いつもの道をちょっと外れて美味しい発見!〜パン工房Bare Bread〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

川越中心街から自宅のある上戸へ自転車で帰る道すがら。

札の辻を西に折れ、菓子屋横丁を過ぎて高澤橋を渡る。

真っすぐ進めば、石原町交差点へと続いていく通い慣れた道。

barabread01

だが、ふと気まぐれに目についた路地に入ってしまう。

そこで思わぬ発見や風景、地元の人しか知らない店に出会うから。

今日もなんとなく傘の列が進む路地へと曲がってみた。

barabread02

この辺りは閑静な住宅街。

barabread03

こんな路地を見つけただけでもワクワクしてしまう。

barabread04

そのまま、自転車を走らせると駐車場に「手作りパン工房」の看板。

barabread05

もしかして!?と期待に胸を躍らせながらペダルに力を入れる。

barabread06

ありましたよ、思わぬ出会い!

ちょっと奥まった所にあったのは木で作られた可愛いお店。

barabread07

砂利が敷き詰められた庭では、キノコやパンダが顔を覗かせる。

barabread08

入り口では豚さんが「いらっしゃい」と迎えてくれました。

barabread09

店内は明るく、美味しそうなパンがずらりと並ぶ壁際の棚。

barabread10

くるみパンに五穀パン

barabread11

定番だけどやっぱり一つは選びたいアンパン、クリームパン。

barabread12

隣りには総菜パンが並ぶ。最後のちくわパンをトレーに載せました♪

barabread13

シンプルな味でごまかしの利かないパン屋の試金石。

記者が勝手にそう決めている「食パン」は細君にも好評でした。

barabread14

さらに特筆したいのがこちらの焼き菓子。

値段も手頃なので、パンを買いに来るついでについ手が伸びてしまう。

ひとつひとつ表情がちがう「雪だるまパン」は冬限定。

barabread15

ブログを読むと自己紹介に「パン屋さんになるのが夢な主婦」とありました。

その夢を叶えたのが今年の1月6日とオープンしたばかり。

bareとは「ありのままの・着飾らない」と言う意味。

パンに焼き菓子とまた一軒、つい立ち寄ってしまうお店が増えました(^0^)

barabread16

いつもの道もひとつ曲がり角を変えてみませんか?

こんな風な素敵な発見が出来るかもしれませんよ!

取材・編集 白井紀行


INFOMATION

パン工房Bare Bread

【住所】川越市石原町1-31-20

【電話】049-223-3654

【営業】10時〜17時(予定)/月、金〜日(詳しくはチラシかブログで)

【Blog】http://ameblo.jp/762298/

川越市石原町1-31-20

コメントは受け付けていません。