小説の一節に出てきそうな、町の小さなレストラン〜ダイニング・チヨ〜

店に入ると、それまで、ワイングラスを磨いていたマスターが 「いらっしゃい」と笑顔で迎える町の小さなレストラン。 「今日は、いいお肉が入ったんですけど、食べてみますか?」 「へえっ、マスターのおすすめなら、頂いて見ようかな … 続きを読む 小説の一節に出てきそうな、町の小さなレストラン〜ダイニング・チヨ〜