川越一番街とは別の趣きの蔵を発見できる! 〜上戸・鯨井地区で蔵巡り〜

.Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

川越市上戸周辺には、河越氏の館跡、常楽寺、上戸日枝神社など、

川越の歴史を語るのに欠かせない遺跡や建物が多くあります。

そんな近所を散歩していて、この辺りには蔵が多く残っているなと感じました。

そこで、意識しながら歩くと続々と現れる様々な蔵。

川越一番街の蔵造りとは別の趣きをもつ川越市上戸・鯨井地区の蔵巡りをしてみました。

いずれの蔵も観光用でなく個人宅なので、撮影は全て公道から行っています。

また、詳細な住所は掲載しませんので予めご了承下さい。

 

鈴木園付近

こちらは、狭山茶の製造販売をしている鈴木園(お店なので明記しています)。

01kura02kura

美しい白漆喰に屋号の鈴も付けられ、まさにこれが、The「蔵」というべき建物ですね。

 

03kura

こちらは鈴木園さんの直ぐ近く。こちらの蔵は、家紋が掲げられていました。

 

04kura

公道から離れているので、望遠を利かせて撮影。

先の2つと違って、屋根から壁がまっすぐに降りておらず「く」の字に折れ曲がっています。

 

05kura

こちらの蔵は比較的新しいか改修されたのでしょうか?

腰の部分に石をはっきりと見ることができます。

 

06kura

こちらは、白漆喰ではなく、見た目には土壁そのものに見えました。

 

07kura

これはシンプルなタイプ。

 

上戸ゴルフ練習場付近

08kura

公道からは少し離れているので、気付かずに通り過ぎるかも。

 

 

09kura

屋号がつけられているのと、屋根に沿った鉢巻の部分の黒の塗りがアクセント。

こちらも少し気付き難い所にあります。

 

10kura

ここはよく見ないと通り過ぎてしまうでしょうね。

 

 

11kura

この角度で、裏側なのでどんな蔵なのか特徴ははっきりとしません。

 

12kura

これまで見て来たのとは異なり背の高いタイプです。

途中で色が変わっているのは補修のためでしょうか?

窓も他のと比べると低い位置にあります。

 

13kura

反対側からみました。こちらからみるとどっしりとした風格のある造りです。

 

14kura

2つ目の蔵。緑の屋根が特徴です。

こちらのお家の蔵は全体に背が高くスマートな印象を受けます。

確証はありませんが、保管するものの性質のためでしょうか?

 

鯨井地区

15kura

土壁か左に見える家の色に合わせて塗られているのでしょうか?

近くで見てみないとなんとも云えません。

 

16kura

屋根の瓦も無くかなり傷みのある蔵ですが、機能は果たしているようです。

 

17kura

山本?の屋号。かなり立派な蔵であることがこの一部からみても分かります。

 

 

18kura

こちらもシンプルな造りの蔵です。

 

19kura

屋根や壁がトタンで補修されています。

 

20kura

よく見ると壁が垂直になっておらず、屋根の所で「く」の字になっています。

 

21kura

こちらも白漆喰が剥げていて傷みがやや目立ちます。

 

22kura

ふたたび、上戸に戻って来ました。

いつも駅までの道からみえるこの2つ並ぶ蔵。

これが、この地区の蔵めぐりをするきっかけとなりました。

自転車に乗って2時間あまり。

まだまだ、見落としている蔵もありそう。

これからも探して見ることにしましょう。

WRITER NORI


INFORMATION

観光用でなく個人宅のため「鈴木園」の地図を掲載します。

川越市上戸145

コメント

川越一番街とは別の趣きの蔵を発見できる! 〜上戸・鯨井地区で蔵巡り〜 — 1件のコメント

  1. ピンバック: 一番街とは別の趣きの蔵を見つけよう!Vol2 〜仲町で蔵巡り〜 | KAWAGOE〼MEDIA