世界一周の夢を叶え、次の夢を語り実現する男 〜川越まちゼミ(byノブ)〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

東武東上線 霞ヶ関南口からかすみ北通りを歩いて15分。

角栄商店街のアーケードの端に位置するのが「かほくお手伝いサービス」

地域の中でお手伝いが欲しい時、同じ地域のサポートスタッフが有償で支援する取り組み。

霞ヶ関北自治会が実施する地域助け合い事業で、ここがその拠点となっています。

かほくお手伝いサービス

 

2月14日に,ここで、川越まちゼミの講座のひとつ「世界一周の旅に出よう」が行われました。

講師は、霞ヶ関でもっとも熱い男「スマイリーのぶ」さん。

まちゼミ

 

「小畦のカッパカフェ」と看板にあるようにカフェと雑貨のスペースになっています。

メニューにはコーヒーやお菓子がありますが、お弁当の持込もOKなコミュニティの場です。

かほくお手伝いサービス

 

まちゼミの会場は2F。

カウンターの前にある扉を開けると階段があります。

かほくお手伝いサービス

 

ホワイトボードには、世界一周の旅の概要が掲示されていました。

まちゼミ 世界一周の旅

 

30席近く用意した椅子も埋まり満席の中、スマイリーのぶさんの講義が始まりました。

まちゼミ 世界一周の旅

 

まずは、子供たちが「霞ヶ関の河童伝説(霞ヶ関のまち歌)」を歌います。

歌詞には地域に伝わる河童伝説と角栄商店街や小畦川・御伊勢塚公園が織り込まれています。

 

あいさつ にぎわう 角栄商店街で

いつもの笑顔を もらったら 

小畔川の ほとりを歩こうよ 

対岸に広がる 緑のむこう

信じる君には 

見えるかもしれない

まぼろしの 河童三兄弟

大昔から語りつながれている 霞ヶ関の伝説

 

秋風 ざわめく

稲穂に いざなわれて

いつもの仲間が 揃ったら

御伊勢塚の 上まで競争だ

夕陽いろに染まる あぜ道の先

信じる君なら

会えるかもしれない

いにしえの 河童三兄弟

大食いの 小次郎

照れやさん かじ坊

いたずら好きの けさ坊

いつも こっそり

君らのこと のぞいてる

今に残る 霞ヶ関の伝説

 

霞ヶ関の河童伝説

会場内はあったかい雰囲気に包まれました。

 

続いて、新富町の「文具のキムラヤ」専務にて、まちゼミ事務局の木村さんの挨拶。
文具のキムラヤ

 

「かほくお手伝いサービス」代表の石川さんの挨拶。

かほくお手伝いサービス

 

「ベリーダンス教室アミターユ」のLILAさんによる挨拶。

machizemi10

 

さらに、この講座の後にランチ会場となる美利河(ビリカ)のおかみさんもひとこと。

ノブさんに引っ張りだされKAWAGOE〼MEDIAもマイクを握りました(^^;)

美利河

 

会場が楽しい雰囲気に包まれたところで、いよいよ講義が始まります。

 

ノブさんは元サラリーマンで池袋にある某百貨店の婦人服売り場に勤めていました。

小学生時代から世界一周を夢見ていて、大学時代は日本一周を達成。

 

30歳をまもなく迎えるにあたって、その夢を叶えるために仕事を辞め、結婚も諦めて旅に出ました。

「一度しかない人生だから」という言葉を胸に刻んで。

まちゼミ 世界一周の旅

 

旅を続けていた頃の様子を再現。

背中にリュックを背負い、ディパックにはカメラ等を納めて前に抱える。

パスポートやトラベラーズチェックは腹巻きベルトに入れていたそうです。

まちゼミ 世界一周の旅

 

約10年間、ずっと旅をしていた訳ではなく、気に入った所にはしばらく滞在。

ニュージーランドではワーキングビザで1年間過ごしたそうです。

 

みんなが気になったのは言葉が通じるの?英語ができないと駄目だよねという問い。

それに対して、「パスポートがあれば日本語で世界は回れます!」と答えるノブさん。

 

講義のまとめとして、世界一周に出るためのアドバイスをフリップで示します。

 

世界に出るのに必要なものは「お金」と「時間」と「勇気」

続いて、大切なキーワードを5つ上げました(それが何なのかは、講義を聞いてみて♪)

キーワードの一つは講義の最後に会場のご両親に言った「ありがとう」がヒントです。

まちゼミ 世界一周の旅

 

講義の後は、アミターユによるベリーダンスショー!!!

アミターユ ベリーダンス

 

踊りに魅了される会場の人々

アミターユ ベリーダンス

 

即興のダンス教室が始まってみんなでベリーダンスを習います。

アミターユ ベリーダンス

 

最後はみんなで記念写真「ハイチーズ!」

まちゼミ 世界一周

 

その後は、美利河(ビリカ)で特製ドリカムランチをいただきながら…、

美利河(ピリカ).

 

街を元気にしようという想いのもと、話題は尽きません。

美利河(ピリカ)

えっ、こんな楽しいゼミなら行きたかった(T^T)

とお嘆きの貴兄に朗報です!

2月28日(土)にもう一回講義がありますので、ぜひ、おいで下さい。

この日は、TAKE COLORSのライブも予定されているそう。

当日は、500円のワンコインランチも提供されます。

 

 

あなたもここで夢を語りませんか?

かほくお手伝いサービス


INFORMATION

かほく お手伝いサービス

【電話】049-298-6696

【住所】川越市霞ケ関北4丁目22−13

【営業】10:00〜16:00

【定休】日曜・祝日

【HP】かほくお手伝いサービス

    川越市紹介ページ

川越市霞ケ関北4丁目22−13

INFORMATION

川越まちゼミ

【HP】http://www.kawagoe-machizemi.com/

コメントは受け付けていません。