食の楽しみを演出する心遣いが嬉しい和食の店〜うまいもの 幸膳〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

霞ヶ関中学校から川越日高街道を笠幡駅方面に進んで200m位のところ。

黒をバックに渋く白で書かれた「うまいものや幸膳」の看板。

建物の外観からもどんな和食が頂けるのかと思わず期待が高まってしまいます。

幸膳

フェイスブックで週代わりランチの情報をお知らせしていて興味津々のお店でした。

 

「旨味たっぷりのマグロの赤身に自家製のづけダレとクリーミーなアボカドとの相性ばっちり!!

とびっ子のプチプチ感のアクセント!!」と告知していた週代わりは「づけ鮪アボカドの丼」。

他に、夏期限定メニューや定番のランチメニューもあって迷わされます。

幸膳

さて、何を選んだのかは後ほどのお楽しみ♪

 

ほどなくして、「祇園豆腐です」と香の物と一緒に運ばれてきました。

黒塗りのお盆に思わず姿勢を正してしまいます。

祇園豆腐

「山葵を溶いてお召し上がり下さい」とのこと。

出汁の利いた温かい餡のかかった豆腐、のっけからいいですねぇ♪

祇園豆腐

続いてごはん、味噌汁、お刺身、おかずの入った器が置かれました。

ランチ

竹の器に入れられたご飯(大盛り)が、ランチをより豊かな気分にさせてくれます。

竹筒ごはん

熱々の湯気がうれしいお味噌汁

味噌汁

黒いお皿に盛られたことで身の色がより引き立つ「刺身のあられ造り」

刺身のあられ造り

お刺身が付いているとちょっとリッチな気分になりますよね!

刺身のあられ造り

そして、気になるメインディッシュは「角煮と里芋の炊き合わせ」。

「豚の角煮」という文字には、ついつい人を引き付けてしまう魅力があります。

角煮と里芋の炊き合わせ

角煮というと飴色のものを想像しますが、「うまいもの幸膳」のは上品で澄んだ出汁の色。

優しい味のその出汁が肉の旨さをさらに引き出します。

里芋も見た目は白いのに味がしっかりと染み込んでいます。

角煮と里芋の炊き合わせ

1,080円(税込み)というリーズナブルな価格で頂ける懐石風の贅沢ランチ。

ぜひ、味わいに来て下さい♪

幸膳


INFORMATION

うまいものや 幸膳(こうぜん)

【電話】049-234-1220

【住所】川越市笠幡156-323

【営業】 [月~土] 11:00~15:00(L.O.14:30)/17:00~22:00(L.O.21:30)
     [日・祝] 11:00~15:00(L.O.14:30)/17:00~21:00(L.O.20:30)

【定休】火曜日

【HP】http://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11031175/ (食べログ)

【FB】うまいものや 幸膳

川越市笠幡156ー323

コメントは受け付けていません。