公園散策でリフレッシュしたら極上の空間でひと時を〜café trill〜

.Share on Facebook2.4kTweet about this on TwitterShare on Google+0

6月27日号に「小畦水鳥の郷公園」の古代蓮の様子を紹介しました。

trill01

その公園の直ぐ傍を通る「おいせ橋通り」。この先を行けば、もう、鶴ヶ島市。

trill17

その道路沿いにある近代的な建物。

trill02

壁には絵画が掛けられていて、まるで美術館に来たかのようなお店「Cafe trill」

店内は落ち着いた空間、静かな時が流れています。

trill03

シフォンケーキが自慢のカフェで、土日にはキッシュランチも提供。

限定20食とあったので聞いてみると、まだ間に合いました♪

trill04

キンと冷えたアイスコーヒーで喉を潤して、ほっと一息。

trill05

プレートに彩りよく盛りつけられたキッシュやサラダがまず目を楽しませる。

trill06

時間を掛けて丁寧に作られたスープ。

trill07

サラダにもちょっと一手間加えてあります。

trill08

フルーティーで酸味の利いたドレッシングが野菜の味を引き立てます。

trill09

それでは、メインのキッシュを味わいましょう。

具材にズッキーニ、トマト、パプリカを使った「夏野菜のキッシュ」

7月からは「ドライカレーのキッシュ」に代わるそうです。

trill10

「洋風茶碗蒸し」ってお客様から云われるんですよとオーナー。

サクサクのパイ生地に包まれたふわふわの卵。

こうして、写真を撮るのも難しいくらいの柔らかさです。

trill11

パリッと焼かれたバケットはバジルペーストを乗せて。

trill12

2階にも部屋があって、さらにテラスもあります。

trill13

店の入り口には、川越の養蜂家「野々山養蜂」の蜂蜜。

前回の川越Farmer’s Marketで知って取り扱うようになったそうです。

trill14

レジの横にはシフォンケーキ。もちろん、購入して家で楽しみました。

ふんわりと柔らかくてとてもしっとり。お土産にしても喜ばれそう。

他にもタルトやシュークリームも並べられスィーツ好きの目を引き寄せます。

trill15

近辺は、始めに紹介した「小畦水鳥の郷公園」や、「小畦川」、「御伊勢塚公園」。

散策して気分をリフレッシュしたら、café trillでランチやコーヒータイム。

そんな、大人の散歩にぴったりなお店です。

trill16

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

café trill

【住所】川越市吉田新町2-12-14

【電話】049-232-5588

【営業】11:30~19:00

【定休】毎週火曜、第1・3水曜日

【HP】http://www.cafe-trill.com/

【FB】https://www.facebook.com/cafetrill/

川越市吉田新町2-12-14

コメントは受け付けていません。