川越から始まる未来への潮流〜Gallery RooM・なごみたうん・Arc Jewelry Studio〜

.Share on Facebook2.3kTweet about this on TwitterShare on Google+0

7月10日号で紹介した「ウォームスプロダクション」

テナント3軒が埋まり10月1日(日)オープンが決まったとのことで伺ってきました。

自分のお店を持ちたいという夢を叶える小さな街角〜ウォームスプロダクション〜

場所は小江戸蔵里から少し先。武蔵野銀行の駐車場の向かい側にあるビルの2F。

.

ガラス壁からは手前の2軒の様子が良くわかり興味が惹かれます。

.

テナントに決まったのは「Gallery RooM」、「なごみたうん」、「Arc Jewelry Studio2号店」。

9月27日のこの日、オープンに向けて内装や看板の取り付けの真っ最中でした。

.

なごみたうんは、和×キャラクターがテーマの雑貨店。

紅葉狩りを楽しむ可愛い動物たちが描かれ階段は、2Fへ上がるだけでワクワク。

.

‖ オープンに向けて準備は佳境

慣れた手つきでニス塗りをしているのは「Gallery RooM」の原さん母娘(おやこ)。

.

「間に合うかな」と内装を手掛けるArc Jewelry Studioの鹿山さん。

.

看板を取り付ける穴あけに苦戦しているウォームスプロダクションの田代さん。

「う〜ん、なかなか通らない」

オープンに向けてオーナーとテナントが協力して作業にあたっています。

では、どんなお店が入るのか紹介していきましょう。

.

‖ gallery RooM

階段を入ってすぐにあるのは、gallery RooM。

.

所沢にアトリエ「うふ」を構える陶芸作家「はら・かおり」さんの新しいギャラリー。

原さんは、これまで各地の展示会に出展していましたが、自分の発表の場が欲しくて、

そして、他の作家さんを応援するための場として始めたのだそうです。

.

1ヶ月に一人の作家をゆっくりと紹介していくのが、Gallery RooMのコンセンプト。

その間は自分の部屋のように自由に使って欲しいから「RooM」と名付けたのだそう。

戸棚の中には今月、来月、再来月までの作品が展示されていました。

.

.

10月1日(日)〜30日(月)の1ヶ月間は、ご自身の個展。

.

猫をテーマとした陶器の作品がギャラリーに展示されています。

.

思い思いのポーズを取る陶器の猫たち。

.

どれも生き生きとしていて、まるで猫カフェで過ごしているかのよう。

.

窓からの西日を避けるために作ったというこの壁。

外から見ると「あれ?何だろう」と興味を引かせるギャラリーの顔の役目を果たします。

.

2Fから日がな一日通りを眺める白い猫。ギャラリーの看板猫として活躍中!?

.

原さんの作品は他にも、人形や心象作品をテーマに扱ったものがあります。

じっと眺めているだけで、その世界観に引き込まれ想像がどんどん膨らみます。

こちらに販売した作品の展示風景が掲載されてました。

http://ufu.sakura.ne.jp/display.html

ギャラリーを設けたことで市内でも原さんの作品を見かける機会が増えそうですね。

.

かわいらしいタッチの絵は、原さんのご主人、イラストレータの「はらJIN」さんの作品。

30年ほど前に大好きな釣りの最中に亡くなったのだそう。

「だから、この展示会は、二人展でもあるですよ」と、語る原さん。

.

ギンビスの「たべっ子どうぶつ」のイラストも「はらJIN」さんの作品の一つ。

調べると、日本初のパソコン雑誌『I/O』のイラストも手がけていました。

.

Gallery RooMのオープン時間はAM11時からPM5時で水曜日が定休。

それを時計のデザインに組み込んで作品にしてしまう作家さんの感性には脱帽です。

.

10月1日(日)の17時からはオープニングパーティー。是非、ご参加下さい♪

 

‖ なごみたうん

「ゆるっと可愛いキャラクタ×和の雑貨屋」と掲げているのが「なごみたうん」

この日はお店の方は不在でしたがメッセージを頂きましたのでそれを元にご紹介。

.

店内はオープンに向けて準備中ということもあって商品はこれから。

トートバック、ポーチ、手ぬぐい、iPhoneケース、ぽち袋、ステッカーが並んでいきます。

商品化にあたっては、なごみ島にある「なごみたうん」という架空の町の物語を設定。

そこで生活するキャラクターの姿を細部まで何度も練り直して完成させたのだそう。

.

3名の若いデザイナーさん達が作成した可愛らしい表情のキャラクターたち。

お店の名前の通り見るだけで、ほっと心が「和(なご)み」ます。

.

手に取ってもらった時に、ほんの一瞬でも笑顔になってもらうと嬉しい。

そんなデザイナーさんの思いが込められた作品が仲間となり住人となって暮らす町。

「何か面白いことないかなぁ」と思ったなら「なごみたうん」に遊びに来てください。

たまには、イヤなことをぜ〜んぶ忘れて、ゆっくりと和みましょう♪

.

