一口目でわかる素材の新鮮さと心を込めた繊細な料理〜炭火焼と鮮魚 ほのか〜

.Share on Facebook2.3kTweet about this on TwitterShare on Google+0

川越駅東口を出てすぐにある十字路の交差点の先、

.

白いタイル貼りにモスグリーンの屋根を持った6F建てのビル。

.

ランチを食べようとブラブラしていて目に飛び込んできた看板。

.

ランチメニューの写真と字面がそそるじゃないですか(^0^)。

ここにしましょともう即決!エレベータに乗って5Fへ。

.

桜色の暖簾に筆で書かれた「ほのか」の文字に期待が膨らみます。

.

白を基調に気のぬくもりを感じる和風の店内は、座敷もあってゆったりくつろげそう。

一人なのでカウンターに座り本日の限定ランチ「メカジキのステーキ」を注文。

.

お椀の蓋を取って味噌汁を一口、「うん、美味しい♪」。

旨味が舌が刺激して甘みがあると錯覚させるくらい、とてもまろやかな風味です。

.

そして、主役のメカジキのステーキに箸を伸ばす。

.

口に入れた瞬間、これまで食べたことのない食感に驚きました。

全体に火が通っていながら中心部に微(ほの)かに生の風味が残されているレアの状態。

パサついてるという印象のあったメカジキの概念が覆(くつがえ)りました。

.

小鉢もシャキシャキした食感に、これ一品でも他の料理も間違い無いと確信。

実際、他のお客さんが注文した「鳥の唐揚げ」にも思わず目を奪われました。

.

セルフで注ぐサービスのコーヒーも、きっと良い豆を使っているのでしょう。

食後の一杯として贅沢さを感じさせてくれる味でした。

.

こんどは新鮮な刺身を始め、アルコールとともに料理を堪能したい!

そんな思いでお店を後にしました。

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

炭火焼と鮮魚 ほのか

【住所】川越市菅原町22-2 第2MSビル5F

【電話】049-223-0133

【営業】11:30〜14:00/17:00〜22:00

【定休】日曜日

川越市菅原町22-2

コメントは受け付けていません。