川越霞ヶ関にやってきた本格ベトナム料理のお店〜AM THUC VIET〜

.Share on Facebook2.2kTweet about this on TwitterShare on Google+0

東武東上線霞ヶ関南口を降りてかすみ北通りの取っ掛かりにある3階建てのビル。

.

この3Fに今年2月にベトナム料理のお店ができました。

名前は「Am Thuc Viet」、日本語で「ベトナム料理」というベトナム料理店です。

ベトナム語では「ẨM THỰC VIỆT」

入り口の階段を上がり、

.

店に入るとベトナムの風景画が目に入ってきます。中は広くテーブル席が並んでいます。

.

ノンラー(Nón lá)という傘帽子。ベトナムといえば思い浮かぶものの一つです。

.

さて、ベトナムと言えば定番の麺料理フォー。

数種類あった中からフォーボー(Phở Bò:牛肉麺)を選びました。

.

何枚かの牛肉とパクチーが乗っています。

.

フォーはお米の麺。日本の麺の感覚で食べるとコシが無いなという食感。

調べると日本のフォーはタピオカ入りのことが多いそうです。

日本人は麺にコシを求めるので、ローカライズされているんですね。

.

初めの写真だと良くわかるかと思いますが、お肉はちょっと赤みが残っています。

これをスープに浸して、いわゆるシャブシャブのように食べるのが流儀とか。

.

味はちょっと薄めかなと思いますが、ここで登場するのがテーブルの上の調味料。

.

酢漬けのニンニクスライス。

.

唐辛子味噌、

.

真っ赤になったスープ。見た目ほどは辛く無いものの、食べてると汗が噴き出してきます。

.

ニョクマム(魚醤)で味を整えて美味しくいただきました。

.

ベトナムブラックコーヒーがメニューに有ったので頼んでみました。

コップの上に乗っているのはフランス式のコーヒーフィルター

フォーを食べている間にすっかり下のコップにコーヒーが抽出されました。

.

フィルターの中は、取り立てて変わったところは無いんですが、

.

まずは、そのまま飲んでみます。「うわっ、濃い!」とビックリ。

エスプレッソの苦味でなく旨味も出ていて、まるで、コーヒーリキュールのよう。

.

3gx3本のステックシュガーを加える。これで、ちょうど良い甘みになります。

この苦味は癖になりそう

‖ 夜ご飯

こちらのお店にはオープンしてすぐに晩御飯も食べに行ったのでご紹介。

これは、ゴイ・クォン(Gỏi Cuốn)。日本でも馴染みの深いベトナム料理「生春巻き」

.

これは、Ếch Xào Cà(エック・サオ・カー)、カエルとナス炒めです。

カエルは初めて食べましたが、小骨が多いほかは鶏と白身魚のような味と食感。

.

Cái Chíp Xào Tỏi(カイ・チップ・サオ・トイ)、にんにくと野菜炒め。

これは、中華料理でも出てきそうな素直な美味しさ。

.

Gỏi thập Cẩm (ゴイ・タップ・カム) 、ミックスサラダ。

.

川越にいながら本格的なベトナム料理が味わえるのはいいですね。

最寄駅のすくそばでもあるので、今後、食べに行く機会も増えそうです。

 

記者感想(おまけのひとこと)

異国の料理は手軽な異文化交流の一つですが、時にどうやって食べるのか悩むことも。

その悩みは海外から来た観光客が、日本で食事をするときも同じ。

メニューは多言語版が用意されていても、食べ方は見落とされている気がします。

それを写真やイラストで示すような工夫も、これから求められるのでは無いでしょうか?

このブログを書くにあたりフォーの食べ方をネットで調べつつそんなことを考えました。

取材・記事 白井紀行


INFORMTION

ẨM THỰC VIỆT ベトナム料理

【住所】川越市的場北1-4-7 中里ビル3F

【電話】070-2615-7100 / 080-3096-7628

【営業】11:00〜15:00 / 17:00〜22:00

川越市的場北1-4-7

コメントは受け付けていません。