で賑わっています。 ‖…

アメニモマケズ 陽気ニ 食ベテ 踊ッテ 楽シム それがタイ人スタイル 〜小江戸タイフェス〜

, , ,
川越春まつりオープニングが華々しく開催された翌日。 この日が2日目の小江戸タイフェスは冷たい雨の中で始まりました。 ‖ 広場のブース出展〜雑貨編〜 入り口付近には雑貨屋ブースが2軒並びます。 POT-SHOT 手前は川越市岸町にあるヘンプ(麻)と雑貨の店「POT-SHOT」 アフガニスタンやメキシコの民芸品やヘンプ(麻)の雑貨が並びます。 ナチュラルで使い心地がよさそう♪ 元WARMTH こちらはかつて蓮馨寺の立門前通りにあった「WARMTH」の出展。 店主の田代さんとも久々にお話をしました。 とても魅力的なプランを考えているそうでこれからの展望が楽しみです。 ‖…

ラジオぽてと一番街局 in 川越春まつりオープニング2017

, , ,
日差しまぶしく、小江戸川越の観光シーズンの幕開けを飾るに最適な天気となったこの日 星野高校吹奏楽部のマーチングバンド&カラーガードの行進で春まつりが始まりました。 私たちカワゴエ・マス・メディアが運営する「ラジオぽてと」も参加。 いつものスタジオを飛び出して、鍛冶町広場で公開収録です。 11時30分、テーマソングとともに「ラジオぽてと」が始まりました。 ミカジョーさんと黒子の二人の軽妙なトークで春まつりの見どころを紹介。  ミカジョー いつもはトークがメインの「ラジオぽてと」ですが、この日はライブが中心。 トップバッターは、「ミカジョー」さん。曲は「空蝉と幽霊」からスタート。 たちまちステージの前は人だかり。その憂いを帯びた歌声に聴き入ります。 黒を基調にグラデーションカラーの和服も素敵でした♪ 曲は、「暗い沼」、「大きな月の歌」、「曼荼羅と蜘蛛の巣」と続きます。 4月5日(水)は、18時から「鶴ヶ島ハレ」で定期ライブ。 ぜひ、沖縄料理とともにミカジョーさんの歌声を聴きに来てください♪ https://www.facebook.com/mikajo333/   KATOYAN 続いては、KATOYANさんのマジックショー!テーブル浮遊で観客を驚かせます。 ロープマジックや日本地図に塗る色を当てる予言マジック。 お客さんの選んだトランプがペットボトルのお茶の中に!次々と繰り出されるマジック。 ウサギのスポンジマジックは子供たちが大喜びでした♪ ショーが終わった後も広場内でマジックを披露してサービスしていました。 KATOYANさんがボーカルをつとめるバンドSleeping…

身土不二(しんどふじ)~川越縁の食材で開運恵方巻作り~

, ,
去る2月3日は節分の豆まきや恵方巻など、それぞれ楽しまれた方も多いのではないでしょうか。 最近は、恵方巻もかなりバラエティーに富み、テレビや雑誌の特集などにも多く取り上げられています。 今年はどのような恵方巻を買おうか考えていましたが、せっかくなので川越に縁がある食材で恵方巻を作れないかと、ふと思い浮かびました。 また、『身土不二(しんどふじ)』という、地元の食材を食べ健康になるという言葉があるように、恵方巻で開運を願うのですから、地元の食材を身体に取り入れることで開運パワーが更にアップするかもしれません。  恵方巻は、七福神にあやかり7種類の食材を海苔で巻き込むのがよいとのこと。 ということで、 【ルール】 …

Googleストリートビューの知らない坂道の世界〜川越藤間(後編)

,
月曜日に配信した「川越藤間の坂道」は思いのほか好評でした。 http://koedo.info/170206fujimanosaka/ それでは、後半最初の坂道です。 坂の下から撮ると住民の生活感が出ていいですね。 次の坂 次の坂は並木通りまで繋がっています。 これまでよりはいささか勾配が緩やかになってきました。 坂から自宅への横道に入るために設けられた階段。 この坂を下って行くとその先にあるのは、以前紹介した「音喫茶一乗」 何を隠そうこの記事を書くきっかけとなったのがこのお店の帰り道。 「この辺は坂が多いなぁ」というところからピピっときました。 次の坂はNailsalon…

Googleストリートビューの知らない坂道の世界〜川越藤間(前編)〜

,
川越市のお隣、ふじみ野市にある東武東上線「上福岡駅」。 駅を降りて線路沿いに川越方面へと進む。 するとあることに気づかないだろうか? 線路を跨ぐ歩道橋からの風景 線路と直角に曲がるこの道がふじみ野市との境。 一見何の変哲もない平坦な道に見えますが..。 「珈琲・軽食…