大人も子供もみんなでワイワイ種まきと苗床作り〜かわごえ里山イニシアチブ〜

, , ,
取材・記事 白井紀行   4月28日(土)ゴールデンウィークの初日。 「かわごえ里山イニシアチブ」では、種まきと苗床づくりが行われました。   ポット育苗箱への種まき かわごえ里山が取り組む有機稲作農法では、苗をポット苗で育てます。 今年は8反(ポット育苗箱で192枚)分の種蒔きなので手動と全自動播種機を手配。 こちらは手動播種機。育苗箱の448個の穴に培土を摺り切りで入れます。   手動播種機に種もみを投入。   種もみは温湯消毒を行って発芽させたものです。 温湯消毒について…

シリーズ「小江戸の公園であそぼう♪」~第3回 ≪出世稲荷神社≫ ~

, ,
取材・記事 武井香梨   前回の紹介から少し時間があいてしまいましたが…お待たせしました♪ 今回は本川越駅からも近い「出世稲荷神社」です。私の職場(保育園)では「いちょうくぼ」と呼んでいて子供たちも「いちょうくぼいくー!」とよく言っていますよ。 場所は、蔵里の裏の通りをまっすぐ行ったつきあたりにあります。 住所は川越市松江町1-7です。大きいイチョウの木が目印!!   検索してもでてきますが、「出世稲荷の大銀杏」というのも一緒にでてきます。入り口にあるのですが、秋になるとイチョウがとっってもきれいなんです!黄色いじゅうたんのようになることもあるんですよ♪残念ながら撮影をしたときは1月だったのでありませんが。   もちろんここは神社なので遊具などは少ないですが、十分遊べる場所!   子ども達が必ず行く場所「出世稲荷神社」 ここで、ちゃんと子供たちが紐を持って鐘をならし、手をたたきぺこっとおじぎする子もいるんです。その姿もとってもかわいいですよ♪   入ってすぐ左にはシーソー。小さいクラスの子供たちもよく乗ってお友達と楽しんでいますよ(#^^#)そしてシーソーの先には・・・   石碑があるんですが、この裏が子供たち大好きです。 裏に入り、「いらっしゃいませー!」「お団子ください」「はーい、お茶はいりますか?」と下の隙間から顔をだして、石やおもちゃがでてきてお店屋さんが開かれるんですよ♪ でも、この裏の塀の隙間から隣の駐車場に出てしまった子がいたので、ご注意を。 そしてその先にはもう一つ。   鉄棒があります。ここでは奥の方にあるからなのか、子ども達はあまり使わず、ほかのもので遊んでました。   入り口を入って右側に進むとすぐあるうんてい。小さい子も頑張って足をあげて登ろうとチャレンジしていますよ。でもまだ難しくてあきらめておもちゃで遊ぶ子の姿も…。2歳児になるとどんどん登っていき、後半になるとぶら下がったり支えてもらいながらもうんていをしています。   うんていの反対側には大人気のブランコ! 夏休みとかになると小学生も遊んでいるから、ブランコに乗った時につかまる部分がねじってあって高くなっていることもあるので、お子さんを乗せるときはご注意を。   広いスペースもあるから、動くのが大好きな子供たちにも心配なし! ボールや鬼ごっこ、かくれんぼだってできちゃう♪   そして、いちょうくぼには川越まつりで出る「松江町一丁目の山車」がしまってあります。 一昨年はお散歩で行ったときにちょうど山車をだしているところで、山車の前で写真を撮らせてもらえました!!運が良ければ、すごく近くで山車が見られるかも(…

シリーズ「小江戸の公園であそぼう♪」~第2回≪通町公園≫~

, ,
現役、保育士が子供を連れて遊べるオススメの公園を紹介する「小江戸の公園であそぼう」 シリーズ第2弾は前回ご紹介した「喜多院公園」からも近い、「通町公園」をご紹介します。 住所は川越市通町16−5となります。 公園の目の前には「ティーベリー~川越の幸せごはんいやしの種~」というお店があります。 自転車やベビーカーを止められる場所もあります。 もちろん、ベビーカーは中に入ることもできます。 この公園は野球やサッカー、ペットは入れないなど決まりもありますが、 遊具だけでなく、広場のようになっているので、鬼ごっこなど子どもたちがたくさん走っても大丈夫!! 保育園で子どもたちを連れていきますが、遊具で遊ぶ子もいれば、広いところで追いかけっこやボール、みんなで「よーい、どん!」とかけっこも楽しんでいます。 寒くても子どもたちは元気!体を動かしてポカポカ。 高さの違う3つの鉄棒 鉄棒です。3段階の高さになっています。 1番低いところでは子どもたちも自分で届くようで上手にぶらさがっています。 真ん中の高さになると背伸びをして手が届く子と届かなくて保育士を呼ぶ子がいます。 背伸びをしてぶらさがろうと頑張る子どもの後ろ姿はとてもかわいいんです♪ 1番高いところも挑戦したくて、保育士を呼んで手伝ってもらう姿は微笑ましいです。 人気のブランコ、順番待ちの数え歌 こちらでも人気のブランコ。2歳児のこの時期になると自分で乗れる子も出てきます。 公園に到着した途端に、一目散にブランコに走っていく子もいるんです。 でも人気があるためすぐに乗れる子と乗れない子に分かれてしまいます。 順番を待てなくて泣いて怒る子もいるんです。もちろん順番を待ってる子もいますよ。 待つ場所も決まっています。 中に入ってくると危ないことを伝えているので周りにある黄色の柵のまわりで待つんです。 きっと待っている子どもたちからの景色はこんな感じでしょう。 一緒に数を「1,2,3………10!おまけのおまけの汽車ぽっぽっ。 ぽーっとなったら変わりましょ。ぽっぽー♪」とかぞえて待ちます。 「変わって」と頼んだだけでは変われない子も、数をかぞえてみると変われることもあるんです。 すぐに仲良く砂場遊び こちらは砂場。 撮影に行った日は一組の親子が遊びに来ていたので、そのおもちゃが写っていますが、砂場も人気です。 保育園でお散歩に行くと親子で遊びに来ている子もいて、お友達のおもちゃが魅力的で「かして」と言ってから借りて、お友達と一緒に遊びはじめることもあるんですよ。 お山を作ったり、ごはんを作ったり、ケーキを作ったりして「はい、どうぞ」と持ってきてくれます! 水道とトイレもあるので安心 砂場で手が汚れてしまっても大丈夫です♪…

シリーズ「小江戸の公園であそぼう♪」〜第一回≪喜多院公園≫〜

, ,
2018年の新企画として、記者が現役保育士をしていることもあり、保育士の目線で川越市内にある親子で遊べる公園をご紹介していこうと思います。 ということで、記念すべき…