冷やしたぬきうどん

地元に愛されてきた老舗のうどん。〜手打ちうどん むぎなわ(閉店しました)〜 

前を通る度にいつも気になっていたお店が「手打ちうどんむぎなわ」さん。 そのうちいつかと思っていたら、Facebookでこの7月で閉店を知りました。   店の顔になっている縄のれん。 今までに何れ位の人がこの縄のれんをくぐっていったのでしょう。   左手に置いてあるホワイトボードの看板には、その日のお勧めメニュー。 一番上に有るのが「かま玉うどん」。 期間限定という吹き出しにもそそられたので本日の注文はこれの「大」に決定です。   ずらりと並ぶメニュー表   かけうどん、たぬきうどん、きつねうどんといった定番。 もりうどん、ざるうどん、釜揚げうどん、冷やしうどんなどなど。 「シチューうどん」なる気になるものもあります。 右の方に掲げられていたサイドメニューからミニ天ぷらを頼みました。 他には、豚の角煮、揚げ出し豆腐、大根サラダがありました。   店を入って左手には大きな鏡。 芳賀工務店、一高建設から贈られたもののようです。 その横には取材された時の雑誌や新聞の記事が掲げられていました。   喉越しの良い麺を楽しむ   注文してほどなくしてやってきた、かま玉うどん(大盛り:450円税込み)。 つやつや光る透明感のあるうどんに、玉子、ねぎというシンプルなもの。…
山田食堂

ごはんできてるよー!みんなの食堂ヤマショク!~山田食堂~

お仕事が終わって、どこかでごはん食べて帰ろうかな~なんていうときのおすすめが、 クレアモールの丸広前の小道を入ってまもなく見えてくる、ここ「山田食堂」さん。 夜のごはんっていうとどうしてもお酒とおつまみか、 ラーメン屋さんとかファミレスのパターンになりがちではありませんか? それも良いのだけど、ちょっと落ち着いてごはん食べたいなぁー、 できたら一杯飲みたいな~をかなえてくれるお店です。 今年5月に2階から1階に移りリニューアルオープンしたこのお店は、 地元川越のみなさんに大人気なのです。 明るい木目の外壁とこの暖簾、なぜだか懐かしさを覚えます。 温かみを感じる店内です。 写真の左側にも2人席が2~3席ほどあります。 お店奥には小上がりもあります。 写真を撮った後にちょうど仕事帰りのお父さん達が、靴を脱いでワイワイあがっていきました。 ホッとするひと時なんでしょうね。 私は一人だったので、カウンターへ。 メニューは焼き魚定食が充実していましたが、ぱっと目に入ったのが日替わりやまだ定食! しかも数量限定(650円:税別)。 聞くとランチ限定とのことでしたが、特別にオーダーに応じてくれました。 一杯飲んでくつろいだ♪ そして、定食がくる前にちょっと一杯いだだきながら、お店の方とおしゃべり。 なんだか実家のダイニングにいるようなゆったりとした心地よさを感じます。 ふとカウンターの上を見ると梅が漬けてある瓶が4つ並んでいました。 これも飲めるんですかー?(って欲張りですみません)と聞くと、漬けてまだ1か月とのこと。 梅をたくさんもらったので、4つ違うお酒(ホワイトリカー、焼酎、ウイスキー、赤ワイン) で漬けてみたんだそうです。 うふ、あと1~2か月くらいで飲み頃かしら? そんなお話をしているときでも、お客さんが入れ替わり立ち代わり。 私の後ろの席は常連さんと思われる若者グループ。 わさわさっとやってきて盛り上がっておりました。 やってきました「やまだ定食」 こちらが本日のやまだ定食(ほんとはランチ限定!)です。 油揚げのなかにお肉とお野菜を詰めた巾着煮です。小さな冷奴がついていました。 この巾着煮、ほどよく甘く煮付けてあって油揚げがたっぷり煮汁を含んでいます。 この甘い煮汁が温かいご飯とよく合うこと! 定食を食べ終わってから、ふと気が付く 「多数リクエストありがとうございます」のチキン南蛮!メニュー。 うーん、次来たときはこれにしようかな? そして、もっと飲みたい方にもおつまみメニュー充実しています。 営業時間はこちら。 ごちそうさまでした。・・・とお店をでようとしたときに 焼きあがったばかりの赤魚鯛(あこうだい)のカリッとした皮の芳ばしい香りが漂ってきました。 ううむ、次はこれだ・・・ 以上やまだ食堂さんでした! WRITER…
オムライス