「なごみたうん」は川越を一号店に今後、首都圏に展開し、アジアへも進出予定。

可愛いキャラクタ達が日本中、そして世界へと旅立ち、人々を笑顔で和ませる。

そんなことを想像するだけでも幸せな気分になってしまいます。

.

‖ Arc Jewelry Studio

「ジュエリーは人生の節目を形にしたもの、だから世界に一つしかないものなんです」

「ここに並ぶ結婚指輪、婚約指輪、ベビーリングには、家族の歴史が刻まれていきます」

そう語り始めたのは、オーダーメイドのジュエリーを手掛けるオーナーの鹿山さん。

ジュエリーは宝石店で買うもの。ましてや、オーダーメイドなんて自分には縁のないもの。

そんな概念がお話を聞くうちにガラガラと崩れ落ち、共感へと変わりました。

記念日には宝石を一つ増やす。ジュエリーも家族の成長に合わせて成長していきます

これは、二つを重ね合わせると時の鐘が現れるようにデザインされた結婚指輪。

プロポーズをした夜のことが脳裏にいつでも鮮やかに蘇る。

人生の中のかけがえのない節目の出来事を形に残したい。

そんなお客さんの思いをジュエリーに刻んでいく。鹿山さんの仕事の原動力です。

.

注文を受けてから出来上がるまではおよそ3ヶ月。

職人が直接お客さんの話を聞き、その思いを十分に汲み取ってから制作にあたる。

デザインや付け心地を確かめるためシルバーで見本を作成して貸し出すサービスも行う。

お互いにイメージが共有されるのでブレる余地はなく満足の行く仕上がりとなる。

.

こちらは、ご両親の結婚指輪を溶かして二人の指輪へと生まれ変わらせる様子。

ヨーロッパではジュエリーが親から子、子から孫へと代々受け継げられる伝統がある。

.

ジュエリーが家族の記憶を次の世代へと受け継ぐ役目を担えるよう、工房を受け皿にしたい。

そう語る鹿山さん。

.

「初めて見に行った紅葉」、「東京タワーを見ながらのプロポーズ」、「彼が砂に書いた文字」。

それぞれのリングには、二人だけの思い出が込められています。

.

さらに、セルフメイキングで自分たちも制作に携わることもできます。

式場で自分達がデザインした指輪を交換する光景を思い浮かべながらでの共同作業。

既製品では決して味わえない素敵な時間はきっと一生の思い出になることでしょう。

.

こちらが、Arc Jewelry Studioの本店(川島町飯島450

川島の四季折々の自然に囲まれた中に建てられたプロバンス風住宅とアトリエ。

生活スタイルからヨーロッパスタイルを取り入れているのだそう。

.

完成したジュエリーを渡すための部屋。感動の場面に最高の演出です。

.

こちらのお店にもアンティーク家具を運び入れてプチプロバンスとして演出。

鹿山さんは予てから川越の中心街にお店を出したいと足かけ2年探していました。

そして、今年の9月にこの場所に出会いトントンに話が進んだのだそうです。

.

店内には工房もあって、ジュエリー制作の工程を見ることができます。

ゴーッというバーナーの音と共に熱せられたプラチナが光を放ちながら溶けていく匂い。

リングを鍛造している金属音、完成したジュエリーのフィットした着け心地。

そんな五感も感じて欲しいと設けたのだそうです。

.

この他にも鹿山さんの思いはブログではとても伝えきれません。

ジュエリーのオーダーメイドといっても全ての工程を職人が手掛けるのでリーズナブル。

リフォームやリペアも承るとのことなので、まずは、足を運んで相談してみてください。

帰り際に見せて頂いたのは100年を越えて今なお時を刻む時計。ものを大切にする心が伝わります

‖ 川越から未来へと向けた潮流が始まる

業種こそ異なる3店舗ですが、根底に流れるものは共通しているように感じました。

それは、思いを形に変え、物語を生み出し、未来へとつなげる力。

10月1日、川越から未来へと向けた新たな潮流がここから始まります。

.

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

Gallery RooM

【会期】平成29年10月1日(日)〜10月30日(月)/はらかおり

【営業】11:00〜17:00

【定休】水曜日/(月末の火・水は展示品入れ替えのため連休)

【HP】http://ufu.sakura.ne.jp/ (Atelier うふ)

【FB】https://www.facebook.com/kaori.ufu

なごみたうん

【営業】10:00〜17:00

【定休】水曜日

【FB】https://www.facebook.com/nagomitown/

【TW】https://twitter.com/nagomi_town

Arc Jewelry Studio

【営業】11:00〜17:00

【定休】水・木曜日

【HP】http://arcjs.net/

【FB】https://www.facebook.com/arc.jewelry.studio/

 

ウォームスプロダクション株式会社

【住所】川越市新富町1-9-3 リジエールエフビル2F

【電話】050-1154-3097

【HP】https://warmth-production.wixsite.com/warmth-production

【FB】https://www.facebook.com/ウォームスプロダクション株式会社

川越市新富町1-9-3

コメントは受け付けていません。