じっくり浸る作品の世界、じっくり堪能する秋田の味〜Gallery & Cafe平蔵〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

川越八幡宮、表参道への入り口の看板が目に付く県道39号線。

heizo01

その沿道沿いにあるのは、どこか黒漆喰の蔵を思わせる建物。

そのうちのひとつがGallery & Cafe平蔵です。

heizo02

オーナーの遠藤さんのインタビュー記事を掲載したのが約1年前のこと。

夢へのチャレンジはまだ始まったばかり!~遠藤綾子さん(Gallery&Cafe平蔵)~

 

1月末、ウェスタ川越に川越シェフが来た時には記者もブースをお手伝い。

heizo13

今度、ランチを食べに行きますと約束しながら気づくと4月も下旬(^^;)。

ようやく24日にお伺いしました。

しかもこの日はアートモガダムさんの個展の最終日と良い時にきたものです♪

heizo03

店内に入ると目に飛び込んでくるのは白い壁に飾られた沢山の絵。

絵や写真をじっくりと見るための造りになっているなと感じます。

「作品展によって音楽も変えているんですよ」と遠藤さん。

観賞するときの雰囲気を、とても大切にされているんですね。

さて、この日選んだのは限定3食という秋田由利牛のローストビーフ弁当。

お店の名前入り特注の「曲げわっぱの弁当箱」に詰められての登場です。

heizo04

職人さんが天然秋田杉で作った弁当箱をしばし眺めた後、蓋を取る。

ピンクの美味しそうな秋田牛のローストビーフが目に映ります。

heizo05

旨味を逃がさないよう低温調理しているというローストビーフ。

銀賞を取った牛の仔のお肉だそうです。

heizo06

とても柔らかく、舌が喜んでいるのが分かります。

heizo07

山菜の女王と云われる「アイコ」

heizo08

初めて食べましたが、シャキッとした歯ごたえと爽やかなくせの無い味。

地元では、これを食べると春が来たのを実感するのだろうなぁ。

そんな風に勝手な想像が膨らむ一品でした。

heizo09

比内地鶏のつみれが入ったスープはほっとする味。

秋田って美味しいものばかりでいいですね。

思わず目についた「いぶりがっこ(沢庵の薫製)」をお土産に買ってしまいました。

heizo10

訪れたときは、「きりたんぽ鍋のあとは…」となっていた看板。

Facebookを見ると、メニューが発表されていました。

登場するのは「秋田由利牛の和風ポトフ」と「八幡平ポークの曲げわっぱ弁当」。

更に、様々な山菜に5月末からは「ジュンサイ」も入荷。

heizo11

秋田の文字を見聞きすれば、もう自然と頭に浮かんできそうな「平蔵」。

また、季節の味を食べに来ます!

取材・記事 白井紀行


INFORMATION

Gallery & Cafe 平蔵

【住所】川越市南通町8ー6

【電話】049-215-5575

【営業】11:00〜17:00

【定休】月・火曜日

【HP】http://www.heizocafe.com/

【FB】https://www.facebook.com/heizocafe/

川越市南通町8ー6

コメントは受け付けていません。