口に広がる食材のハーモニーを楽しむオムライス ~菩提樹(閉店しました)~

県道39号線を川越市内から坂戸の方に向かい入間川を越えたところ。 目の前にのどかな田園風景が広がったと思ったら、すぐ左手に現れる白い建物。 それが「手作りレストラン菩提樹(ぼだいじゅ)」です。 30台は止められるという広々とした駐車場があるので、車で来やすいレストランです。 11時過ぎとランチタイムには少し早めだったので、通された部屋は貸し切り状態でした。 他にもブースで区切られた部屋が幾つかあって全部で100席。 入り口には店内マップが掲示してあります。 スペースを惜しまずテーブルや椅子をレイアウト。 バリアフリーとなっているので、店内はとても広々としています。 ランチメニューからクレープセットをオーダー。 メインはスパゲティ(生パスタは+150円)、ピラフ類、カレー類、スパグラタン、 グラタン・ドリア(+210円)とあって、グランドメニューから選ぶ方式。 デザートはミニクレープ、生キャラメル、ミニプリンのうちからお好きなものを。 今日は、オムライスとクレープをチョイス。 これにスープ、サラダバー、ドリンクバーが付いて、1,130円(税別)です。   メインを待つ間にサラダとスープ、ドリンクを持ってきました。   キュウリを食べてびっくり。 独特の青臭さがなく旨みと小気味好いサクサクとした歯触り。 お代わりできるのが嬉しい♪   やってきました、卵の黄色とデミグラスソースの深みのある赤の対比が鮮やかなオムライス。 一見、白いご飯のようですが、ガーリックライス。 一緒に炒めてある玉ねぎがとても甘く、これもキュウリと同じく旨みしか感じられません。 そして、オムライスにかけてあるドミグラスソースは絶品。 一口食べれば、牛肉を始め様々な具材のエキスが溶け込んでるのが感じられ、 じっくりと時間を掛けて作り込んだものだと言うことが分かります。 コクのあるソースと玉ねぎの甘さが引き立つライス、それを取り持つオムレツ。 見事なハーモニーです。   口の中をリセットしてオムライスを楽しみたいのと野菜の美味しさが忘れられず、 サラダバー2周目は、キュウリ多め(笑)   デザートのクレープは、生クリームとバナナ入りをコーヒーと共に。   また、ランチメニューは、クレープセット、ケーキセット、デザートセット。 こう名付けると名付けるくらいスィーツも豊富。 しかも、アイスクリームが200円から、ドリンクバーが300円とリーズナブル。 午後のひととき、甘いものでほっと一息つくために来るのも良いですね。 WRITER…
MarketPlace

美味しい川越野菜をたくさん召し上がれ♪ ~Market Terrace~

普段は家族そろって食事する機会が少ない我が家。 今日は奮発して家族サービスデーということにしましょう。 今や川越で超人気店となった川越総合地方卸売市場の場外レストラン「Market…
はつかり醤油焼きおにぎり

[関東地域限定] 24時間川越の味を楽しめる〜はつかり醤油の焼きおにぎり〜

7月8日に発売されるや川越中で話題になった「はつかり醤油の焼きおにぎり」。 ローソンの関東地域限定商品なので、24時間いつでも川越の味が楽しめるのが嬉しいですね。 というわけで、近所のローソンに行って買ってきました。   小江戸川越「はつかり醤油焼きおにぎり」   明和元年は1764年ですから、今からちょうど250年前!の創業です。 なぜ、2個あるか?それは、あの味に挑戦するからです。   その前に背面も見ておきましょう。 表は醤油蔵の写真でしたが、裏は商品名と原材料。所沢で作っています。   ホームページからの引用です。 味の決め手の醤油は、埼玉県で最も古くから醤油醸造を営む「松本醤油商店」の「はつかり醤油」を使用しています。 ■「はつかり醤油」は木桶で長時間熟成させた旨みと香りの良さが特徴の醤油です。 ■もち米も混ぜ込む事でもちもちとした食感が楽しめるおにぎりです。   パッケージにしたがって、少し電子レンジであたためました。 はつかり醤油はおにぎりの表面に塗られています。   まずは、そのままいただきます。 もち米がはいっているので、文字通りもちもちとした食感。 はつかり醤油のコクと甘みが口に広がります。     いわし節登場!   我が家では常備されている「いわし節」。   一番街商店街の中市本店さんで購入出来ます(360円:税込み)。   これを、はつかり醤油の焼きおにぎりにたっぷりと「まぶす」! そう、だれもが夢見る「はつかり醤油のねこまんま焼きおにぎり」の完成です!   味は? 美味しいと思うでしょう…。   その想像以上の旨さでした。   中市商店さんの店頭でいただく焼きたての香ばしさとはまた違う魅力です。 週末のお昼は、蕎麦、うどん、ソーメンなどの麺類とおにぎりの組合せが多いので、 この「はつかり醤油の焼きおにぎり」は、これから我が家の定番になりそうです。 WRITER…
醤油ラーメン

