色とりどりの短冊に願いを込めて〜川越氷川神社の七夕祭り〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

8月7日は月遅れの七夕。この日、川越氷川神社では七夕祭りが執り行われました。

tanabata01

同神社では、「縁結び風鈴」も行われていて、涼やかな風鈴の音を聞きながら境内で。

tanabata02

境内のあちこちに置かれた笹には、色鮮やかな願いを込めた短冊が結ばれています。

tanabata04

19時から祭典が始まるとあって境内には多くの参列者。

記者は間に合いませんでしたが、18時からは舞殿で伝統芸能の奉納が行われたそうです。

tanabata06

境内は人でぎっしりです。

tanabata07

19時となり祭典が始まりました。

tanabata08

宮司や神職の方々が御出でになられました。

tanabata09

ドーン、ドーンと境内に太鼓が鳴り響きます。

tanabata10

さぁーっと風が吹いて風鈴が揺れました。

この風は一節には神様が来たことを示すサインとも云われています。

tanabata11

祭典は神職による「お祓い」から始まり、境内を清めます。

tanabata12

つづいて、「お供え」。米やお酒、饅頭などを神様に捧げます。

tanabata13

山田宮司が、七夕祭りを執り行うにあたって神様に祝詞をささげます。

tanabata15

また、風がさーっと駆け抜けました。

tanabata16

二人の巫女により「神様の鈴」が捧げられます。

シャンシャンシャンと軽やかでありながら境内を包み込む不思議な音色です。

tanabata17

神様に「玉串」を捧げます。

tanabata18

この日のために選ばれた子ども達による「玉串」の奉納です。

tanabata19

お供えものを下げます。

tanabata20

山田宮司からの挨拶です。

子ども達に対しては、願いが叶うことを神様にお祈りしたこと。

もし、雨が振って天の川が見えなくてもお星様は、皆のことを見守っている。

それと同じく、お父さんやお母さんの気持ちも見えなくても見守っていること。

そして、ポケモンGOで神社を訪れる時には必ず神様に挨拶してからと伝えました。

大人には、七夕の由来とご先祖様を敬うことが伝えられました。

tanabata21

また、さーっと風が吹き抜けます。

tanabata22

参列者全員にお祓いがされた後、七夕まんじゅうが配られました。

tanabata24

この後、短冊の願いが叶うように笹を新河岸川に流します。

tanabata25

回廊はものすごい人だったので、境内のこちら側を通って新河岸川へ。

tanabata27

こちらを通ると透明な風鈴が吊るされた「風鈴小路」を見ることができます。

tanabata28

下からの照明で次々と表情を変えて行きます。

tanabata29

新河岸川の欄干で宮司が祝詞をあげます。

tanabata30

そして、笹を天の川に見立てた新河岸川へ。

tanabata31

しばらく川を浮かんでいた笹はやがてゆっくりと流れ出しました。

tanabata32

境内に戻ると舞殿で和楽器による演奏が始まっていました。

tanabata34

また、線香花火が配られ、子ども達は夏の一夜を楽しんでいました。

tanabata33

短冊の込められたそれぞれの願いが叶いますように!

tanabata26

天の川に願いを込めて!

tanabata35

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

川越氷川神社「七夕祭り」

【開催】平成28年8月7日 18時〜

【場所】川越氷川神社(川越市宮下町2-11-3

【HP】http://www.hikawa-fuurin.jp/ (縁結び風鈴)

【FB】https://www.facebook.com/hikawa.kawagoe/

川越市宮下町2-11-3

コメントは受け付けていません。