ガツン!と尖がった最強スープ「まぐろラーメン大門」

モンスターと呼ばれた台風8号が過ぎ去り、その後突然やってきた灼熱の夏日。。。 暑い、暑い、とにかく暑い(゚A゚;)   早朝から何も食べず用事を済ませ、川越駅に戻って来たのが14時過ぎ。 腹は減ってもあまりの暑さにグッタリ(ヽ´ω`)   そこに目に入ってきた大きな「辛唐麺」の文字と「まぐろラーメン」の暖簾。 「TOKYO…
近江屋長兵衛商店

「おじゃマップ」に登場した鐘つき通りのお豆腐屋さん〜近江屋長兵衛商店〜

TOFUとして世界にも知られる和食の代表選手「豆腐」。   これからの季節は「冷や奴」が良いですね。   今回は、鐘つき通りのお豆腐屋さん「近江屋長兵衛商店」をご紹介。   ここには、フジテレビの「おじゃマップ」でSMAP香取さん、アンタッチャブル山崎さん、   ゲストの浅野ゆう子さん、中山秀征さんも食べた「枝豆寄せ豆腐」があるのです。   所用もあり土砂振りの中の買い物になりました。   川越のシンボル「時の鐘」を写すと構図が決まるので、お店の前は、絶好の撮影スポット。   天気のいい日はこんな感じの写真が撮れます。     さあ、手っ取り早く買い物を済ませましょう。   ショーケースの上段はがんもどきや厚揚げなどの加工品、下段は豆腐の数々。   「枝豆寄せ豆腐」「寄せ豆腐」「厚揚げ」を包んでもらうと、   テレビを見て来たんですか?と聞かれました。   やはり、放送直後は買いに来る人が多かったそうです。     お豆腐づくしの食事ができる   お店には「テーブルとカウンター席があってご飯が食べられます。   以前は「お豆腐盛りセット」を頂きました。   寄せ豆腐、枝豆、抹茶、ごま、ゆずと5種類の豆腐が楽しめ、   豆乳、具沢山の豚汁で850円。プラス60円でご飯付きに。   正午には、おいしい豆腐を食べながら鐘の音を楽しむ贅沢も!     しりとりイレブンで紹介のグルメ   ちなみに、「おじゃマップ」の人気絶品グルメしりとりイレブンでは、 【川越(え)】→近江屋長兵衛商店【枝豆寄せ豆腐(ふ)】→大玉や 【フライせんべい(い)】→菓匠右門【いも恋(い)】→彩菓庵おおき 【芋たいやき(き)】→川越ベーカリー楽楽【牛すじ煮込みの黒カリー(り)】 →菓子屋横丁かとう【りんごジャムサンド(ど)】→豆吉本舗【どん辛柿の種(ね)】 →中市本店【ねこまんまおにぎり…

目と舌で味わう、美しきビストロランチ~ビストロ カシュカシュ~

新しいビストロのお店   本川越駅近くのビルに、新しいビストロのお店ができたらしい   という話を聞きつけてランチにやってきました。   Bistro CacheCache(ビストロ…
鹿肉シチューとニョッキ

小説の一節に出てきそうな、町の小さなレストラン〜ダイニング・チヨ〜

取材・記事 白井紀行   店に入ると、それまで、ワイングラスを磨いていたマスターが 「いらっしゃい」と笑顔で迎える町の小さなレストラン。 「今日は、いいお肉が入ったんですけど、食べてみますか?」 「へえっ、マスターのおすすめなら、頂いて見ようかな」 注文を聞くと手際よく料理に掛かりながらも、楽しそうに話しかけてくれる。 小説の一節に出てきそうなお店が川越市清水町の「ダイニング・チヨ」です。   ランチポケットシリーズ※第3弾は、表紙にも使われている「鹿シチューのニョッキ」。 これは、楽しみです。 (2018/8/14加筆) 当時は500円でランチが食べられる「ランチポケット」でお店を巡ってました。 http://www.kg-net.jp/guide/ir/pr/140411.asp   お店の道順 最寄り駅は上福岡駅。お店は駅から歩いて10分位のところにあります。   初めてなら線路沿いの道を歩く方が分かり易いでしょう。 まずは、駅の西口を降りて川越方面に向かいます。   やがて、右手にエメラルドグリーンの歩道橋が見えてきます。 そのまま、道なりに左に折れます。   住宅街をしばらく進むと、右手にコモディイイダの看板が見えてきます。   交差点に差し掛かったらもうすぐ。右に見える坂を下ります。   割と平面な川越で、こういう坂は新鮮に感じます。   だるまの絵、貸席と4つの教室があるという2階の看板、 ノスタルジーを感じる店構えと全てが気になる「藤間だるま市場」。   その先にあるのが可愛らしい外観の「ダイニング…